小渡温泉 料理旅館 はしもと

小渡温泉 料理旅館 はしもと

Dsc02867_400Dsc02870_400

愛知県豊田市の外れ,岐阜県との県境も近い山間にある 旅館2軒の小さな温泉地です。近くにある笹戸温泉,榊野温泉と合わせて奥矢作温泉郷とも呼ばれています。
県道沿いに看板があり、純和風なつくりの玄関・エントランスは広々としています。

Dsc02881_400Dsc02880_400   

全体的に鄙びた寂れ感がありますが、料理旅館っぽい高級で品のある佇まいを残しています。
お湯が準備されていない場合があるので、立寄り入浴の場合でも予約をしてから訪問する必要があります。
駐車場は建物の裏側にあるということで、細い横道に入ってぐるりと裏口の方へ回りました。

Dsc02873_400Dsc02875_400

小料理屋のような外観の裏口から中へ。長い廊下を歩いて母屋の方へ向かいます。 

Dsc02885_400Dsc02886_400

こちらが浴室入口。男女別ではなく グループ単位で貸切使用する方式のようです。浴室の前にポツンと置いてある木製魚型の鍋敷きには「入浴中」の文字が。札を扉に掛けるのではなく、床に置いてあるのが面白いです。 

Dsc02883_400Dsc02882_400    

浴室の前には中庭があり、そのほとんどが池で占めています。階段の下にはタイル細工がレトロで素敵な洗面台が置いてあります。昔は結構高級な旅館だったのではないかと思わせる造りです。 

【家族湯】

Dsc02891_400_2Dsc02892_400

2人使用ということで、今回は家族風呂用の小浴場の利用となりました。小浴場らしい小ぢんまりとした脱衣所にはドライヤーと貸タオルが用意されています。

Dsc02878_400Dsc02895_400

浴室,浴槽ともにとってもコンパクトです。岩風呂風の壁がある上に 窓が小さいため やや薄暗いのですが、洞窟風呂みたい(?)と思う事にすれば ちょっと得した気分になれます。
浴槽は1~2人用で42℃の溜め湯です。竹筒湯口のバルブを開けると源泉足し放題になりますが、60℃近くまで加温しているため入れ過ぎに注意が必要です。 

Dsc02894_400_3Dsc02898_400_2   

無色澄明,ほぼ無味まろやか,ほぼ無臭(雨上がりの水道水程度の塩素臭あり),さらしっとりとしたお湯です。
高温に加温した上に加水しているので薄く感じますが、鮮度は良好です(適温に加温した源泉を注げばいいのにね(^-^;)。
大きな特徴のあるお湯ではありませんが、42℃の湯温以上の温まり感があるのは、含有しているというラドンの仕業でしょうか。
ちなみにこんなにコンパクトな浴室にもかかわらず、7種類のタイルを使用している所が素敵です。

【中浴場】

Dsc02890_400Dsc02888_400

隣の浴室を覗いてみました。人数が多いお客さん用の浴室でしょうか。広々としており 丸窓付の脱衣棚がモダンです。
浴室は壁2面に岩が組まれ、5~6人程が入れそうなコンクリート浴槽がありましたが、この日は他にお客さんがいなかったせいか空でした。

【露天風呂】 

Dsc02900_400Dsc02901_400      

露天風呂は裏口へ続く廊下へ向かう途中にあります。こちらもグループ毎に貸切で使用するようです(\800/人)。ポリ波板屋根の脱衣所の奥には 無駄に広い洗い場と 小ぢんまりとした浴槽があります。こちらも空でした。
空の浴槽が多い事から、やはり入浴訪問の際は予約が必要だと再認識しました。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:寂れた温泉旅館型 放射能系ポカポカ温泉
ようござんす度:B(お湯は悪くないが割高感あり。)

****  施設データ *************

小渡(おど)温泉 料理旅館 はしもと
住所:愛知県豊田市小渡町南貝津20番地
源泉名:小渡温泉
泉質:単純弱放射能冷鉱泉,20.7℃,pH:8.2,自然湧出,ラドン含有量:37.28×10^-10ci/kg(10.25マッヘ),成分総計:01658g/kg
電話番号:0565-68-2136
営業時間:要確認
入浴料:家族風呂:\600/人,露天風呂:\800/人

| | コメント (0)

弥富温泉 天然温泉ホテルフーバー

弥富温泉 天然温泉ホテルフーバー

Dsc02757_400Dsc02759_400_3

愛知県弥富市の国道23号線沿いに建つ、いわゆるラブホです。全室天然温泉とのことで、今回貧乏旅行の宿泊地として使用させて頂きました。 

Dsc02760_400Dsc02761_400

各部屋のガレージには、その部屋のウリが書かれた幟が掲げてあります。「岩盤浴付」「露天風呂付」「純和室」「S○部屋」など色んなタイプの部屋がありますが、どうせなら露天風呂付がよかろうヽ(´▽`)/
露天風呂付は6部屋ありますが、その中で102号室,105号室,107号室,215号室には内湯と露天風呂両方が付いています。今回は信楽焼の壺湯露天がある 215号室をチョイス。

Dsc02764_400Dsc02765_400

ガレージの扉を開けると、部屋があるかと思っていたら広い廊下がありました。そうか!215号室という部屋の名前からすると2階にあるんだ!
今まで行った温泉ラブホは田舎にあるコテージ型ばかりだったので、この構造はちょっとびっくりした。

Dsc02766_400Dsc02785_400

案内灯の点滅とピコーンピコーンという音に案内されて部屋に到着することができました。料金は 部屋内に設置されている自動精算機で支払うシステムになっています。

Dsc02767_400_2

10畳くらいのやや場末感のある洋室にはダブルベット,ソファー,テーブル,TV,スロットマシン,中身入り冷蔵庫,扇風機,エアコンが備えてあります。 

Dsc02768_400Dsc02777_400_2   

戸棚にはお茶セット,湯沸かしポットの他に無料のミネラルウォーターが置いてあります。 

Dsc02769_400Dsc02823_400

 
洗面所兼脱衣場は広々としており、脱衣籠の中にはバスタオルと部屋着が入っています。
洗面所のカラン近くには「ここでは飲まないでください」の注意書きが貼られていました。
口に含んでみると結構しっかりとした卵系鉱物臭味があり、洗面台にも温泉を使用しているようですヽ(´▽`)/ 成程,戸棚にミネラルウォーターが置いてある意味がわかりました。

【内湯】 

Dsc02783_400Dsc02781_400

内湯の扉には きっちり成分表が貼られており、思いの外ちゃんとした温泉宿であることがわかります。 
 

Dsc02772_400Dsc02828_400

浴槽は1~1.5人用の大きさで、湯口用の蛇口を開けると勢いよくお湯が注がれます。 

 

Dsc02832_400Dsc02833_400

お湯は7~8分程で溜まります。44.5℃とやや熱めですが、加水することなく入れるのが嬉しいですね。もちろんろ過・循環,塩素消毒なしの新鮮湯です。お湯はほぼ無色澄明ですが、溜まったお湯の色はほんのりとエメグリががって見えます。
特に湯口付近では卵鉱物臭が香り,極薄い卵コク味+重曹甘味を感じます。派手な特徴があるお湯ではありませんが 何しろ鮮度良好で、つるすべすべとした浴感が気持ち良いです。ちなみに洗い場のカランも源泉使用です。

【露天風呂】 

Dsc02799_400Dsc02801_400

露天風呂は居間のテレビ横の”豪華な非常扉風”を開けるとあります。脱衣籠とバスタオルは居間に置いてあり、脱衣スペースが無いのでちょっと着替えが大変です。
小さなベランダの上に 1人用の信楽焼のつぼ湯が置かれていて、こちらは湯口用蛇口を開けると4~5分程で溜まります。

Dsc02796_400Dsc02795_400

テレビが設置されていますが高い位置にあり、液晶テレビ特有の視野角度の狭さで浴槽に浸かりながら視聴する事は難しいです。浴槽縁に座って涼みながらのTV鑑賞になります。
囲いの外は国道23号線で、夜中でも大型トラックの往来があるため、音に敏感な人は車道側の部屋は避けた方が良いと思われます。  

Dsc02838_400

もちろん翌朝も入りましたよ。お湯は内湯と同じですが、ザブンと入ると気持ち良いくらいにお湯が溢れるのは 壺湯ならではの爽快感ですね。
大きな特徴のないお湯質ですが、何より鮮度が良いので 繊細な香り,浴感などの個性を存分に楽しむ事ができました。
今回は土曜日宿泊だったので、満室で泊れない危険性を排除するため 割増料金を支払って1時間早くチェックインしました。料金は1室\11960と少々割高になってしまいましたが、ビジネスホテルに素泊まりしたのと変わらない料金で、 お湯使いの良い貸切露天風呂に入り放題とは、なんてお得なのかしら(゚▽゚*)
またこの方面へ来る機会があったら、使ってみたい温泉ホテルでした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:国道沿いラブホ型 鮮度良好単純泉系温泉
ようござんす度:A(モーテル型ラブホ内の本物温泉。)

****  施設データ *************

弥富温泉 天然温泉ホテルフーバー
住所:愛知県弥富市稲元6丁目25
源泉名:弥富温泉
泉質:単純温泉,45.3℃,成分総計:0.4295g/kg
電話番号:0567-68-4050
入浴料:フリータイム:平日 \5040~, 宿泊:\7350~ (公式HPご参照)

| | コメント (0)

半田天然温泉 ごんぎつねの湯

半田天然温泉 ごんぎつねの湯

Dsc02707_400Dsc02708_400

愛知県知多半島のつけ根の半田市にある立寄り入浴施設です。外観,内装ともに和風のしっとりした雰囲気で、清掃も行き届いています。 

Dsc02711_400

内湯は15~16人程が大きさの檜風呂ですが、塩素が香る真湯なので速攻で露天へ。 

Dsc02712_400

露天風呂には高い囲いがしてありますが、大きな岩が積んでありワイルドです。屋根無しですが,雨や日差しが強い時のために菅笠が準備されています。
メインの浴槽は15~16人程が入れる大きさで湯温は41.5℃。 

Dsc02718_400Dsc02719_400   

3箇所ある湯口からはお湯がどばどばと注がれ、湯尻から大量にお湯が溢れていました。
湯尻周辺の床は茶褐色に染まっており、成分の濃さが窺えます。
ほぼ無色澄明でしっかりしたまろ塩味+弱エグ味,臭素臭があります。内湯よりは弱いですが塩素臭がするのは ちと残念。つるつる(つるつる度①)した浴感,ポカポカと温まりが強く鮮度も良好です。

Dsc02715_400Dsc02720_400   

主浴槽には洞窟風呂や寝湯が備え付けてあり、打たせ湯もあります。
岩壁の湯口の下には5人用くらいの小さな浴槽があり、どっぱどっぱとお湯が注がれています。ここの浴槽のお湯が一番新鮮ですが、湯温が46℃なのでなかなかゆっくりとは浸かれませんでした。

Dsc02714_400Dsc02723_400

浴槽の隅には申し訳程度の歩行湯もありました。
浴室の広さに比べると 脱衣所は小ぢんまりとしています。階段があったので休憩所があるのかしら?と思って上ってみると、もう1つ脱衣所があるという変わった構造をしていました。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:立寄り入浴施設型 ポカポカ系温泉
ようござんす度:A(濃い食塩泉&高温泉でアチアチ。塩素混入と料金が残念。)

****  施設データ *************

半田天然温泉 ごんぎつねの湯
住所:愛知県半田市平和町5丁目73番地
源泉名:ごんぎつねの湯
泉質:Na-塩化物強塩温泉,59.1℃,pH:7.7,湧出量:200L/分,成分総計:26.69g/kg
電話番号:0569-27-8878
営業時間:10:00~22:30 第2・4月曜休
入浴料:\800

| | コメント (0)

湯谷温泉 炭焼料理・露天風呂 ゆかわ

湯谷温泉 炭焼料理・露天風呂 ゆかわ

Dsc02516_400Dsc02559_400

愛知県新城市の天竜奥三河国定公園内にある湯谷温泉は、奈良時代開湯で1300年の歴史があるという古湯です。
宇連川沿いに温泉宿が並んでいますが、こちらの炭焼料理屋さんでも入浴することができるとのことで立寄ってみました。

Dsc02557_400Dsc02555_400

景色の良い食事処で炭火焼き等を食べることができるそうですが、食事は済ませてきたので今回は入浴のみでの利用です。食事をすると入浴料(\1000)が無料になるそうです。
受付で料金を支払い,食事処を抜けて裏口のような扉を出ると、川へ向かう細い階段を下り浴室へ向かいます。

【混浴露天】

Dsc02546_400_2Dsc02550_400

階段の途中,左側に扉が2つ並んであります。階段の高い位置にある方の扉が男性用の,川側の低い位置にある扉が女性用の脱衣所入口になっています。こちらの露天風呂は脱衣所別,浴室は混浴となっています。
板で囲まれた簡素な小屋風の脱衣所には、浴室入口に透けるくらい薄い暖簾が掛かっています。女性用脱衣所からの入口は 浴槽の真横にあり、非常に入りにくい配置になっています。
タイミングを見はからってアタックを試みましたが、先客の男性2名が浴槽入口付近に湯にも入らず陣取り、こちらが少しでも足音をたてようものなら、景色も見ずに こちら方面をじーっと見るので気持ち悪くて入れませんでした。
ちなみに専用の巻きタオルを受付にて有料で貸出しているので、そのタオルを使用すれば入りやすいでしょう。

Dsc02552_400

ちなみに階段を下りると突き当たりは 川原になっており、この日は結構な大雨だったので増水して迫力のある流れになっておりました。混浴露天からは こんな感じの風景が見られるものと推測します。

【女性用露天】

Dsc02547_400Dsc02522_400

女性用露天風呂の入口は 混浴露天風呂入口の向かいにあります。人工芝が敷かれた縦長の田舎風脱衣所になっております。

Dsc02532_400_2Dsc02536_400      

脱衣所を開けると簾に囲まれた和風の空間があります。石を組んで作った階段は滑りやすいので注意が必要です。階段を下りた突き当たりに小さな洗い場があり、折り返した奥に浴槽があります。 

Dsc02534_400Dsc02539_400

6~7人程が入れる岩風呂で、湯温は40℃と適温。一部循環,塩素消毒ありとのことですが、ほとんどわかりません。大雨のせいで自然に加水されており 若干薄く感じますが、鮮度はそれ程悪くない印象です。
淡茶色を帯びた極微濁のお湯で 浴槽周囲は成分で茶色に染まっています。薄ーいまろ塩+エグ味があり、柔らかく キシっとした浴感です。湯温が低めだったため、ゆっくり浴槽に浸かっていたら、温まり過ぎてしまいました。なかなかに入り応えのあるお湯でした。

Dsc02540_400

女性用露天からの景色はこんな感じ。混浴露天よりは視界は開けていませんが、ほぼ貸切状態で使用したため快適な入浴タイムとなりました。

混浴マナーが悪いのと、立寄り料金の割高感が残念なところですが、今度行く機会があれば、天気の良い平日の開店直後に行って 混浴露天にアタックしたいと思います。

 
****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:食事処併設型 絶景露天系温泉
ようござんす度:B(景色良好な露天で、個性あるお湯を楽しむ。)

****  施設データ *************

食事処 ゆかわ
住所:愛知県新城市豊岡字滝上5-1
源泉名:湯谷温泉5号泉
泉質:Na・Ca-塩化物温泉,28.4℃,成分総計:1.741g/kg
電話番号:05363-2-1508
営業時間:10:30~18:00 木曜休
入浴料:\1000 (食事をすると無料)

| | コメント (0)

尾張温泉 尾張温泉保養所 湯元 別館 ~お風呂編

尾張温泉保養所 湯元 別館 ~お風呂編

Dsc08241_512Dsc08242_512  

離れ形式の部屋が並ぶ中に、一般の部屋とは異なるドア扉の,小ぢんまりとした玄関構えの建物が温泉棟です。扉を開けると浴室の暖簾が見えます。 

Dsc08213_512Dsc08218_512  

小ぢんまりとした脱衣所で、設備は古いですが掃除はきちんとしてあります。ただちょっと女湯の浴室入口付近の床が腐りかけているので注意が必要です。シャンプー,ソープは脱衣所に置いてあるので、それを持って浴室へ向かうシステムになってます。 

 

Dsc08215_512_2  

浴室も小ぢんまりとしており、4人程が入れる岩風呂が1つあるだけのシンプルな造りです。湯温は42℃と適温でした。 

Dsc08221_512   

窓の隙間から入れられた管が湯口になっており、お湯がドボドボと注がれており、かけ流しになっています。ほぼ無色澄明,お湯を口に含むと金気臭味と微かに硫黄系鉱物臭味,やや甘清涼味が感知できます。
とにかく鮮度が良く,ツヤのあるお湯で、柔らかく,つるすべるきゅっとした浴感があり,しっとりと肌によくなじみます。抵抗感を感じない軽い入り心地なのに、湯温よりも熱く感じる,入り応えのあるお湯です。これはかなり気持ち良いです。

朝食時にサーファー風のスタッフの方とお話させて貰った際,お湯について色々と教えて頂きました。女湯の方がお湯を引いている距離が長いので,男湯と比較して湯温が低いそうです。寒い時季はお湯は適度に冷めてくれるそうですが、夏季はもっと熱いので、お子さま連れの場合は、湯温を確認・調整してから入るように注意を促しているそうです。
大量に加水して温度を下げるお客さんもいる可能性を加味すると、コンディションの良いお湯に入りたい場合は 暑い時期や家族連れが多い連休中等は避けた方が無難かもしれません。
まさかこんな街中で、こんなに新鮮で質の良い温泉に入れるとは嬉しい誤算です。愛知近郊へ訪問した際は是非また宿泊したいです。 その際には,近隣の入浴施設にも入ってみたいと思います。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:鄙び離れ形式旅館型 街中超新鮮湯系温泉
ようござんす度:A(民家風宿泊施設,質の良いお湯。)

****  施設データ *************

尾張温泉保養所 湯元 別館
住所:愛知県海部郡蟹江町源氏3-59
源泉名:尾張温泉1号泉,2号泉,4号泉
泉質:単純温泉,50.3℃,成分総計:0.6239g/kg
電話番号:0567-96-2552
営業時間:11:00~22:00  料金:\500
宿泊:1泊朝食付 \6300/人 (楽○トラベルの朝食付プラン利用) 

| | コメント (0)

尾張温泉 尾張温泉保養所 湯元別館 ~宿泊編

尾張温泉保養所 湯元別館 ~宿泊編

Dsc08237_512Dsc08238_512  

愛知県の名古屋市に程近い、蟹江町の住宅街に突然と現れる尾張温泉。鄙びたネオン看板の「東海センター」を横目に流してすぐの所にある,旅館とは思えない外観のお宿が「湯元 別館」でした。看板は門柱にある小さな看板だけなので,夜の闇の中では なかなか見つけにくいです。 

Dsc08239_512 

敷地内には区画整理されていない住宅街のように,小ぢんまりとした平屋の家が並んでいます。ここの宿の珍しいところは、全部屋離れ形式ということです。各離れの合間には庭木や巨石,石灯篭が配置されており、庭の中に離れがあるかのような演出がされています。 

Dsc08234_512_2Dsc08261_512  

部屋に案内して頂くと、外観はどう見ても民家。玄関に入っても、やっぱり民家です。しかもイイ感じに鄙びており、田舎のおばあちゃん家に遊びに来て、「勝手気ままに過ごしていいよ」と言われたみたいな雰囲気です。
スタッフの方も親切で、敷地内や周辺を地図を見せて説明してくれます。今回は朝食付きでの宿泊だったのですが、徒歩数分の所にコンビニや飲食店があるので夕飯調達にも困ることはありません。 

Dsc08195_512  

部屋は8畳和室で、既に布団がスタンバイされていました。

Dsc08196_512_2Dsc08202_512_2  

テーブルの上にはお茶セットがあり、TV,エアコン等,必要最低限の設備が整っています。窓際には2畳程のスペースがあるので、荷物等を置くスペースにも困りません。こちらに洗面所もあります。

Dsc08208_512_2Dsc08207_512  

浴衣,貸バスタオル,貸手拭い2本,ハブラシ,ドライヤーも用意されています。シャンプーとソープも準備してあり、別棟にある中浴場(の男湯)へ行く時には持って出掛けます(女湯には設置してあります)。
洗面所の対面には、普通の民家みたいにお風呂場とトイレがあります。 

Dsc08204_512Dsc08258_512     

お風呂場のガラス扉を開けると、やや広めの洗い場に小さな古いタイプのバスタブがあります。湯口からは源泉が出るようですが、こちらの浴槽には入らなかったな。 

 

Dsc08240_512Dsc08248_512  

敷地内を散策してみると結構広い。部屋数は全6室の他,母屋続きの食堂,温泉棟があります。 

Dsc08249_512Dsc08233_512 

門限を過ぎると正門は閉まりますが、多少過ぎても母屋(管理棟)裏側の通用門を通ることができます。 
我々が宿泊した部屋は正面が食堂,隣が温泉という利便性の良い立地条件だったので、滞在中に3度も温泉に入りに行ってしまいました。

 

【朝食】 

Dsc08252_512Dsc08253_512  

朝食は別棟の食堂で頂きます。テーブル席と小上がり席があり小ぢんまりとした「食堂」といった雰囲気です。
ホカホカ炊き立てご飯がお櫃でなみなみいっぱいドーンと供されました。 

Dsc08255_512   

朝ご飯らしい,ご飯が進みそうな献立が並びます。冷奴(ネギ,おろししょうが),里芋煮,卵焼き,人参のきんぴら,味付け海苔,ハムとマカロニのサラダ,納豆,マスの塩焼き,香の物,みそ汁(赤だし,えのき茸,わかめ),番茶でした。 

Dsc08256_512Dsc08257_512  

色合いはあまりよくありませんが、味付けの良い和食中心のおかずが沢山並ぶのが嬉しいですね。本館である「湯元館」でつくられた料理を運んでくるのだそうです。赤だしのみそ汁も美味しいです。学生時代にインターンシップのため 御厄介になった愛知県の大手繊維メーカの寮で食べていたみそ汁よりも数十倍美味しい!学生時代に愛知県に住んでいた相方A氏も なつかしい味だと喜んでいましたよ。 

1泊朝食付で\6300/人という金額で、このボリュームは嬉しいですね。サーファー風なスタッフの方も気さく&親切で、非常に居心地が良いお宿でした。しかも肝心な温泉もいいお湯で、近くに来た折には是非また宿泊したいお宿でした。

お風呂編につづく →      

   

| | コメント (0)

木瀬老人クラブ 憩之家

木瀬老人クラブ 憩之家

100_3756_512100_3738_512  

  

  

  

  

  

豊田市木瀬町の老人クラブ内にある温泉ですが、一般の人でもお願いすれば入浴可能とのことです。出発前に名古屋市内から 確認の電話をしたところ、上品なご婦人が出て「まあそんなに遠くから…気をつけていらっしゃいね。」と温かい言葉を頂戴して期待度UP☆

住所を頼りに訪ねると荒野の中にぽつんと立つピンキーな建物がありました。本当にこれかしら?と心配になるようなロケーションでしたが、「憩の家」と書いてあり一安心。

100_3741_512100_3743_512   

  

  

  

  

  

中に入ると和風な雰囲気の町内会館でした。浴室は大広間の前の廊下をまっすぐ行った突き当りに男女別であります。

100_3749_512100_3744_512_2    

  

  

  

  

  

定員1~2人くらいの小さな木製浴槽が床に植わっています。灰色を帯びた微濁のお湯は40℃くらいの溜め湯ですが、蛇口をひねると加温された源泉がでてきます。湯口からのお湯は若干の温泉鉱物臭味,金気味がありますが、加温前の源泉は はっきりした硫黄臭がするそうです。
溜め湯の上,既に何人も入浴された後のお湯なので鮮度はイマイチでしたが、さらさらもっちりした浴感で温まりも良く、ほぼ貸切状態だったので充分に堪能致しました。

入浴後は蛇口を閉めて木の蓋をしてから出るしきたりになっています。

100_3754_512Dscf0267_512  

  

  

  

  

  

さて入浴後、「ありがとうございました~。」と廊下を歩いていると、大広間の襖を開けて ご婦人達が待ち構えていました。「いいから入りなさい。座りなさい。」と半ば強引に誘導され、お接待を受けてしまいました。
お茶碗に入った手作りのぜんざいと 漬物,お茶が供されて、色々なお話をして頂きました。
まず、目に付くのは大広間に飾られている多くの表彰状,トロフィーの数々です。こちらの老人クラブはゲートボールの強豪チームを有しているらしく、この日も全国大会出場のメンバー数人が練習前のひとっ風呂を浴びに来ていました。

Dscf0266_512Dscf0270_512  

  

  

  

  

  

こちらの施設は、集落の60~75歳が2人ずつの当番制で管理しているらしく、だいたい年に2回くらい当番が回ってくるので、当番者が女性の場合は何かしらお茶請けを用意して来客をもてなしているそうです。(当番制,手作りのもてなし等、栃木県 上栗山温泉 開運の湯 に似た印象を受けました。)

冬期休業は約3ヶ月で、開始日は毎年開催される集会の時に決めるそうです。
源泉はすぐ裏にあります。温泉の歴史は結構古く、昔は五右衛門風呂だったそうですよ。

  

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:老人クラブ型 もてなし系温泉
 ようござんす度:A(超レア施設 ため湯系。お接待付き)

****  施設データ ************* 

源泉名:木瀬温泉
泉質:放射能泉,15.3℃,pH6.5,ラドン27.4×10-10 Ci/kg (総計538.5mg/kg)
住所:愛知県豊田市木瀬町枇杷平1133-18
電話番号:0565-76-1781
営業時間:10:00~15:00 日曜のみ営業(冬期休業)
日帰り入浴:\200

 

| | コメント (0)

永和温泉 みそぎの湯

永和温泉 みそぎの湯

100_3724_512100_3723_512    

  

  

  

  

  

愛知県愛西市にある「吉野屋」という牛丼チェーン店を彷彿させる名前の洋品店?に隣接した「成田山霊観不動教会」が所有している温泉です。  

100_3719_512100_3717_512   

  

  

  

  

  

教会の会長(教祖?)さんは吉野屋の店主さん。丁度 店の前でご近所の方と談笑しておられたので入浴をお願いすると快諾して頂きました。料金\200をお賽銭箱に入れるシステムです。
教会内は祭壇(?)の他に白装束をまとったマネキン人形もあり、シュールでかなり怪しい雰囲気です。

100_3693_512100_3704_512    

  

  

  

 

  

この教会脇の細い路地を進むと目的の入浴施設があります。外観は手作りバラック系で、浴室は男女別になっています。脱衣所の手作り感&鄙び感が期待を増幅させます。  

100_3705_512Dscf0253_512

  

  

  

 

  

  

これが浴室内部です。手作り物置小屋系の建物にコンクリート打ちっぱなしの浴槽が3つ並んでいます。奥左側の浴槽に源泉が注がれ、そのオーバーフローが隣の浴槽に注がれるシステムになっていて、自然に湯温差浴槽ができています。

ほぼ無色澄明(微濁)で卵鉱物臭味と薄塩味,エグ甘味があるお湯が結構な量が注がれ かけ流しになっています。お湯の鮮度は良好で、つるすべした浴感が気持ち良いです。

貸切状態で利用できたので、ゆっくりと湯浴みを楽しみました。信者の方とご一緒できたら色々な話が聞けて、それはそれで楽しかったろうなあ。  

100_3697_512100_3698_512100_3692_512

 

 

 

 

   

  

色々な張り紙があって読み応えがあります。女湯には「湯をぬかないで下さい」という神様からの注意書があり、男湯の方には「10/6にお湯をぬいた人は入浴を禁ず」と具体的な注意書があったそうです。何があったんだろ??いずれにしろ、神様を怒らせてはいけません。

100_3713_512100_3714_512   

  

  

  

  

  

外の棚には沢山の植木が並んでおり、張り紙には「盆栽1個1万円です」と書いてありました。盆栽だったのか…結構枯れてるけど…。ここ2年くらい手入れしていないと笑いながら言ってました。そして、おおらかでお話好きの会長さんの楽しいトークショーが始まりました。

私達が乗ってきた車が土浦ナンバーだったので、遠路はるばる来た温泉好きだとわかっていたらしく、郡司勇氏の本に写真付で紹介された事、基本的には信者用なので「温○博士」という雑誌の取材は断った事などお話して下さり、ご親切に「成分表もあるよ」と家の中まで行ってコピーを取ってくださったりしました(会長さんどうもありがとうでした(^0^)/~ )。
「紹介する時は"信者専用"って書いておいて。」と言われましたので、ここは信者専用です。でも温泉好きには寛大な会長さんなので、お願いすれば入浴許可を頂けると思いますよ。マナーを守って身も心も清めましょう。  

  

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:宗教団体型 みそぎ系温泉
 ようござんす度:S(バラック系 ウルトラ級施設。神様付き)

****  施設データ ************* 

源泉名:永和温泉
泉質:ナトリウム塩化物・炭酸水素塩温泉,48.5℃,pH7.7,1300L/min(総計1291mg/kg)
住所:愛知県愛西市大井町浦田面686
電話番号:0567-31-0146(吉野屋)
営業時間:7:00~21:30
日帰り入浴:非会員は\200

| | コメント (0)

大名古屋温泉

大名古屋温泉

100_3665_512_2「大名古屋温泉」という名前のインパクトが凄いですね。名古屋市内では珍しい高温の自家源泉を持つ温泉施設で、外観は武骨なコンクリート製で一見すると大きな倉庫のようです。
庄内川沿いの道路を走っていると建物が見えるのですが、その道路からは行く道がなく右往左往してしまいました。

  

  

100_3674_512100_3672_512

 

  

大浴場は本館とは別棟にあり、想像していたよりも新しく綺麗です。1つの浴槽に電気風呂,ジャグジー,歩行湯などが盛り合わされており、深さも1mくらいあるため100人くらいは入れそうな大きな浴槽になっています。
お湯はかなりの量注がれており、大きな浴槽にもかかわらず かけ流しになっています。
お湯は42~43℃のほぼ無色澄明で 卵臭味,金気臭味があり、つるすべした浴感があります。特別大きな特徴があるお湯ではありませんが、新鮮の良好なお湯を これほど大きな浴槽で堪能できるのは嬉しい限りです。

露天風呂は中庭風の屋根付で15人くらいが入れるもの。塩素臭があり,景観は望めませんので、外で風に当たりながら入浴するためのものくらいに考えていいと思います。

100_3681_512

日帰り入浴用の休憩所は小奇麗な和室大広間で、日当たりがよく いい感じです。

  

  

  

  

100_3677_512100_3666_512本日はこちらで宿泊しました。
宿泊棟は外観通りの武骨さで、昭和の公営住宅のような質素な廊下の両側に鉄の扉が並びます。素泊まり\5800なので、豪華さを期待してはいけません。お部屋は2間続きで洗面所,トイレ付でした。

  

100_3670_512Dscf0248_512既に布団が敷いてあり、布団の上げ下げの煩わしさがありません。

浴衣,足袋,タオル,歯磨きなどアメニティも充分です。

 

  

100_3684_512100_3688_512   

  

  

  

   

  

クローゼットや押入れはなく、業務用スチール製ロッカー(笑)が置いてあったりします。ここではホテルのようなサービスを求めてはいけません。安宿のB級さ加減を楽しめる方に最適かと思います。

宿泊客の入浴時間が夜22:00まで,朝7:00からと日帰り客と同じなのがちょっと不便ですが 安宿にはよくあること。時間に余裕をもって利用した方がいいと思います。

****  個人的評価 ************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:宿泊施設付随 センター系浴場型 街中系天然温泉
 ようござんす度:B(B級系宿泊施設&かけ流し大浴場)

****  施設データ *************

源泉名:大名古屋温泉
泉質:単純温泉(弱アルカリ性),42℃
住所:名古屋市中川区横井2-75
電話番号:052-411-1577
営業時間:9:00~22:00 月曜休
日帰り入浴:\850 (16:00以降 \550),素泊まり(風呂なし部屋)\5800

  

| | コメント (0)

坂井温泉

坂井温泉 湯本館

100_3651_512偶然見かけた魅惑的な湯口の写真に一目惚れ。しかも親愛なる元上司殿の名字と同じ名前の温泉だ♪という訳で遠回りしてでも来てしまいました。
知多半島の南側,常滑市の海岸沿いにあり、大浴場がある新館は近代的な建物です。 

  

 

  

100_3638_512_2100_3639_512  

   

  

  

  

  

←↑これです。怪しいお面の口から吐血のような赤茶色のお湯注がれています。夜とかに1人で入浴したら怖そうです。彫りの深いお顔立ちでお湯を吐き出しているので「ギリシャ人げー」と呼ぶことにします。

ここで悲しいお知らせがあります。この素敵な湯口は男性用浴場だけです(T0T)。相方A氏に撮影をお願いしておいて良かったです(^_^) 嫌な予感ほどよく当たるものですね。

100_3644_512100_3645_512  

  

  

  

  

  

女性用浴場は湯口が違うだけで男性用浴場とほぼ同じ造りです。
扉を開けると循環式の白湯浴槽があります。

浴室の片隅には別室のように区切られたスペースがあり、こちらが加熱された鉄鉱泉の浴槽となります。  

100_3641_512100_3648_512湯口は…何の変哲もないパイプからお湯が注がれています。その周辺にはトボけた表情の「緑のたぬき」と「ガマガエル&河童ちゃん」のオブジェが配置されていました。もう少し気の利いた湯口にはできなかったのかい(怒)!

鉱泉浴槽も循環されているため鮮度は悪いですが、そのせいでFeイオンが完全に酸化してしまったのか驚くほどお湯の色が濃いです。レンガ色濁(透明度約3cm!) でキシキシした浴感。薄ボケた金気臭味と薄塩味,Br風味が感知できます。

Dscf0222_512

Dscf0221_512   

  

  

  

 

  

浴槽の底には赤茶色の粘土状沈降物があり、まるでこの周辺の名産,常滑焼の急須用の粘土を溶かしたかのようです。お湯に浸かっていると鉱泥で体が汚れるので白湯でよく洗わないと、タオルや服が汚れます。  

100_3653_512隣の敷地には旧館,旧旧館と2件並んでたっており、趣のある建物と閑静な庭が いい雰囲気です。    

  

  

  

    

100_3631_512_2100_3633_512ここでも素敵な湯口発見!
カエルの口からケロケロと鉱泉が吐き出され、新鮮な源泉は薄い赤茶色微濁であることがわかります。
源泉が通った箇所は赤茶の析出物がこびりついていて、成分の濃さが覗えます。

  

100_3654_512100_3655_512  

  

  

  

  

  

庭には面長なたぬきと「温泉薬師」と書かれた祠がありました。結構歴史がある温泉旅館のようですが、旧館は 素泊まりだと2名1室で 1人\3500~と格安なので、今度近くに行った折には利用してみたいです。

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:湯本旅館新館型 素敵湯口系温泉
 ようござんす度:B(ギリシャ人げー。循環鉄鉱泉)

****  施設データ ************* 

源泉名:坂井温泉2号泉
泉質:ナトリウム鉄(Ⅱ)塩化物炭酸水素塩泉,18.4℃ (総計7843.7mg/kg)
住所:愛知県常滑市坂井西側1番地
電話番号:0569-37-0006
営業時間:10:00~21:00
日帰り入浴:平日\500

| | コメント (0)

より以前の記事一覧