祖谷温泉

ホテル祖谷温泉

100_1280100_1276   

  

 

  

  

  

あこがれの祖谷温泉に やっと行くことができました。谷底にある露天風呂へはゲーブルカーに乗って行くことができます。

Dscf0302_1 Dscf0297 

 

  

  

  

  

専用ケーブルカーに乗り,上り下りのボタンは自分達で押すシステムになっています。運転手になった気分で ちょっと楽しい♪

100_1273

Dscf0298   

  

  

  

  

  

ケーブルカーそのものが急傾斜です。大きくて急な階段に座席がくっついている風なので,座席移動が大変でした。動き始めると,まるで吸い込まれるかのように谷底へ進んでいきます。

100_1258100_1263  

  

  

  

  

  

ケーブルカーを降りると早速 露天風呂へ。浴槽全体が屋根で覆われていますが,渓谷に浴槽が迫り出しているので景観が損なう事はありません。平日の朝イチで雨降りなので,お客さんは少なく,ゆっくりと名湯&絶景を楽しみました。

青味がかった微白濁のお湯がドバドバとかけ流しされています。硫黄臭とまろやかな卵味は、今まで入った四国の温泉の中では一番濃いです。気泡が体にたくさんまとわりついてつるぬるした浴感が秀逸です。湯温が37℃という ぬる湯のため,ゆっくりと渓谷を眺めながら長湯をしてしまいました。

100_1278母屋に戻ると 内湯もありますが,循環・塩素臭で,露天風呂とは似ても似つかないお湯でした。体や髪をどうしても洗いたい場合のみ使用した方がいいでしょう。露天風呂はあんなに良いのに…もったいない話です。 

  

  

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪♪♪

 お湯  :♪♪♪♪

 コストパフォーマンス:♪♪♪

 総括:観光ホテル型谷底ケーブルカー系温泉

 ようござんす度:A(お湯,景観ともに極上。ケーブルカーも素敵。)

**** 施設データ **************    

住所:徳島県三好市池田町松尾松本367-2

電話番号:0883-75-2311

営業時間:7:30~18:00(ケーブルカー受付は~17:00) 

入浴料:¥1500

| | コメント (0)

大歩危温泉

ホテル大歩危まんなか

100_1227100_1208  

  

  

  

  

  

宿泊しました。今回、旅行会社のフリープランを利用した旅だったので、1泊だけ旅行パンプレットに載っている宿から選ばければならず、少ない選択肢の中から評判の良いここを選びました。

お部屋は広く,窓の外からは大歩危渓谷を眺めることができ,リッチな感じです。

100_1225100_1221   

  

  

  

  

  

内湯は石材タイル製の大きな浴槽が1コあるシンプルなもの。ガラス戸の向こうにはサウナ室と床が板張りの小休憩場があります。壁側足元には赤い間接照明がほんのり灯っていて,とてもおしゃれさんです。 

100_1241100_1242   

  

  

  

   

   

サウナ室&小休憩室から更に奥への扉を開け,階段を降りると露天風呂があります。露天とはいっても完全屋根付ですが。でも大歩危渓谷の展望が良く,開放感はあります。夜になると大歩危渓谷がライトアップされて、昼間とは違う雰囲気を楽しむことができます。

お湯は内湯,露天ともに完全循環型で次亜塩素酸消毒をおこなっています。無色澄明無臭のお湯は特に特徴も無く、水道水よりはやや軟らかい程度です。

100_1214Dscf0272   

  

  

  

  

  

夕食はアマゴの塩焼き,鳴門金時と阿波尾鶏のコロッケ,猪鍋,こんにゃくや青豆腐等の地場産の食材を使った料理が多く、温かいものは温かいうちに食べられるような工夫がなされていて良かったです。品数が多く、味付けも良いので食事に関しては大満足でした。

特にわざわざ日帰りで温泉に入りに行くほど良いお湯ではないですが、お湯質を気にせず景色の良いおしゃれなお風呂に入り、美味しいご飯を食べるというのも たまには楽しいものだな~と思いました。

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪

 お湯  :♪

 コストパフォーマンス:♪♪♪

 総括:観光ホテル型おしゃれさん温泉

 ようござんす度:C(お湯はあまり良くないが、宿泊施設としてはOK)

**** 施設データ **************    

住所:徳島県三好市山城町大歩危

電話番号:0883-84-1216

営業時間:12:00~21:00 

入浴料:¥500 (1泊2食付¥11550~)

| | コメント (0)