源泉deごはん~北陸編

源泉deごはん~北陸編

【1杯目 鯰源泉deごはん】

飲泉可能な源泉でごはんを炊いて食べるシリーズ第3弾。
今回の1杯目は富山県の鯰温泉の源泉(鉄泉)で ごはんを炊いてみました。

Dscf0903_512"源泉deごはん"のルール「源泉deごはん 5ヶ条」を簡単に説明すると、

①地元のお米を入手すること。
②無洗米を使用すること。
③飲泉可能な温泉を使用すること。
④飲泉湯口から新鮮な源泉を採取すること。
⑤おかずはご飯の味の邪魔をしないものを選ぶこと。

今回の旅では美味しい富山県産こしひかりの無洗米を現地調達致しました。

  

100_6882_512Dscf0856_512  

  

  

  

  
  

鯰温泉の浴室の湯口は完全に循環式でしたが、飲泉場源泉は新鮮そのもの。お湯を採取して1泊目の夕食に致しました。微かに硫黄系鉱物臭,強鉄味,爽快感のある味の源泉を普通の水加減で炊飯しました。どんな味のご飯ができるのかな?

Dscf0904_512Dscf0912_512   

  

  

  
  

  

今までの経験通り、鉄泉で炊くと香ばしい香りの美味しいご飯が出来上がりました。飲泉時には気がつかなかった微かな塩味も感知でき、炊き上がりはつやつやでお米が立っていました。とても美味しいのでご飯だけでも食べられます。
この日のおかずは 高岡市名物の高岡コロッケでした。

【2杯目 湯谷源泉deごはん】

1泊目の朝食は宿泊した湯谷温泉の豊富な源泉でごはんを炊きました。
女将にこちらのお湯でごはんを炊きたい旨を伝えたら、炊事場へ案内して頂きました。自炊できる宿だったのね。
調理器具や食器は備え付けてないので 多分持ち込む必要があると思われますが、共同の冷蔵庫,流し場,ガスコンロと最低限度の設備はありました。

100_6914_512Dscf0869_512 こちらのガス台にも自炊宿の定番"カセヤ商会製 瓦斯自動販売機" が使われていました。
コンロも業務用のごついヤツです。渋いのお。

  

  

 Dscf0872_512Dscf0873_512   

  

  

  

  

  

細かいタイル細工で「火の用心」が粋です。また、「高瀬神社鎮火護符」がコンロの数(4枚)貼ってありました。念入りな用心ですな。

100_6939_512100_6944_512 

  

  

  

  
  

こちらの浴槽からは 新鮮な源泉が好きなだけ採取できます。微かに鉱物臭,卵臭味,出汁味がありますが、ほぼ無味無臭と言って良い新鮮湯で炊飯すると どんなご飯に仕上がるのでしょう。

Dscf0919_512Dscf0924_512 

  

  

  

 

   

炊き上がりは 特に大きな特徴はありませんが、つやつやでお米が立っていました。良い水で炊いたご飯といった感じです。朝ごはんのおかずはシンプルに "かつぶしご飯"と"卵かけごはん"でした。

【3杯目 片山津源泉deごはん

100_7011_512_2Dscf1024_5122泊目の夕食は「片山津温泉 総湯 高等浴場」の源泉を採取してご飯を炊いてみました。

源泉は豆腐ができちゃうくらいニガリ分が含んでおり、濃塩味,強苦味のお湯です。炊飯に使うとどんな味になるのだろうか。

夕食のおかずはちょっとフンパツして、隣町のスーパーでお惣菜と出世前のブリ(フクラギ)の刺身(何故か1.5人前)を購入しました。 

Dscf1023_512_2Dscf1035_512 炊き上がったご飯を食べてみると
「うげ…苦い」。苦くてしょっぱくて 微かに油風味のするご飯が炊けてしまいました。ちょっと壮絶な味です。

味の濃いおかずと一緒に食べ、苦味を緩和させながら食べましたが、お茶碗1杯が限界でした。安全を考えて1合しか炊かなかったのは正解でした。

本当はもう1つ,和倉温泉の源泉を用意していましたが、片山津温泉よりも さらに塩味,苦味が濃いので、その様な源泉で炊いたご飯は 食べられる自信がありません。
仕方がないので もう1合は茶飯を炊いて食べました。出世前のブリのお刺身は美味しくて、やはり美味しいおかずは美味しいご飯と頂くのが1番だと思いました。

編集後記

Dscf1065_512家に帰ってから、今回使用した"富山県産こしひかりの無洗米"を水道水で炊いて食べてみました。
富山県産のこしひかりも美味いなあ。でも鯰源泉や湯谷源泉を使用したお米の方が 味とツヤがあり、美味しいと思いました。

苦いお湯は沸騰させても味が残る事が今回の旅でわかりましたので、この教訓を今後に生かしたいと思います。

Dscf1050_512Dscf1059_512   

  

  

  

  
  

金沢市近郊では家庭の味と噂の「まつや とり野菜みそ」。お土産としてスーパーで購入(\240くらいだったかな)したので、今晩のおかずはそれを使って鍋をつくりました。
分量通りに作ると 私には塩辛いので、約2倍に薄めて使いました。各家庭で好みの味に調整が必要かと思います。
鍋用に作られた調味みそで、にんにくや香辛料などが使われているので とても体が温まり、野菜が沢山食べられる味付けでした。
この調味味噌は"鮭のチャンチャン焼き"等色々な料理に使えそうです。

  

| | コメント (0)

和倉温泉 総湯

和倉温泉 総湯

100_7146_512_2100_7147_512_3 

 

  

  

 
   

和倉温泉の総湯はちょっと洋風外観の大きな建物です。玄関前には足湯や飲泉所もあり、気軽に和倉温泉のお湯を楽しむ事ができます。

100_7160_512タイル製の主浴槽は25~26人程が入れそうな大きさで、42.5℃と適温でした。

湯口には飲泉用のコップがあり、源泉が注がれています。
湯口のお湯は強塩,激苦,油風味があり、きちんとした源泉が使用されているようですが、大きな浴槽に注がれている源泉量は あまり多くはありません。(今回宿泊した「岡田屋」さんと同量くらいかな)

一部循環,ろ過,塩素混入があり、内湯には しっかりとした塩素臭が感知できますが、鮮度はそれほど悪くないです。
(源泉多量かけ流しの飲泉所が3箇所ある事を考えたら、小さくていいから源泉かけ流しの浴槽が欲しいな~。)

100_7163_512100_7164_512   

  

  

  

 
   

湯口周辺に残る謎の泡は何だろう?成分由来のものなのか消えずに多量に浮遊していました。
内湯には その他、寝湯,サウナ,水風呂があります。
露天風呂は 街中に立地するため しっかりと囲い,屋根があり景観は望めませんが、よく温まる和倉の湯を 風で冷ましながらゆっくりと入浴できるのは嬉しいです。
一部循環,加水していて薄く感じますが、塩素臭はほとんどなく,お湯が浴槽からオーバーフローしているので快適です。

100_7156_512100_7166_512館内には休憩用の大広間や仮眠室があり、こちらは無料で使用できます。
有料でマッサージやカラオケルームもあり、総湯としては設備が充実しています。 

加賀四湯の総湯より若干お値段が高めですが、日帰りで和倉温泉を満喫できる素敵な共同浴場でした。
  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:共同浴場型 充実設備系温泉
 ようござんす度:A(施設,お湯ともに良好)

****  施設データ ************* 

源泉名:弁天崎(5号源泉,8号源泉,10号源泉,13号源泉)
泉質:Na・Ca-塩化物温泉,84.8℃,pH7.4,成分総計:19970mg/kg,湧出量:1600L/分
住所:石川県七尾市和倉温泉ワ部5-1
電話番号:0767-62-2221
営業時間:7:00~22:00 毎月25日休
日帰り入浴:\480

※和倉温泉総湯は現在改築工事のつき休業中。2011年4月末に「総湯館」としてリニューアル予定。(加賀屋スタッフ様、ご連絡ありがとうございました。ヽ(´▽`)/ )

| | コメント (2)

和倉温泉 岡田屋

和倉温泉 湯元 岡田屋

100_7121_512100_7106_512  

  

  

  

 
   

和倉温泉は高級旅館が建ち並んでいる温泉街というイメージでいましたが、調べてみると良心的な値段で泊まれる旅館もあるのですね。
「岡田屋」さんは比較的低料金で評判が良く,しかもお湯が良いとの噂を聞き、今回宿泊してみました。

一泊朝食付で\6450だったので ビジネスホテル風の建物を想像していましたが、外観は小規模ながら小じゃれた雰囲気の和風旅館で、内装も落ち着いた雰囲気です。

100_7091_512100_7092_512   

  

  

  

 
  

お部屋は8畳に踏込み,縁側,床の間がある小ぢんまりとした作りですが、肘掛けつきの座椅子にフッカフカの座布団,テーブルには帯状のテーブルクロスがあって高級感があります。 

100_7094_512100_7097_512 

  

  

  

  

   

仲居さんの接客も大変良い感じで,早速お茶菓子とお茶を用意してくれました。安い料金で宿泊するのに こんなに豪華な気分を味わわせて頂いて良いものだろうか?とちょっと恐縮しちゃいました。

Dscf1020_512

Dscf1033_512

 

  

  

  

 

  

浴衣,タオル,歯ブラシなどが そろっており、館内履きは味気ないスリッパではなく オシャレな草履が用意してあるのが嬉しいです。

100_7110_512

窓の外には"プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選"において25年連続総合第1位という「加賀屋」を一望できます。この景色を見る事により、和倉温泉気分が更に増します(笑)。 

  

  

  

100_7105_512Dscf1040_512   

  

  

  

    

  

お風呂は小ぢんまりとした内湯が男女別に各1つあります。女性用の脱衣所は清潔で アメニティー関係は市販品で一式揃えてあり、アットホームな感じで好感が持てます。

100_7099_512 浴室には定員5人程の大きさのタイル製浴槽が1つある小浴場で44℃とやや熱めです。
無色澄明で極微塩素臭と濃塩,激苦,僅かな油風味がある濃厚湯です。

90℃近い源泉を使用しているため、熱交換で温度を下げ、湯量を絞って(毎分2Lくらい?)います。塩素消毒をおこなっているようですが気にならない程度で、和倉温泉本来の鮮度良好のお湯が楽しめます。

つるすべとした浴感で、浴後はしっとり感が残ります。もの凄く温まるお湯なので、のぼせないように注意が必要です。

100_7101_512

100_7117_512  

  

  

  

 
  

湯口にひしゃくがあって飲泉できるようになっていますが、口に含むとあまりの苦さに悶絶しそうになります。片山津温泉の塩分,苦味をパワーアップしたような味です。源泉でご飯を炊く旅をしていますが、この源泉で炊いたご飯はあまり食べたくありません。(もしかしたら加熱することで苦味がなくなるかもしれないので、念のため採取はしました。)

ただ 残念なのは、換気のために開けてある窓から 併設している焼き鳥屋の煙が入ってくることです(女湯のみ)。風向きにもよるのかな?窓を閉めると 湯気がこもってしまうし、開けると油くさい煙が充満して胸焼けしそうになるので困りました。焼き鳥屋の営業時間外(夜中,朝)は大丈夫なので その時間に入浴した方が良いと思います。

100_7155_512 朝食は食堂で頂きます。香の物を入れておかずが10品もありました。特にじゃが芋の煮っ転がしと 鰤と白菜の煮物が美味で、朝から手の込んだ煮物を頂けるのは嬉しいです。

朝食を運んでくれた仲居さん(後でHPを確認したら女将さんでした。)に「朝ごはんすごく美味しいです。」と伝えると、板前さんが関東の人なので、関東に近い味付けなのだと言っていました。気さくな女将さんとお話しながら楽しい朝食でした。

元々は源泉の近くに建っていた由緒ある旅館で、源泉広場を作るという町の意向に賛同して 現在の場所へ移転・建替えしたとのこと。
建替えの際は サービスの質を落とさないため全室10室の宿にこだわり、湯質を落とさないために源泉の量に見合った大きさの浴槽で 熱交換により湯温を下げる等、こだわり加減が素晴らしいお宿だと思います。今度は是非 二食付で宿泊したいお宿でした。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:小規模老舗旅館型 元湯系温泉
 ようござんす度:A(心のこもったサービスと こだわりのお湯。)

****  施設データ ************* 

源泉名:弁天崎(5号源泉,8号源泉,10号源泉,13号源泉)
泉質:Na・Ca-塩化物温泉,84.8℃,pH7.4,成分総計:19970mg/kg,湧出量:1600L/分
住所:石川県七尾市和倉町ワ部22-1
電話番号:0767-62-2228
宿泊料金:1泊朝食付\6450(楽○トラベルにて予約)
日帰り入浴:?

  

| | コメント (0)

粟津温泉 総湯

粟津温泉 総湯

100_7062_512100_7061_512     

  

  

  

 
   

2008年8月にリニューアルしたという粟津温泉の総湯です。唐破風の屋根の小ぢんまりとした外観で、以前の総湯の方が貫禄があったな。時間が経過すればしっくり来るのだろうか。
靴箱が可愛いです。いろはにほへと…で番号が書かれているのですが、余った分は柱にまとめて書かれているのがオチャメ。

100_7053_512100_7056_512   

  

  

  

 
   

浴室は12人程が入れそうな浴槽が1つあり、湯温は44.5℃。無色透明(微白濁)で完全ろ過循環式,弱い塩素臭があります。つるすべした浴感はありますが、鮮度が悪いのと、カビ臭さで気持ち悪くなり早々に退散しました。
新しい施設なのに 何故 脱衣所,浴室ともに こんなにカビ臭かったのだろう。たまたま巡り合わせが悪かったのだろうか。
ロビーには小休憩できるスペースがあり、設備は新しくて綺麗ですが、肝心のお湯がこれでは…。
粟津温泉は自家源泉を持つ宿が多いとのことなので、今度は宿のお湯を借りよう。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪
 コストパフォーマンス:♪♪
 総括:共同浴場型 建て替え系温泉
 ようござんす度:C(お湯がゾンビ状態。)

****  施設データ ************* 

源泉名:粟津温泉(総湯源泉)
泉質:Na-硫酸塩・塩化物泉,40.9℃,pH8.6,溶存物質総計:1570mg/kg,湧出量:8.6L/分
住所:石川県小松市粟津町735
電話番号:0761-65-1120
営業時間:8:00~22:00 8のつく日休
日帰り入浴:\400

  

素敵な建物を見つけちゃいました♪

100_7048_512

粟津温泉にある その名も「温泉スーパー」。何故か船の形をしています。
帰ってきてからネットで調べた所、こちらの娘さんがフランス人のパテシエと結婚し、温泉スーパーの向かいにパン屋さん(Metissage(メティサージュ))を開店したとのこと。美味しいと評判なので、是非行ってみたいです。

  

次に 「山中温泉 総湯 菊の湯」へ向かうと、凄く混雑している上、2~3年前に訪問した事に気が付き、加賀四湯の総湯巡りは今回で無事達成したという事にしました。

| | コメント (0)

山代温泉 総湯

山代温泉浴殿 総湯

100_7038_512100_7040_512    

  

  

  

  
    

加賀四湯の1つ,山代温泉の共同浴場です。大きくて貫禄があり,老舗の劇場みたいな外観です。入口から入ると 売店で名物の温泉たまごやその他諸々が売られており、温泉たまご入りのソフトクリームもありました(下呂温泉でも見かけたが 美味いのか?(笑))。奥には休憩室もあるようです。

100_7041_512100_7045_512   

  

  

  

 
   

脱衣所にはレトロな看板が現役であります。飾り気のない素朴な共同浴場といった雰囲気がいいですね。

100_7047_512_2広い浴室は大きな円形の浴槽が2つ並んであり、その周囲に洗い場30個程が配置されています。ステンレスの武骨な洗い場が素敵。

手前にある浴槽は20人ほどが入れそうな大きさ。
奥の浴槽は25人程が入れそうな大きさで深さ80cm程の深浴槽です。

どちらも一部循環,加水,塩素消毒ありのようですが、深い浴槽の方が塩素臭が少なく,かけ流し量も多めで鮮度が悪くなかったように感じました。

無色透明,少塩素臭があり、湯口が浴槽内にあるので味は未確認です。地味なお湯ですが 温度が43~44の高めの適温でさっぱりします。つるつるした浴感もありますが、カランの真湯がつるつるしているのでその影響かな?(この辺の水道水も白山の伏流水を使用しているのかしら?)

この辺りの総湯は循環,塩素投入している所が多くて残念ですが、こちらのお湯は耐えられない臭いではないのが救いです。
現在 総湯の建て替え計画があるらしく、"市民向け"と"復元湯"の2つの総湯が誕生するらしいです。特に"復元湯"は、源泉かけ流しによる入浴方法や入浴心得などを学ぶ「体験型温泉博物館」を目指しているらしく、平成11年3月末完成予定とのこと。源泉かけ流しの共同浴場ができるのかしら?これはとても楽しみです。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:共同浴場型 さっぱり系温泉
 ようござんす度:B(貫禄のある外観,庶民的な浴室)

****  施設データ ************* 

源泉名:山代温泉(新1号源泉)
泉質:Na・Ca-硫酸塩・塩化物泉,64.3℃,pH7.8,溶存物質総計:1312mg/kg,湧出量:660L/分
住所:石川県加賀市山代温泉18-128
電話番号:0761-76-0144
営業時間:06:00~22:00 4水曜休,2水曜9:00~15:00
日帰り入浴:\370

  

| | コメント (0)

片山津温泉 総湯

片山津温泉 総湯 高等浴場

100_7003_512100_7037_512

  

  

  
  

 

    

加賀四湯の1つ,片山津温泉の共同浴場です。こちらの総湯は一般浴場の他に、2階に高等浴場なる浴室があります。今回はその高等浴場の方に入浴することにしました。

Dscf0967_512100_7005_5121階の番台で料金を支払い,階段を上って2階へ行くと、男女別浴室の小さな入り口がありました。  

     

  

  

  

100_7004_512Dscf0963_512  

 

  

  
  

  

暖簾をくぐると "高等浴場" と呼ぶには地味で小ぢんまりとした浴場,脱衣所がありました。
(別府の「駅前高等温泉」,「道後温泉」,「麻布十番温泉」など、料金が高い浴室の方が小ぢんまりしているのは何故なんだろう??)

浴室内禁煙ですが、「禁煙」ではなく 「タバコはだめよ」と書いてあるのが優しい感じ(゚ー゚)。

100_7007_512浴槽はやや深めのタイル製で5人くらいが入れそうな大きさ。 やや熱めの45℃のお湯が静々とかけ流しになっています。

無色透明 ほぼ無臭,しっかりした塩味と強い苦味のあるお湯で、つるすべとした浴感で 浴後はしっとりします。 見た目地味ですが しっかりとした食塩泉で、とても温まる良いお湯です。

  

100_7011_512Dscf0960_512  

  

  

  

 

  
   
2階の高等浴場は塩素消毒していますが、源泉かけ流しです。(ちなみに1階の一般浴場は一部循環 塩素消毒ありです。) 湯口にはコップが置いており 飲泉可ですが、湯の花キャッチャーが付いている配管から直接採取するようにとの注意書きがありました。おそらく配管から湯口へ向かう間の枡内で消毒用の塩素を投入しているのでしょう。
他にお客さんがいなかったため、貸切状態でゆっくりと入浴を楽しむことができ、人の目を気にせずに 源泉調達ができましたよ。(片山津温泉は 飲泉所がないので 源泉が入手しにくいのです。)この源泉で ご飯を炊いたり,豆腐を作りをおこなう予定です。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:共同浴場型 にがり系温泉
 ようござんす度:A(高等浴場のお湯は鮮度良好です。)

****  施設データ ************* 

源泉名:片山津2号
泉質:Na・Ca-塩化物温泉,72.0℃,pH7.4,溶存物質総計:14690mg/kg,湧出量:400L/分
住所:石川県加賀市片山津温泉乙56-3
電話番号:0761-74-0349
営業時間:6:30~22:00 2・4火曜休
日帰り入浴:高等浴場\500(シャンプー,ソープ備え付け) 一般浴場\370

| | コメント (0)

片山津温泉豆腐

片山津温泉豆腐

100_7001_512100_7000_512     

  

  

  

  
  

片山津温泉に"源泉とうふを作り、食べる"体験ができるお店があるとのことで早速行ってみました。
総湯のすぐ近くにある片山津温泉検番は芸妓さんの稽古場として使用されていた建物で、紅殻格子の町屋風な趣を漂わせています。こちらの1階には「茶房富久紗」という喫茶店があり、ここで"源泉とうふ作り"を体験させてくれるのです。

100_6998_512Dscf0928_512

 

     

  

 

 
  

店内は囲炉裏を切った純和風の雰囲気。 メニューは和紙に筆で書かれたおり、細部にもこだわっているようです。
まず、出された水が柔らかく甘みがあり,つるつるとして美味。訊くと普通の水道水だが、この辺りは白山の伏流水を使用しているため美味しいのではないかとのこと。

Dscf0933_512

Dscf0939_512冷蔵庫で冷やした源泉を味見させて頂くと、塩味の後、しっかりとした苦味が立ち上がってくる。これはあんまり飲泉したくないタイプのお湯だなあ。

この源泉50mlを鍋に入った豆乳に入れてかき混ぜます。  

   

  

Dscf0941_512Dscf0942_512     

  

  

  

 
   

固形燃料に火を着けてしばらく待つとふつふつと豆乳が沸騰してきます。
女主人がそばに付いていて、火の止めるタイミングを教えてくれるので安心です。

Dscf0948_512Dscf0949_512   

  

  

  

  
  

できあがった豆腐は汁気が多く,とろりと柔らかくて壊れやすい。汲み上げ豆腐というよりは,沖縄のゆし豆腐状のモノができました。

Dscf0950_512豆腐をすくって器に取り、添えられている塩(近くの海の水で作られているらしい)と だし醤油で 好みに合わせて調味して頂きます。

上澄みの汁は源泉の苦味が消え、源泉の塩味+大豆特有のエグ味のある出汁味のスープになっており、だし醤油で調味すると美味しい。

火加減に注意すれば もっと美味しい豆腐ができるはずなので、あと一歩の工夫,改善をすれば観光体験としての完成度が上がると思います。
今まで源泉でご飯を炊く事はありましたが、今回は源泉を持ち帰って 美味しい源泉豆腐を作ってみることにする。
   

茶房富久紗 (片山津温泉検番1階)
住所:石川県加賀市片山津温泉モ2-2
電話番号:0761-75-4440
営業時間:10:00~17:00 木曜休
源泉とうふ作り \500

| | コメント (0)