麒麟山温泉 雪つばきの宿 古澤屋

麒麟山温泉 雪つばきの宿 古澤屋

Dsc08281_400麒麟山温泉は新潟県阿賀町の麒麟山山麗にある温泉地です。
その中の1軒,古澤屋さんは昭和10年創業の老舗です。改装されて建物は新しい感じですが、老舗の風格を残しています。

大きな特徴のないお湯ですが、それが問題にならないくらいに 大窓の向こうに広がる風景が素晴らしいのですよ。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?) 

| | コメント (0)

津川温泉 清川高原保養センター

津川温泉 清川高原保養センター(1号館)

Dsc08230_400新潟県阿賀町(旧津川町)にある宿泊施設です。1号館と2号館がありますが、渡り廊下でつながっているので どちらから入ってもOKかな? とりあえず目に入った方の玄関(1号館)から入ってみることに。

主浴槽は12~13人程が入れるL字型,39℃で、一部循環ですが 床には常にお湯が溢れており、鮮度はそれほど悪くありませんでした。
ほぼ無色澄明 無味無臭ですが とろみがあるお湯で、つるぬるぬる(つるつる度:③(④に近い))とした浴感がスゴイ!w(゚o゚)w  そして いつまでもぬるぬるの在庫がなくなりません。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

三川温泉 湯元館

三川温泉 湯元館

Dsc08198_400_2新潟県阿賀町(旧三川村)の三川温泉にある小ぢんまりとした温泉旅館です。昭和3年にこちらの先代が開湯したという老舗の湯元です。
外観はリフォーム済ですが、湯元らしい風情を残した家構えをしており、玄関を入ると昭和の庶民的な温泉宿といった鄙び感があります。

湯口からはお湯がドバドバ注がれ,浴槽縁全体から溢れたお湯が 洗い場の床を洗い流していきます。
浴槽に身を沈めると気持ち良いくらいにドパーっとお湯が溢れますが、1人分くらいなら数十秒で補充されるくらいに多量に源泉が投入されています。贅沢なお湯使いで 新鮮ツヤツヤ!かなり気持ち良い入浴感があります。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

新三川温泉 寿の湯

新三川温泉 寿の湯

Dsc08192_400新潟県阿賀町(旧三川村)にある温泉ホテル併設型の日帰り入浴施設です。
建物はやや古びて無機質な印象ですが、掃除はきちんとされており問題ありません。浴室入口前には小上がり風の休憩所があるので、湯上り後もゆったりと過ごせます。

脱衣場もシンプルというよりも質素。無駄なモノは何一つ置いてないのが逆に清々しい。(笑)
浴室には飲泉所があり、周囲に付着している白色結晶および茶色の析出物が源泉の素性の良さを物語っています。うすまろ塩味+後味にミネラル系エグ味があり、比較的飲みやすいお湯でした。

  (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

咲花温泉 ホテル丸松 ~お風呂編

咲花温泉 ホテル丸松 ~お風呂編

Dsc08094_400_2新潟県五泉市の咲花温泉にある温泉ホテルです。今回は宿泊利用ですが、¥700で立寄り入浴もできるようです。浴室は2つあり、時間で男女入替えになっています。

お湯はエメグリを帯びた透明,強めの硫化水素臭味+後味苦味,つるつるした浴感(つるつる度:①)があります。
湯口からはお湯がトポトポと注がれ ほぼ同量が湯尻から流れ去っており、掛け流しになっています。同じ咲花温泉の「柳水園」にはおよびませんが、鮮度はまずまず良好。源泉温度が高いので,湯量を絞って調整しているようで、その分香りは濃厚です。
湯口にはコップが置いてあり、飲泉可のようです。

  (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

咲花温泉 ホテル丸松 ~宿泊編

咲花温泉 ホテル丸松 ~宿泊編

Dsc08179_400新潟県の咲花温泉にある中規模の温泉ホテルです。今回はこちらに1泊夕食付で宿泊してみました。

建物自体はやや古びていますが、各部屋の扉に屋根や腰壁等をあしらって和風に改修してあります。
内装や設備も古びていますが、昭和時代の庶民的な温泉宿といった感じで落ち着きます。リゾート感や高級感をお求めな方には不向きですな。
客室のお茶セットには緑茶と焙じ茶が用意されているのが嬉しいですね。個人的には 夜はノンカフェインの焙じ茶,朝はスッキリと煎茶を用意してくれるお宿は信用できると思っています。

  (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

長岡かまぶろ温泉 かまぶろ温泉旅館

長岡かまぶろ温泉 かまぶろ温泉旅館

Dsc08043_400_2新潟県の長岡にある長岡かまぶろ温泉の一軒宿です。昔は立寄り入浴料金が¥1500だったこともあり、興味はあったのですが敬遠していました。
ところが 今は¥500で入浴できるというではありませんか!わーい3分の1になったー!(*゚▽゚*) ということで早速行ってみることに。
どう見ても普通の脱衣所だよなあ。と思って振り返ると、部屋の角っこ,コインロッカーの脇に注連縄が張られた小さめな扉があります。厚い壁に囲まれた蔵の入口みたいだなあと思いながら開けてみると… 

  (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

桂温泉

桂温泉

Dsc08028_400新潟県長岡市にある桂温泉へ行ってきました。
旧施設へは行ったことがありましたが、2004年の中越地震で倒壊してしまったとのことで、再建後は小奇麗な立寄り専用施設に生まれ変わっていました。
玄関横の足湯槽は空だったのが ちと残念かしら。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

荷頃鉱泉 長生館

荷頃鉱泉 長生館

Dsc07999_400新潟県長岡市(旧栃尾市)にある荷頃鉱泉の一軒宿です。山里の田園風景の中にホツンと建つ,鄙びた風情の外観です。
民家チックな外観でしたが、エントランスは意外に広い!でも天井が結構低いですよ。長身の方は、頭を擦らないようにお気をつけ下され。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

越後長野温泉 嵐渓荘

越後長野温泉 嵐渓荘

Dsc07967_400新潟県三条市の山間にある一軒宿です。建物裏手にある駐車場に車を停め、正面玄関を目指して敷地内を歩くと、道沿いには水路,風情ある渡り廊下などがあり、宿への期待感がUPしていきます。
こちらが本館の「緑風館」。燕駅前にあった昭和初期の料亭旅館「小川屋旅館」を移築したという 風格のある建物で、平成24年に国の登録有形文化財に指定されたそうです。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧