湯ノ峠温泉 岡田旅館

湯ノ峠(ゆのとう)温泉 岡田旅館

Dsc03608_400Dsc03609_400

山口県のJR美弥線 湯ノ峠駅の近くにある、大正時代創業という老舗の一軒宿です。
木造の渋い建物で、玄関横の看板を含めて かなり鄙びた風情ある外観です。
現在は宿泊はおこなっておらず、近隣住民の共同湯的な存在になっています。 

Dsc03632_400_2Dsc03633_400

玄関の靴箱や掛けられた暖簾も渋くてステキ。
でも入浴料金は自販機で購入して管理人に渡すという近代的なシステムになっていますが、受付らしき場所には誰もいません。上半身裸で涼んでいたおじいさんが、「券買って、そこ置いとけばいいよ。」と教えてくれました。何ともおおらかです。
券売機には 1回入浴\500の他、一日入浴は\1200,洗髪\150などのオプションや,定食\1550,わかめうどん\350などの食券も取り扱っていました。

Dsc03621_400Dsc03611_400

脱衣所や浴室は改装されていて外観ほど渋くはありませんが、適度な鄙び感が良いです。
男女の垣根が低めの浴室で、想像よりも大きめな小判型浴槽が中央に1つ配置されています。 

Dsc03615_400

浴室の一面は大きな窓があるので明るく、庭などを眺めながらの入浴が楽しめます。
6人程が入浴できる大きさ,39℃の浴槽で、ほぼ無色澄明,ほぼ無味無臭。硬度が低く甘くツルっとした後味が良い。さらすべ浴感でお湯の抵抗が小さく感じる柔らかいお湯です。 

Dsc03626_400Dsc03618_400

基本的に溜め湯ですが、源泉,加熱温泉蛇口から足し放題なので 湯温調節のついでに鮮度の良い源泉に触れることができます。お湯が温めな上 柔らかいので油断して長湯をすると、ラドンの仕業なのか温まり過ぎて汗が止まらなくなるので注意が必要です。
洗い場はカラン蛇口の他にシャワーもありますが、こちらの湯水もつるりとしているので源泉を使用しているのかも知れません。

山間の旧旅館は地元密着型の ほのぼの系の入浴施設でした。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:旧温泉旅館型 放射能系ポカポカ温泉
ようござんす度:A(秘湯&老舗風情たっぷりの立寄り湯。)

****  施設データ *************

湯ノ峠温泉 岡田旅館
住所:山口県山陽小野田市大字鴨庄湯ノ峠1055
源泉名:岡田泉
泉質:なし…(゚ー゚)ナシ?,22.3℃,pH:9.01,ラドン含有量:20.9×10^-10(ci/kg),成分総計:0.194g/kg
電話番号:0836-72-0187
営業時間:9:00~19:00 毎月6・16・26日休(日曜の場合は翌日休)
入浴料:\500 

| | コメント (2)

萩阿武川温泉 ふれあい会館

萩阿武川温泉 ふれあい会館 

Dsc07431_512Dsc07430_512

山口県萩市にある市営の日帰り入浴施設です。平屋の比較的大きな建物で、広々としたロビーは公共の施設らしい事務的な雰囲気です。

Dsc07427_512Dsc07428_512  

脱衣所もちょっと事務的なロッカーがあり質素な雰囲気です。注意書きに『長い髪の素敵な貴女へ』とか書かれると、”悪い気がしないな”ってなわけで、ついつい言うことを聞いてしまいそうな、技あり系の貼り紙です。 

Dsc07420_512   

内湯には15人程が入れる大きさの浴槽が1つあり、湯温は42~43℃の適温です。源泉がザコザコと大量に注がれ,加熱湯もドバドバと注がれ、浴槽から大量にお湯が溢れて床を洗い流していました。
無色澄明,ほぼ無臭で卵コク風味のあるお湯は新鮮そのもので、つるすべ!少とろみがある浴感が気持ち良いお湯です。 

Dsc07422_512  

外の露天風呂には囲いがありますが、すぐ近くにある阿武川ダムの上端が見えます。岩風呂が2つあり、手前は20人程が入れる37℃の深い(水深75㎝の)浴槽で、ドボっとお湯が注がれて掛け流しになっていました。やや加温されていますが、細かな気泡が浮遊しており 泡付きも良好です。付着した気泡を撫でるとヌルっとした肌触りが加わり気持ち良いです。

Dsc07424_512Dsc07425_512  

奥側の浴槽は15人程が入れる大きさで湯温は27℃の源泉風呂になっています。こちらにも源泉がドバっと注がれ、気持ちの良いくらいの掛け流しになっていました。 

Dsc07421_512  

サウナは別料金(\800)で ちょっと高い気がしますが、自分はサウナが無くても良いタイプの人間なので、あまり関係ないのです。これだけ大量掛け流しの新鮮湯に入れて入浴料\400はお得です。
開店直後から地元老人やキャンパーが来て大賑わいで、人気があるのも頷ける入浴施設でした。

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:公共日帰り入浴施設型 ドバドバ掛け流し系温泉
ようござんす度:A(大量掛け流しの新鮮湯。)

****  施設データ *************

萩阿武川温泉 ふれあい会館
住所:山口県萩市川上4892-1
源泉名:阿武川温泉
泉質:アルカリ性単純硫黄温泉,35.4℃,pH9.36,ラドン含有量:7.97×10^-10Ci/kg,成分総計:0.505g/kg
電話番号:0838-54-2619
営業時間:10:00~21:00 火曜休
料金:\400

| | コメント (2)

俵山温泉 冨士屋旅館 ~お風呂編

俵山温泉 冨士屋旅館 ~お風呂編

Dsc07379_512Dsc07381_512

冨士屋旅館の浴室は、玄関を一旦出て敷地内の川沿いをちょっと歩きます。この小さな湯小屋に男女別の浴室があります。

Dsc07368_512Dsc07376_512  

入浴時間は7:00~21:00となっています。もうちょっと遅くまで入れると嬉しいのですが、早々に風呂に入って 早めに寝るのも療養泉らしくて健康的だと思うことにします。ゆったりと入浴を楽しみたい場合は早めにチェックインした方が良いでしょう。

Dsc07371_512Dsc07375_512 

浴室は小ぢんまりとしたスペースに1~2人用の浴槽が1つあるだけのシンプルなものです。洗い場が1つあり、自家用チックなシャンプー&ソープが置いてあるのが微笑ましい。
湯温は41℃と適温で、ほぼ無色澄明,無臭の単純温泉ですが、鮮度が良好で とにかく柔らかいお湯です。つるもちした浴感があり、気持ち良いです。 

Dsc07412_512Dsc07413_512

冨士屋旅館は俵山温泉で数少ない 内湯所有 且つ 唯一独自源泉を所有している旅館です。その源泉は男女浴槽の境にある穴から、時々気泡を伴いながら静々と湧き出ていました。湧出量は多くありませんが、客も多くないので鮮度は良好なまま保たれています。源泉が温いため加熱されたお湯が、浴槽内の別の湯口から注がれているようです。

俵山温泉に以前訪問した際は、外湯兼公衆浴場の「町の湯」,「川の湯」に入浴したので、今回は「白猿の湯」に入る予定でしたが、宿の風呂で満足してしまい,どうでもよくなってしまいました(爆)。次回の宿題として取っておくことにします。

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪♪
総括:激シブ旅館型 自家源泉系温泉
ようござんす度:A(人よし,お湯よし,風情よし。)

****  施設データ *************

俵山温泉 冨士屋旅館
住所:山口県長門市俵山湯町5148
源泉名:藤本泉
泉質:アルカリ性単純硫黄温泉,37.7℃,pH9.59,ラドン含有量:6.16×10^-10Ci/kg,成分総計:0.197g/kg
電話番号:0837-29-0031
営業時間:立寄り不可
料金:1泊2食付 \7150/人

| | コメント (0)

俵山温泉 冨士屋旅館 ~宿泊編

俵山温泉 内湯温泉 冨士屋旅館 ~宿泊編

Dsc07364_512

俵山温泉は山口県長門市の山間にある温泉地です。延喜16年(916年)に白猿が傷を洗っているところを発見されたという歴史ある温泉で、古くからリウマチの名湯として知られているそうです。
正川沿いの狭い路地に40軒程の宿が建ち並ぶ素朴で鄙びた温泉街となっています。ほとんどの宿が内湯を持っていおらず、外湯として公衆浴場(町の湯,白猿の湯)を利用するという古き湯治場のシステムを続けています。

その俵山温泉で数少ない内湯旅館,しかも独自源泉所有という「富士屋旅館」さんに宿泊しました。立寄り不可なので、このお湯に入るには宿泊するしかないのです。
温泉街の狭いメインストリートから少し離れた 更に細い路地裏にあるので 宿までたどり着けず、電話で行き方を訊ねると 優しいご主人が迎えに来てくれました。
俵山温泉は敷地が狭いため、温泉地専用の駐車場にマイカーを停めて歩いていく宿が多い中、富士屋さんは すぐ近くに専用の駐車場(空き地)があるので安心です。 

宿専用の橋を渡って、玄関へ。この外観の素敵な鄙び具合を見ただけで、「この宿に泊まれて幸せだなあ」と思ってしまいます。

Dsc07355_512_2Dsc07354_512  

エントランスは小ぢんまりとしてイイ感じに使い込まれており、壁に掛けられた旅館名入りの番傘も年季が入った良い風情を醸し出しています。 

Dsc07353_512Dsc07338_512  

客室は2階にあり、階段を上がってすぐの所に共用の冷蔵庫が置いてあります。
今回宿泊したのは3.5畳+6畳の2間続きの和室です。
畳ふわふわ系で外鍵無しのレトロな客間で、昭和の古き良き時代にタイムスリップした感覚を味わえます。
手前の3.5畳の間にはコタツがあり、お茶セットが用意されていました。  

Dsc07340_512Dsc07342_512_2  

奥の6畳間には既に布団が敷いてありました。書院造の床の間にはTVがあり、布団は掛け布団の他に,西川のマイヤー毛布,電気毛布が使われていました。訪問時は5月初旬でしたが、山間にあるので朝晩は冷え込みます。ストーブやエアコンも完備してあるので快適です♪ 

Dsc07387_512Dsc07386_512_2 

布団の足元には小さな採光用の窓があるのがオシャレです。廊下側から見るとこんな感じ。

Dsc07346_512Dsc07347_512  

 

 

 

 

 

 

Dsc07348_512

そして窓際にある2間続きの長い広縁には 籐製のテーブルセットが置いてあり、窓外の鄙びた温泉街の風景や,宿専用の橋の上で猫が悠々と歩いているのを眺めたりしながら ゆったりとくつろげます。温泉街のメインストリートとは異なり人通りが少なく、時間がゆっくりと流れているようです。

Dsc07385_512Dsc07356_512  

洗面所,トイレは廊下の突き当たりにあり、共用となっています。

浴衣と下駄に着替えて 宿の周囲を散策しても良いでしょう。旅館の縁側の前には手入れされた庭があり、 

Dsc07359_512Dsc07366_512     

その向こう側には小川が流れ、錦鯉が泳いでいました。ちょっとボロい石段があり、川まで下りれるようです。
宿の裏手には背丈程の塀が立つ歩道があるのですが、道がちょっと小高い所にあるので、宿の2階の廊下を歩いていると通行人と目が合います。近所の人と猫しか通らない道のようです。

【お茶菓子】

Dsc07393_512Dsc07394_512  

お茶菓子は長門市の銘菓「鶏卵せんべい」というのも嬉しいです。新鮮な卵とはちみつを使用した優しくて素朴な味の、ちょっとハイカラな小麦せんべいでした。

  

【夕食】

Dsc07391_512  

夕食は部屋食になっています。この日の献立は、刺身(白身魚6種!の盛り合せ),のどぐろの煮つけ(空豆添え),さざえの壺焼き,かぶの酢の物,香の物,白身魚のお吸い物,ご飯,デザートはいちごでした。 

Dsc07389_512Dsc07392_512  

驚いたのは魚介系が新鮮で美味しいこと。山間の温泉地ですが、港も近いので 旬の新鮮な魚が手に入るようです。ここら辺の刺身醤油は濃厚で甘いのですね。魚のお吸い物は旨味たっぷりで とても香ばしいダシで美味しかった。
旅先で買い食いして歩いている我々にとっては、品数,量,味付けともに丁度良く、シンプルな調理法で素材の旨味を味わえる、食べていてストレスを感じない料理でした。 若い殿方などはちょっと足りなく感じる量かも知れませんね。

【朝食】

Dsc07411_512_2  

朝食も部屋に運んできてくれます。この日の献立は 煮物(筍,さつま揚げ,スナップえんどう),ちょっと甘めの卵焼き(プチトマト添え),汲み上げ豆腐の冷奴,味付け海苔,香の物,みそ汁,ご飯でした。
これぞ旅館の朝食!といったシンプルな料理で、味付けは美味しく,量も丁度良かったです。1泊2食付\7150という料金では、充分過ぎる内容だと思います。 

Dsc07416_512  

朝食後、広縁で三猿まんじゅうを食べていたら、淹れ立てのコーヒーを運んできてくれました。丁度 持参のレギュラーコーヒーを淹れて飲んでいたので、慌てて隠しましたよ(笑) 香りの良い美味しいコーヒーを飲んでいると、宿の方々のもてなしの心が伝わってくる感じがしました。

物腰の柔らかい老紳士なご主人と、気さくでしっかり者の女将さんが切り盛りする家庭的なお宿で、施設は多少ボロ…イヤ,鄙びていますが、それは風情という言葉に変換できると思います。人,雰囲気,お湯と三拍子揃った素敵な旅館でした。いつまでも このままで在り続けて欲しいです。是非また宿泊したいお宿でした。

 

お風呂編につづく→

    

| | コメント (0)

大河内温泉 平田旅館

大河内温泉 平田旅館

Dsc07320_512Dsc07321_512  

山口県下関市の旧豊浦町にある大河内温泉は 小さな温泉地ですが、天保10年に発見されて湯治場利用されてきたという歴史ある温泉です。 
温泉街には旅館が2軒並んで建っており、今回は平田旅館で立寄り入浴させて頂くことにしました。連休ということもあって駐車場は ほぼ満車状態でした。
旅館の手前にある建物が 「美人湯」という立寄り湯になっています。

Dsc07322_512 料金が手頃な事もあり、地元の方の公衆浴場的役割も担っているようで、丁度 大勢いらした近所の大奥様達が帰るところでした。
脱衣所は比較的新しく,パウダースペースの鏡が大きいので広々とした印象があります。 

Dsc07327_512  Dsc07328_512

浴室には2つに区切られた浴槽があり、奥の加温浴槽は6人用,42℃、手前の水風呂(源泉槽?)は2人用で31℃となっています。
お湯は無色澄明,ほぼ無味無臭で、あまり特徴のないお湯です。お客さんが多かったためか お湯はすっかりお疲れさん状態になっており、浴感も乏しい感じです。循環,ろ過,塩素消毒有のお湯ですが、塩素臭がほとんど感知されなかったのが救いだったかな。
水風呂の蛇口からは源泉らしきぬるま湯がトポトポと注がれており、加温浴槽よりは鮮度が良い感じです。
ちなみに、こちらのサウナはラジウム含の源泉を使用したラドンサウナらしいですぜ。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:旅館併設立寄り湯型 循環ろ過塩素系ラジウム温泉
ようござんす度:C(お湯の鮮度の良い時に入ってみたい。)

****  施設データ *************

大河内温泉 平田旅館
住所:山口県下関市宇賀5354
源泉名:山本2号泉
泉質:アルカリ性単純温泉,31.5℃,pH9.6,湧出量:98 ℓ/min,ラドン含有量:3.05×10^-10Ci/kg,成分総計:0.22g/kg
電話番号:083-776-0055
営業時間:要確認
料金:\390 (一日休憩は9:00~17:00 \800)

 

| | コメント (0)

日野温泉 いこいの家

日野温泉 いこいの家

Dsc07315_512Dsc07311_512  

山口県下関市北部の旧豊田町にある町営の公衆浴場です。小ぢんまりとした平屋の建物で、町の集会場のような佇まいです。 

Dsc07305_512Dsc07310_512  

脱衣所も小ぢんまりとしています。成分表の下には、加温,循環ろ過,塩素系薬剤使用の掲示がありました。 

Dsc07306_512_2  

浴室もかなり小ぢんまりしています。2~3人用の小さな浴槽が1つあり、湯温は42℃と適温でした。
無色澄明で結構な塩素臭があります。湯口は浴槽内にあるので 注がれている量はよく見えませんが、オーバーフローはなく、バリ循の状態でした。
先程まで先客がたくさん入っていたようなので、お湯がゾンビ状態になっていました。でも鮮度が悪かった割には ぬるりとした浴感があり、素性の良さそうなお湯でした。 

Dsc07312_512Dsc07314_512  

敷地内には「火気厳禁」の札が貼られた源泉小屋がありました。きっと開店直後に訪問すると鮮度の良い純炭酸水素塩泉の素敵な浴感が楽しめるのかも知れませんね。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総評」:町の公衆浴場型 循環&塩素系温泉
ようござんす度:C(お湯のコンディション次第。)

****  施設データ *************

日野温泉 いこいの家
住所:山口県下関市豊田町日野14-2
源泉名:日野温泉
泉質:Na-炭酸水素塩冷鉱泉,18.2℃,pH8.34,ラドン含有量:0.2×10^-10Ci/kg,成分総計:1.443g/kg
電話番号:083-766-0906
営業時間:10:00~17:00 月・金曜休,年末年始休
料金:\500 (町外者) 

| | コメント (0)

持世寺温泉 杉野湯

持世寺温泉 杉野湯

Dsc07304_512Dsc07280_512  

山口県宇部市の霜降山北麓にある小さな温泉地です。700年前に農夫が発見し,戦国時代には負傷した武士の療養にも使われたという歴史ある温泉です。
こちら杉野湯は、以前は旅館だったとのことですが、現在は立寄りのみになっており、近隣の人々の公衆浴場的な役割を担っているようです。温泉棟玄関の手前にある受付窓で愛想の良くないお姉さんに料金を支払い、浴室へ向かいます。

Dsc07303_512Dsc07282_512_2  

男女別の浴室があり、扉や脱衣所は昭和レトロな共同浴場のような雰囲気が漂っています。 

Dsc07285_512  

浴室は2つあり、向かって左側は加熱浴槽,右側は源泉浴槽になっています。加熱浴槽は9人程が入れる大きさで44~45℃と熱めです。 

Dsc07292_512Dsc07301_512   

湯口はカバーが付いており、湯中に注がれているので投入量はよくわかりませんが、浴槽の隅からサラサラとお湯が掛け流されていました。
洗い場カランの水も源泉が使用されていて新鮮つるつるです。

Dsc07289_512Dsc07287_512  

源泉浴槽は4人程が入れる大きさで,水深70㎝くらいと深めです。湯温は30℃と冷た過ぎず,入るとシャキッとして気持ち良いです。
お湯は無色澄明で白膜状の浮遊物が多く見られます。弱コク卵味+清涼味,すべもちっとした浴感で加熱浴槽と比べると全然鮮度が良いです。湯口からは源泉がドバドバと注がれ、溢れた大量のお湯が床を洗い流していきます。 

Dsc07302_512  

 

 

 

 

 

 

お湯はぴかぴかですが、設備は古びていて,細部に清掃が行き届いていない印象です。源泉槽のタイル目地からフサッとコケが生えており、光合成をしているのか泡をいっぱい付けていました。
鄙び系共同浴場が好きな人や泉質重視の方には好かれそうな入浴施設だと思います。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:立寄り入浴施設型 すべすべぴかぴか湯系温泉
ようござんす度:A(鮮度抜群の源泉浴槽。)

****  施設データ *************

持世寺温泉 杉野湯
住所:山口県宇部市大字吉見2910
源泉名:杉野泉
泉質:単純弱放射能温泉,26.4℃,pH7.8,湧出量:136.8 ℓ/min(自噴),ラドン含有量:88.26×10^-10Ci/kg,成分総計:0.262g/kg
電話番号:0836-62-0020
営業時間:8:30~18:30 (土日祝は ~17:30) 不定休
料金:\490 

   

| | コメント (0)

湯野温泉 国民宿舎 湯野荘

湯野温泉 国民宿舎 湯野荘

Dsc07278_512Dsc07275_512  

山口県周南市の山間にある湯野温泉は、16世紀末頃発見されたという由緒あるお湯で、応神天皇の病を治したり,天狗が療養したという伝説がある霊泉とのことです。
国民宿舎 湯野荘は いかにも国民宿舎といった外観の古びたコンクリート製の建物ですが、手頃な料金が魅力で、駐車場はほぼ満車状態でした。
脱衣所はやや古びていますが広々としていて掃除も行き届いていました。

Dsc07265_512  

浴室は大きい窓があり明るい雰囲気で、比較的新しいように見えます。主浴場は20人程が入れる大きさで、湯温は41.5℃と適温です。浴室に入った途端に弱い香ばしい硫黄臭が香り、期待が高まります。
無色澄明で、源泉は香ばし硫黄臭味でしっかりとした卵コク味,清涼味があります。

Dsc07268_512Dsc07269_512  

主浴場の湯口からお湯がドボドボと注がれていますが、カランの水道水と同程度の塩素臭があり,循環湯のようです。浴槽の隅では冷泉水が加えられていますが、ごく微量でした。鮮度が良いお湯ではありませんが、微かにツルもちした浴感が楽しめます。

Dsc07263_512Dsc07271_512  

主浴槽の隣にある「冷泉泡風呂」は3~4人が入れる大きさで湯温27℃の浴槽です。非加熱の源泉がちょろちょろと注がれ,弱い掛け流しになっています。さむいぼ(鳥肌)状態なのにツルすべした浴感がわかり、非常に気持ち良いです。冷た過ぎない源泉風呂は長い時間浸かることができるのでよござんす。冷温交互浴も楽しめて良いのですが、個人的にはジャグジーが邪魔かなあ。

Dsc07266_512Dsc07273_512  

洗い場の隣に うたせ湯があったのでスイッチを押してみると、結構な勢いでお湯が出て来ました。イイ感じにマッサージ効果があるのですが、飛沫が他のお客さんにかかる可能性があるので周囲に気を配って使用した方が良いでしょう。

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:古びた国民宿舎型 つるすべ冷泉系温泉
ようござんす度:B(綺麗な浴室。掛け流しの冷泉槽あり)

****  施設データ *************

住所:山口県周南市大字湯野
源泉名:市有3号泉
泉質:含弱放射能-アルカリ性単純硫黄温泉,32.7℃,pH9.33,湧出量:261.4 ℓ/min,ラドン含有量:149.37×10^-10Ci/kg,成分総計:0.565g/kg
電話番号:0834-83-2151
営業時間:10:00~20:00
料金:\462 

| | コメント (0)