茅森温泉 露天風呂

茅森温泉 露天風呂

Dsc07903_512Dsc07900_512  

茅森温泉は岡山県真庭市の県道55号線沿いにある無人の露天風呂です。川の向こう岸にひっそりとあるので、見逃さないように気を付けていると、河原に板塀に囲まれた何かが見えてきます。近くにある緑色の橋を渡ると 「茅森霊苑」があり、丘の斜面には露天風呂を見下ろすようにお墓が並んでいました。 

Dsc07901_512  

茅森霊苑から河原へ下りると、木塀に囲まれた浴槽を見ることができます。 

Dsc07899_512Dsc07898_512  

コンクリートで固められた立派な岩風呂です。混浴露天ですが 知る人ぞ知る系と思われるので、時間を調節すれば混雑せずに入れそうです。脱衣所こそありませんが、きちんとした木塀で囲まれているので安心です。 

Dsc07893_512Dsc07892_512  

ほぼ無色澄明のお湯は かなり新鮮でつやつやですが、湯温は人肌以下で コケをよけながらの入浴となりました。湯口からは清廉なお湯がドボドボと注がれており、湯尻からは同じ量のお湯が溢れ,掛け流しになっています。お湯といっしょに浴槽内に多量にいらっしゃった大きくて厚みのあるコケが打ち揚げられ,茶色に変色して堆積していました。
ぬるぬるるきゅっとした浴感があり、この周辺でよく見られるアルカリ性単純泉の中でもかなり質が良いものと思われます。ただし このぬめり感が、泉質由来のものだけでなく,植物性や嫌気性細菌によるものだったら困るので、全身浴は避けておきました。

Dsc07896_512

浴槽内部に発生しているコケは、盛んに光合成をしており 泡をいっぱい付けていました。カワイイ。
訪問時は5月初旬でしたが、本格稼働は初夏とのこと。やっぱり早過ぎたか(´・ω・`)
次回は本格稼働後に訪問してコンディションの良いお湯や露天の風情を味わいたいなあと思いました。

 

****  施設データ *************

茅森温泉 露天風呂
住所:岡山県真庭市
源泉名,泉質:成分表の掲示なし
電話番号:多分ない
営業時間:24時間 (多分夏季限定だと思う…)
料金:無料

| | コメント (0)

湯の瀬温泉(岡山) 湯の瀬温泉旅館

湯の瀬温泉 湯の瀬温泉旅館

Dsc06563_512Dsc06565_512   

岡山県の小森温泉から程近く,国道429号線から県道371号線に入った道沿いにあります。外観は小さな民宿旅館といった雰囲気です。

Dsc06575_512Dsc06574_512  

案内板に従って浴室へ向かいますが結構広々した廊下なので、ちょっと浴室も期待してしまいましたが、着いた浴室の入口が、狭っ!そしてスロープに板を打ちつけただけの階段で歩きにくいです。改装して新しくなっているようですが、浴室関係はやっつけ仕事っぽい造りで、バリヤフリーには程遠い感じです。

Dsc06573_512_2脱衣場も狭く,他に2名の先客が着替えていたのですが、満員御礼といった感じでした。
採光のための窓が床付近にあるのも変わっていますね。変な階段を3段上って浴室へ向かいます。

 

 

 

Dsc06567_512Dsc06569_512_2   

 

 

 

 

浴室は かなり小ぢんまりとしていますが 全体的に新しく綺麗で、2面が窓で明るい雰囲気です。浴槽は4~5人が入れる大きさで湯温は43℃と適温です。

Dsc06570_512Dsc06572_512

 

 

 

 

 

 

 

 

微淡黄白濁で湯面には白粉状の浮遊物が多く浮いています。弱い卵系硫黄臭,卵コク旨味,強めのつるつる浴感(つるつる度③)があります。
先客が多かったためお湯がちょっとお疲れさん状態だったのですが、湯口から新鮮なお湯を足し放題にできるので いい感じになりました。特にカランのお湯は新鮮で甘みがあり,浴感も良かったです。

窓の外は川を挟んで向こう側がキャンプ場で、遊具や炊事場等が見え、丸見え系のシチュエーションとなっていますが、窓ガラスにはシートが貼ってあり、向こう側からは見えないシステムになっているという噂を聞きました。
そのためか窓が開かないシステムになっており、もう少し風が入るような構造にすれば、もっと快適に入浴を楽しめると思いました。

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:小型温泉旅館型 つるつる系温泉
ようござんす度:B(しっかりとしたつるつる湯。)

****  施設データ *************

湯の瀬温泉 湯の瀬旅館
住所:岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下1538-1
源泉名:湯の瀬温泉
泉質:アルカリ性単純温泉,27.1℃,pH9.4,ラドン含有量:12.7×10^-10Ci/kg
電話番号:0867-35-0539
営業時間:10:00~18:00
料金:\600 

| | コメント (0)

小森温泉

小森温泉

Dsc06547_512Dsc06551_512_2 

小森温泉は岡山県吉備中央町の国道429号線沿いに佇むお宿で、享保17年(1732年)に岡山藩主の池田継政が湯治場として開いた由緒ある温泉とのことです。その後一度さびれてしまったようですが、昭和20年代後半に池田家ゆかりの湯として再興され、現在に至るそうです。
建物の片隅に控えめに佇む 長身面長の狸の焼き物が素敵です。 

Dsc06512_512Dsc06544_512  

外観も内装もかなり鄙びていますが、しっとりと落ち着いた雰囲気です。
玄関エントランスには色んなオブジェが置いてあり、正面には拳を突き上げたロックな布袋さん&恵比須さんがお出迎えしてくれます。 

Dsc06513_512Dsc06514_512  

何故か背開きにされてしまったクロコダイルの剥製が壁に貼られていたりしてちょっとシュールです。
とりあえず案内板に導かれるまま浴室へ向かいます。廊下に敷かれた緑色のカーペットはかなり色褪せており、建物内部は全体的にセピア写真のような雰囲気です。

Dsc06542_512Dsc06540_512  

渡り廊下があり、川を挟んで両側に建物が建ち並んでいることがわかります。建物の屋根や窓の位置が異なり、増築を繰返したのではないかと思われます。 

Dsc06530_512Dsc06532_512

女湯の入り口の扉を開けると階段があり、10段下りると脱衣所&浴室があります。
ちなみに男湯の入り口には扉はなく、いきなり階段があります。

Dsc06517_512Dsc06523_512

脱衣所も鄙びた湯治場のような雰囲気で素敵です。
浴室は床付近に小さな窓が2つあるだけなので ややうす暗いのですが、半洞窟風呂のようで落ち着きます。

Dsc06520_512  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩風呂風の浴室には浴槽が2つあり、右側は4人ほどが入れる45℃の浴槽,左側は3人ほどが入れる大きさの41.5℃の浴槽になっています。
浴槽からはお湯が溢れて洗い場を洗うようにかけ流しになっています。

Dsc06521_512Dsc06527_512  

 

 
右側の浴槽には加熱温泉が注がれている湯口があります。こちらのオーバーフローが左側の浴槽に注がれ,湯温を調整しています。無色澄明,弱いがしっかりとした硫黄系鉱物臭味があり、つるもちっとした柔らかい浴感。透明度が高くツヤのあるお湯です。
小窓から外を見ると目の高さに小川が流れており、涼やかな風が入ってきて気持良いです。 

Dsc06525_512Dsc06524_512  

 

 
カランのお湯,水も源泉で、特にカラン水は硫黄系鉱物臭味,清涼甘みがあり つるつる!の浴感。鮮度抜群です。湯温が低い方がつるつる度が高い気がします。カランの水をかぶり、熱い湯の浴槽に入る交互浴が最高に気持良かったです。 

Dsc06528_512Dsc06529_512 

待合室も鄙びた風情があり、涼しい風とゆっくりとした時間が流れていました。色褪せた昔なつかしい型のマッサージ椅子がノスタルジックな雰囲気を醸し出していました。 

Dsc06554_512_2  

山間の歴史ある湯治場風情の浴室でゆっくりお湯に浸かっていると、心身ともに癒される感じがしました。鮮度抜群でつやつやなお湯のおかげで旅の疲れがすっかり取れ、軽やかな足取りで次の目的地へ向かいました。

Dsc06555_512Dsc06556_512  

こちらの宿から少し離れた場所に「小森温泉の湯元」があり、町の文化財に指定されているとのことで ちょっと立寄ってみました。1732年に岡山藩主 池田継政が造ったといわれる湯壷とのことですが、今は池の様になって魚が泳いでおり入浴することができませんでした。
湯温は低く,現在は使用されていないようですが、湯尻からはお湯が静々と流れ出ており、 歴史ある源泉が枯れていないのがちょっと嬉しく感じました。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:鄙び系旅館型 ツヤツヤ湯温泉
ようござんす度:A(湯治場風の鄙び具合と鮮度の良いお湯を楽しむ。)

****  施設データ *************

小森温泉
住所:岡山県加賀郡吉備中央町小森245
源泉名:小森温泉
泉質:アルカリ性単純温泉,28.1℃,pH9.4,ラドン含有量:18.6×10^-10Ci/kg,成分総計:0.22g/kg
電話番号:0867-34-0015
営業時間:11:00~19:00 (日祝: ~18:00) 不定休
料金:\550 

| | コメント (0)

大中山温泉

大中山温泉

Dsc06511_512Dsc06510_512

大中山温泉は岡山県の山陽自動車道 和気ICから国道374号線を備前市方面へ向かう途中にあります。
看板の矢印の方向を見ると、採石所跡のような荒れ地に何やら建物が見えますよ。遠景はどことなく大阪にある「山空海温泉」っぽいレアな雰囲気があります。

Dsc06475_512 

大きな温泉マーク&「大中山温泉」という文字が書かれたトラックコンテナと、プレハブ小屋を配置した温泉施設です。

Dsc06476_512Dsc06508_512_2   

トラックコンテナには温泉スタンドらしきものが付いていますが、ボロ…(略)。まだ使われているのかな? プレハブ小屋の入口で靴を脱いで上がります。 

Dsc06477_512Dsc06481_512  

脱衣所の壁には合板が貼られていますが、天井はコンテナのまま。ロッカーやパウダーコーナーの椅子は事務所で使われているようなシンプルなもので、仮設浴場風のチープな雰囲気がたまらんです。 

Dsc06485_512_2Dsc06494_512

浴室は縦長で最奥に浴槽があります。床面は石タイルが敷いてありますが、壁,天井にはトラックコンテナ特有の風合を残しています。開店時間直後に行ったせいか 2つに区切られた浴槽の右側は空で,左側の浴槽には半分程度しかお湯が入っていませんでした。 

Dsc06489_512Dsc06491_512_2  

7人程が入れる浴槽には40℃と温めのお湯が入っています。無色澄明,ほぼ無味〈微かにダシっぽい鉱物風味)無臭で大きな特徴はありませんが、僅かにすべむちっとした浴感はあり、新鮮で柔らかいお湯でした。
浴槽には加熱源泉,源泉水の蛇口があり、足し放題になっているのが嬉しいですが、ベースが溜め湯なので 比較的早い時間に訪問した方が新鮮なお湯が楽しめるのかもしれません。 

Dsc06492_512Dsc06493_512  

洗い場は全てシャワー付で近代的です・・・って側面を見てみると、台の部分はコンクリートブロックを石板で覆ったものでしたΣ(゚д゚lll) 手造り感満載です。洗い場のカランやトイレの水まで温泉水を利用しているという贅沢な入浴施設でした。 

Dsc06505_512Dsc06504_512  

ロビー近くには飲泉所があり、湯上がりに水分補給をすることができます。こちらはこの温泉水の販売に力を入れているらしく、容器の封入方法を工夫して成分劣化を防いだ形で全国へ通信販売しているそうです。難病に効果ありと評判になっているそうで、「もし、病気になって困ったらこの水のことを思い出してみて」とのことでした。
記念にペットボトルで500mlほど分けて頂きました。後ほど この水を使ってご飯を炊く予定です。

あまり綺麗な施設ではありませんが、前面に押し出されているC級感と 柔らかいお湯,湯守さんの静かな情熱が清々しく、いつまでもこのままであって欲しい温泉でした。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:トラックコンテナ型 飲むラドン水系温泉
ようござんす度:A(荒涼とした環境ある C級外観の仮設浴場。)

****  施設データ *************

大中山温泉
住所:岡山県和気郡和気町大中山池尻1798-1
源泉名:大中山温泉
泉質:単純弱放射能泉,19.5℃,自然湧水,pH8.1,ラドン含有量:31.3×10^-10Ci/kg,成分総計:0.18g/kg
電話番号:0869-92-0522
営業時間:9:30~20:00 元旦休
料金:\500 

| | コメント (0)