人吉温泉 中神温泉

人吉温泉 中神温泉

Dsc04954_400Dsc04955_400

熊本県人吉市の郊外,田畑が広がる のどかな場所に建つ公衆浴場です。

Dsc05004_400Dsc05002_400

建物の中央に通り抜けられる通路がある面白い構造。公衆浴場の通路をはさんで向かいには立派な休憩室があります。通路に面した縁側やベンチには屋根があるので、待ち合わせも快適です。

Dsc04961_400Dsc05001_400

番台部分には新聞入れのような料金箱があるので、こちらに料金を入れて浴室へ向かいます。
建物は比較的新しく 脱衣所も綺麗ですが、木材を多用しており 素朴で落ち着いた感じになっています。 

Dsc04966_400Dsc04967_400
Dsc04975_400

浴室に入ってまず驚くのは、床全体を静々と流れ続けるお湯。湯口からお湯がドボドボと注がれ、多量のかけ流しになっています。溢れたお湯は浴室まわりに切られた溝に集められ流れ去っていきます。 

5~6人が入れる38℃の浴槽が1つあり、ほぼ無色澄明,弱い温泉鉱物(たまご系)臭と重曹味,ほんのり甘味とコクがあり美味しいお湯です。

Dsc04984_400Dsc04993_400

そして何よりお湯の鮮度が抜群です。湯口の対面にはシルキーバブルな気泡溜まりがあり、あっという間にアワアワに包囲されます。肌に付着した気泡を押さえると弾けるプチプチ感が楽しめ,拭うと やや強いつるぬる感(つるつる度:③)が気持ち良いです。

お湯が温めな上,柔らかいのでじっくりと浸かることができ、上がる時にはもうポカポカです。 

Dsc04996_400Dsc04999_400

洗い場のカラン,シャワーも源泉使用のようで、アワアワでシルキーバブルなお湯が出てきます。

立地柄 地元の方々が日常使用されている浴場という感じで、観光客に対してはあまりフレンドリーな雰囲気ではなかったが、お湯をお借りしているという感謝の気持ちで利用させて頂きました。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:郊外の公衆浴場型 新鮮アワアワ温泉
ようござんす度:A (新しく綺麗な公衆浴場でアワアワ人間になる。)

****  施設データ *************

人吉温泉 中神温泉
住所:熊本県人吉市中神町段529-1
泉質:Na-炭酸水素塩泉,39.5℃,pH:8.14,ラドン含有量:3.32×10^-10Ci/kg,成分総計:1.089g/kg
電話番号:0966-24-6201
営業時間:13:00~22:00 無休
入浴料:\200

| | コメント (0)

湯の児温泉 山海館

湯の児温泉 山海館

Dsc04811_400Dsc04812_400

熊本県水俣市の湯の児温泉にある比較的大きな老舗温泉旅館です。外観は近代的な建物ですが、エントランス・ロビーはちょっと古びて色褪せた感じがあります。びっくりするくらいロビーは広いですが、結構狭い間隔で大きな柱が立っています。

Dsc04813_400Dsc04816_400

エントランスの片隅に隠れるようにある券売機で購入した入浴券を受付に渡すと、こちらの特殊なお風呂について簡単な説明をしてくれます。そしていざ、浴室へ。 

玄関,ロビーがあるのは新館「渚館」の5階。その他に創業当時(昭和30年)からの木造建築「磯館」と それよりも少し新しい「岬館」の3つの建物からなり、目指す浴室は「磯館」にあります。

Dsc04830_400Dsc04831_400_2

階段を下り、案内板に従って進むと見えてきました。”姫”の暖簾が女湯です。脱衣所は使い込まれた感はありますが、広々としており清潔です。 

Dsc04815_400Dsc04839_400

実はこちらの温泉は洞窟風呂が有名です。ノミで掘った手掘りの洞窟は 当初混浴だったようですが、後に女性専用の洞窟風呂も掘られ、現在別浴になっています。

脱衣場には浴室の見取り図が貼ってあり、受付で説明されたように男女の洞窟風呂は途中で交差するような構造になっています。その一瞬(2.5m)だけ混浴になっているとのこと。これが粋な遊び心なのか、掘削がズレたためなのかは不明。

脱衣所を開けると…赤いぜ?手前は洗い場になっており、壁が鮮やかな赤色で塗られていて ちょっと落ち着きませんな(^-^; 

Dsc04841_400

洗い場を抜けると浴槽が見えます。柱と天井が鮮やかな赤で、壁はポップな感じのモザイクタイルです。 

Dsc04850_400Dsc04847_400

ここでもう一つ驚くのはコテコテの析出物です。湯口は湯の成分でコーティングされており、原型をとどめていません。そして浴槽内の側面や階段部分はアイボリー色の析出物でコーティングされています。炭カルでしょうかね。手摺りの湯面部分も成分が付着して太ってます。

Dsc04843_400Dsc04851_400

浴槽は6人程が入れる41℃で、無色澄明,ほぼ無臭で、微かに甘味のあるまろやかなお湯ですが、粉っぽい炭カル(石灰)系味が口に残ります。やや強いつるつる感(つるつる度:③)があり、鮮度も良好な気持ちの良いお湯です。
そして浴槽正面の壁にはトンネルがあり、その奥が洞窟風呂になっているわけです。 

Dsc04852_400Dsc04854_400

洞窟風呂の内部は浅めで ひざより下の水位です。少し歩くと扉があり、「これより先2m 混浴通路です。その先は再び女性専用の洞窟となります。」の看板があります。
扉を開けると別の洞窟風呂と交差しており、正面の壁には「女性洞窟入口 続きはこちら 2.5m先左」の看板があります。矢印の(右手)方向を見ると… 

Dsc04857_400Dsc04862_400

男湯へ向かう洞窟風呂のすぐ左側に扉が見えます。その扉には「これより先は女性専用です」の看板があるので、誰にも会わない内に中へ。
混浴エリアでは殿方と遭遇してしまうかも知れないので、大きめなタオルを持参した方が良いかもです。連れと混浴エリアで話ができるので 待ち合わせ時間の確認等ができ、便利っちゃ便利かも。

Dsc04863_400Dsc04869_400

洞窟の奥の方は蒸気がこもり、ミストサウナ状態での歩行湯となるため、汗が出る出る。良い運動になります。
洞窟壁の湯面下側にも析出物が結構な厚さで付着しており、これは定期的に削らないと 浴槽がどんどん小さく,浅くなっていくのではないでしょうか。
全長約29歩(約20mくらいかな?)で洞窟風呂の出口に着きましたヽ(´▽`)/ 

Dsc04883_400

こちらが洞窟出口側の浴室。柱と天井が鮮やかな赤に塗られ、両側の壁はポップな感じのモザイクタイル。入口側の浴室とあまり変わらないデザインですが、浴槽は12人程が入れる大きさでした。

Dsc04870_400Dsc04873_400

こちらも湯口や階段付近にコテコテと析出物が付着しています。 

Dsc04875_400Dsc04892_400

洗い場もオーバーフローしたお湯の成分によってコテコテにコーティングされ、棚田状の模様が付いていました。

こちらの浴室は正面の窓を開けるとベランダのようなスペースがあり、露天風呂が設置されています。

Dsc04895_400Dsc04885_400

海風に当たりながら、八代海や浮かんでいる小さな島々を眺めつつ 入浴を楽しめるのが贅沢です。白いバスタブはリゾート風を狙っているのかしら。和風の方が落ち着いていいかなあ。

Dsc04818_400

湯上り処として「磯館」の一部屋が開放されていますが、木造の老舗風情たっぷりで素敵です。海を眺めながらしっとりとした雰囲気で過ごすことができ、こんな部屋なら宿泊してみたいなあと思わせます。

Dsc04900_400Dsc04828_400_2

廊下の窓から見える浴槽が気になって館内図を見てみると、磯館の海側1階出口付近にあると判明したので、行ってみることに。閑散としたエントランスから外に出てみると… 

Dsc04823_400Dsc04821_400

わーいヽ(´▽`)/亀形の浴槽だー!露天風呂なのかしら?裏口とはいえ従業員の人とか普通に通るので、さすがにここには入れません!(笑) 

Dsc04822_400Dsc04829_400

細長い足湯もありましたが、お湯が止まっており温かったので入りませんでした。その他にも沢山の亀型石像がいらっしゃいました。 

Dsc04827_400

館内に戻ろうと建物の方に振りかえると、純和風の磯館の外観が目に飛び込んできました。木造5階建てで瓦葺屋根の所々に千鳥破風がぴょこぴょこあり、玄関の唐破風には松と鶴の兔の毛通しがあります。玄関破風の両端で唐獅子が逆立ちしているのがラブリーです。木鼻は雲型でしょうか。重厚な造りにビックリ!w(゚o゚)w

Dsc04901_400Dsc04902_400

広々ロビーの大きな窓からはワイドビューな景色が楽しめます。
そんなロビーには見るからに手造りの子供用の乗り物が置いてありました。最初はコックローチ型の乗り物かと思い ちょっと怯えましたが、よく見ると塗装が剥がれた亀の乗り物でした(笑)。

人吉温泉の湯巡り中に足を延ばして開店直後を狙って訪問しましたが、洞窟風呂もお湯質も建物も個性的で楽しめました。ちょっと無理してでも行って良かったです。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:大きめ老舗温泉旅館型 手掘り洞窟系コテコテ温泉。
ようござんす度:A(洞窟風呂でのミストサウナ歩行湯と、混浴エリアでの緊張感を楽しむ(?))

****  施設データ *************

湯の児温泉 山海館
住所:熊本県みなまた市浜4083
泉質:Na-炭酸水素塩・塩化物泉,52.3℃,pH:6.85,10.9×10^-10Ci/kg,成分総計:2.084g/kg
電話番号:0966-63-1092
営業時間:10:30~14:30
入浴料:\700

| | コメント (2)

人吉温泉 新温泉

人吉温泉 新温泉

Dsc04766_400 Dsc04768_400

熊本県の人吉温泉には公衆浴場がたくさんあり、\200~というお手頃な料金で入浴できます。こちらの公衆浴場は「新温泉」という名前ですが、昭和初期に建てられたという歴史を感じる木造の建物です。 

Dsc04765_400Dsc04916_400

戸口の上の男湯,女湯の扇形看板も開業当時のままなのかレトロです。
内装は良く手入れがされており、木製の番台や床はピカピカしています。

Dsc04948_400

鄙びた風情がありながら、どこか気品のある脱衣場。浴室とを区切るガラス窓も素敵! 

Dsc04922_400Dsc04942_400_2

すっごくレトロで重厚感のある体重計もまだ現役で使われています。ベビーベットは手造り感のある3連式で、過去のベビーブームの名残でしょうか? 

Dsc04928_400_2

浴室もまたシブい。2麺が障子風ガラス窓で明るく、床や浴槽は多分石材でできています。左右の角っこに1つずつ浴槽が配置されています。 

Dsc04935_400Dsc04936_400

向かって右側の浴槽は深め(約70㎝)で6人程が入れる主浴槽。湯温は40℃と温めですが、湯口からはお湯がトポトポと注がれ、かけ流しになっています。薄い紅茶色を帯びた透明,弱い温泉鉱物臭味でまろやかなコクのあるお湯です。
個人的には湯温が低めなためか、ガツンとした入浴感がなく ちょっと物足りない感はありますが、ぬるつる(つるつる度:②)した浴感が心地良く、じっくりと浸かることができます。
しっとりとした浴室の雰囲気が、以前入浴したことのある同じ人吉温泉の公衆浴場「鶴亀温泉」を思い出させます(あちらの風情も素晴らしいです)。 

Dsc04933_400Dsc04932_400

もう1つ,向かって左側の浴槽は浅く,お湯が半分くらいしか入っていませんでした。湯口ではなく、主浴槽から緑色のホースでサイフォンの原理を利用してお湯を移しているようです。よって湯温36℃でお湯の鮮度はあまり良くありません。寝湯状態の浅瀬なので、子供さん用でしょうか。
浴室の片隅には洗面台があり、こちらも鄙びた風情があります。 

Dsc04940_400Dsc04938_400

浴槽から脱衣所の方を見ると、木の窓枠が水色に塗られてちょっとハイカラな感じです。立派な湯気抜きが更に天井を高く感じさせます。 

Dsc04929_400Dsc04946_400

洗い場にはカランが2つありますが、位置が低い!ついつい浴槽のお湯をくみ上げて使用してしまいます。

脱衣場を改めて見てみれば、古いマッサージ椅子やレトロな手書き看板があり、昭和の古き良き時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。 

Dsc04925_400Dsc04951_400

窓際には縁側チックな小上がりスペースがあり、いい風が入ってくるので湯上がりの小休止に最適です。
窓から塀越しに見える「思いつきの店」の看板が気になります。後で調べてみたら、人吉でも人気の餃子専門店らしいです。今度人吉に行く時は是非行ってみたいと思います。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:老舗公衆浴場型 昭和へタイムスリップ系温泉
ようござんす度:A(優しいお湯と しっとりとした風情がたまらん。)

****  施設データ *************

人吉温泉 新温泉
住所:熊本県人吉市紺屋町80
泉質:アルカリ性単純温泉,42℃,50L/分
電話番号:0966-22-2020
営業時間:6:00~9:00,13:00~22:00 無休
入浴料:\300

| | コメント (0)

人吉温泉 堤温泉

人吉温泉 堤温泉

Dsc04712_400Dsc04719_400

熊本県の人吉温泉には公衆浴場がたくさんあり、\200~というお手頃な料金で入浴できます。こちらの堤温泉は早朝5時からやっているということで、1番風呂を目指し 早起きして5分前に到着!周囲は日の出前でまだ真っ暗でした。

そして建物内も真っ暗…。5時ちょうどに管理人さんが登場して鍵を開けてくれました。
電気は立ち上げてから電球が灯るまで時間がかかるらしく、準備万端で浴室に入っても まだ真っ暗だった…。番台→脱衣所→浴室と徐々に明るくなってきます。 

Dsc04738_400

やったーヽ(´▽`)/やっと明るくなった!!文明開化の時のような感動です(嘘です)。
階段を3段下りて浴室に入ります。 とても使い込まれた風情ある浴室でした。

Dsc04741_400_3Dsc04749_400

浴室の中央に浴槽があり、2つに区切られています。
向かって右側が4人程が入れる43.5℃の浴槽,左側は浅瀬の2人程が入れる43℃の浴槽になっています。 

Dsc04736_400Dsc04740_400

右側の大きい浴槽にはドバドバと大量にお湯が注がれ、かけ流しになっております。開店直後に管理人さんと一緒に入ってこの状態ということは、ずーっと夜中掛け流してたのかな~。小さい方の浴槽は隣の浴槽のオーバーフローが流れていってます。

ほぼ無色澄明,かすかに温泉鉱物臭味(たまご臭)&金気臭,つるつるした浴感(つるつる度②)はあり、特に大きな特徴があるお湯ではありませんが、鮮度が良いことと鄙びた浴室の風情が入り応えを増幅しています。 

Dsc04742_400_2Dsc04754_400

周囲が明るくなってから改めて脱衣場を眺めると激シブです。電気配線もレトロ。非常通報ボタンもあるので安心。 

Dsc04759_400Dsc04761_400

番台は脱衣場の外にありますが、帰る頃には管理人さんはいませんでした。無人の時は料金箱に料金を入れて利用するようです。
外観も鄙びレトロでイイ感じです。人吉温泉の地元に根付いた共同浴場でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:早朝営業公衆浴場型 激シブ系新鮮湯温泉
ようござんす度:A(湯の街のシブい公衆浴場。)

****  施設データ *************

人吉温泉 公衆浴場 堤温泉
住所:熊本県人吉市土手町40
泉質:アルカリ性単純温泉,49.9℃,180L/分
電話番号:0966-22-3207(繊月酒造)
営業時間:5:00~8:00,10:00~23:00 無休
入浴料:\200

| | コメント (0)

人吉温泉 いわい温泉

人吉温泉 いわい温泉

Dsc04771_400

熊本県の人吉温泉にある、比較的新しい外観の公衆浴場です。人吉温泉にある24時間利用できる公衆浴場のうちの1つです。
今回宿泊した「いわい温泉 さ蔵」の路地を挟んで向かいにあり、いわい温泉関連施設内では「本館」と呼ばれています。こちらに隣接する「ビジネスホテルひのき屋」や「さ蔵」の宿泊客は自由に入ることができます。

Dsc04701_400Dsc04698_400

外観は比較的新しいですが、内装はイイ感じに使い込まれて温泉銭湯らしい風格が感じられます。

Dsc04696_400

公衆浴場らしいコンパクトな浴室に、10人くらいが入れる大きさの42.5℃の浴槽が1つあります。ほぼ無色澄明,弱い温泉鉱物臭(たまご系)と極薄まろ塩味,硬い感じの味がするお湯でした。(右側の区切られた2人くらい用のスペースは”電気風呂”になってます。) 

Dsc04697_400Dsc04699_400    

湯口にはコップが置いてあるので飲泉可なのでしょうか。お湯がドボドボと注がれて かけ流しになっており、鮮度は良好で つるつる(つるつる度:②)した浴感が気持ち良い温泉でした。
露天風呂もあるようでしたが、こちらは夜10時までとなっているようで入れず。夜12時近くに訪問したにもかかわらず、お客さんがぽつりぽつりと来ていました。夜遅くに仕事を終えても温泉に入れる環境というのはうらやましいなあ(*゚ー゚*)。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:共同浴場型 コンビニエンス系温泉
ようござんす度:B (24時間営業の温泉銭湯)

****  施設データ *************

人吉温泉 いわい温泉
住所:熊本県人吉市西間下町一本杉143-3
泉質:Na‐炭酸水素塩・硫酸塩泉,48.0℃,pH:7.49,ラドン含有量:8.55×10^-10Ci/kg,成分総計:1.824g/kg
電話番号:0966-24-8385
営業時間:24時間
入浴料:\300   

 

Dsc04772_400

すぐ近くには同経営の家族湯もあるのですよ。お土産用焼酎「めいどの土産」も企画してえるし…多角経営ですなあ。

| | コメント (0)

人吉温泉 いわい温泉 ホテルさ蔵 ~ お風呂編

人吉温泉 いわい温泉 ホテルさ蔵 ~ お風呂編

Dsc04589_400_2Dsc04664_400

熊本県人吉市の人吉温泉にあるホテルです。宿泊施設ですが、立寄り入浴も積極的に受け入れているようで、券売機が設置してあります。

Dsc04651_400Dsc04652_400   

脱衣所も広々。掃除も行き届いています。深夜の通販番組チックな運動機器が置いてあり、ちょっと楽しい。 

Dsc04626_400

石やコンクリートを使用した浴室には 主浴槽の他に数種類の浴槽とサウナがあり、設備が充実しています。 

Dsc04649_400Dsc04628_400

主浴槽は15人程が入れる42℃の浴槽で、お湯がドボドボと注がれ かけ流しになっています。ほぼ無色澄明,弱い温泉鉱物臭(たまご臭),微かに硫黄・鉄系の鉱物味&微かなまろ塩味,つるつるとした浴感(つるつる度:②)があるお湯です。

Dsc04660_400Dsc04637_400

洗い場の裏側にある細長い浴槽は歩行湯になっています。深さは1m以上,幅も広めの浴槽で、全身に水の抵抗と浮力を感じながら歩けるのが楽しいです。(「身長120㎝以下の方の歩行浴はご遠慮下さい。」の注意書きがあり、小さなお子さんが誤って入って溺れないよう注意が必要です。) 

Dsc04638_400Dsc04627_400

歩行湯もかけ流し浴槽のようですが、大きさの割に源泉投入量が少ないので湯温は37.5℃。お湯の鮮度はあまり良くないですが、運動するのには丁度良い湯温なのかも知れません。

その他1人用の浴槽が3つ並びます。左の「電気風呂」はビリリが嫌いなので割愛。
中央のジャグジー風呂は湯温が44℃とやや熱め。ここのお湯は鮮度良好で、つるつるんと気持ち良い浴感でした。(右の浴槽は水風呂。) 

多分カランや脱衣場の洗面台のお湯も源泉を使用していると思います。

Dsc04641_400Dsc04648_400

外には露天風呂もあります。石臼の敷石の上を歩いて浴槽へ向かいます。石組みで6~7人が入れる大きさの40℃の浴槽で、湯口は打たせ状になっていてドボドボとお湯が注がれていました。
囲いや屋根があるので あまり開放的な露天風呂ではありませんが、ちょっと温めなお湯なのでゆっくり入れるかと思います。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:和風ビジネスホテル型 充実施設温泉
ようござんす度:B(サウナ,歩行湯,運動機器でダイエット?!)

****  施設データ *************

人吉温泉 いわい温泉ホテルさ蔵
住所:熊本県人吉市西間下町一本杉154-1
泉質:Na‐炭酸水素塩・硫酸塩泉,48.0℃,pH:7.49,ラドン含有量:8.55×10^-10Ci/kg,成分総計:1.824g/kg
電話番号:0966-24-8385
営業時間:7:00~23:00 無休
入浴料:\500    

| | コメント (0)

人吉温泉 いわい温泉 ホテルさ蔵 ~宿泊編

人吉温泉 いわい温泉 ホテルさ蔵 ~宿泊編

Dsc04589_400Dsc04591_400

熊本県人吉市の人吉温泉にあるホテルです。本日はこちらでの宿泊となります。
ビジネスホテルと聞いていましたが、エントランス等はオシャレ和風旅館の雰囲気です。
玄関入って正面に浴室があり、立寄り入浴用の券売機も置いてあります。

Dsc04665_400Dsc04667_400 

建物内も落ち着いた雰囲気で、ロビーもビジネスホテルっぽくない高級感があります。
お部屋は上階にあり、1階の奥にも小さなエレベーターはありますが、玄関脇の階段を使った方が便利です(いちいちロビー前を通らなくて済む^ ^)。

Dsc04621_400Dsc04618_400

エントランスでは甘い香りのお香が焚きしめられており、階段を通って2階まで匂いが漂っています。(甘ったるい和シナモン系で、ちょっと苦手な匂いでした。)まだ新しく綺麗な内装です。 

Dsc04588_400Dsc04592_400

Dsc04593_400

今回は洋室部屋で素泊まり宿泊しました。ビジネスホテル的な造りの部屋ですが、和箪笥風の家具が置かれているため ちょっと落ち着いた雰囲気があります。
個人的に柔らかいベットは腰痛になるため,洋室のホテルでは たいてい床に寝るのですが、備え付けのソファーが固くて寝心地で良かったです。

Dsc04603_400Dsc04594_400

お茶セットは保温ポットに紙コップ,小さなタッパウエアに入ったティーバックという簡易的なもの。個人的には"リセッシュ"が置いてあったのが嬉しかったかな。
和箪笥の2段目には浴衣,バスタオル,歯ブラシ等が準備してありました。 

Dsc04613_400

そして窓の外の景色が最高です!部屋付きのかけ流し温泉が見えますヽ(´▽`)/ 

Dsc04597_400Dsc04598_400_2

Dsc04601_400

ちょっと奮発して、露天風呂付きのお部屋にしてみたのでした。でも温泉露天風呂付きで\6450/人はちょっとお得感があります。好きな時に好きなだけ温泉に入れるという訳です。
木製で1人用の小ぢんまりとした浴槽で鮮度の良い温泉を独り占めできます。
浴槽に入るとお湯が溢れてベランダが水浸しになるので防水系の草履が用意されています。湯桶もちゃんとケロリン桶です。

生憎の雨でしたが、広々ベランダには屋根が付いているので無問題。

Dsc04610_400Dsc04793_400

止まり木フクロウ型の湯口からお湯が注がれ、静々とかけ流しになっています。源泉投入量はそれほど多くはありませんが、湯舟の大きさから考えると充分な量です。 

Dsc04605_400Dsc04796_400

椅子とテーブルが設置されているので、入浴中の小休憩や優雅なティータイムに便利。ただし陶器製なので座るとおケツが冷たい!タオルを敷いて座った方がいいみたい。

43℃の適温で、無色澄明,温泉鉱物臭味,つるつる浴感のあるお湯です。シルキーな気泡が結構たくさん付着して更につるぬる感がUPします(つるつる度:2.5)。 

Dsc04809_400

上置き系の浴槽ですが、洗い場が1段高くして設置されているため比較的入りやすいです。シャワーやシャンプー&ソープが設置されているため、こちらで体を洗うことも可能ですが、大浴場や本館の風呂で洗った方が落ち着くかな?

街中にあり,囲いがあるので景観を楽しむタイプの露天風呂ではありませんが、外の風に当たりながら ゆったりと入浴を楽しむことができます♪晴れていれば星空を見ながらの入浴が楽しめたかも知れませんね。

人吉温泉 いわい温泉ホテルさ蔵
住所:熊本県人吉市西間下町一本杉154-1
電話番号:0966-24-8385
宿泊料:1泊素泊り 2名1室 露天風呂付き洋室 \6450/人 (露天風呂なしの部屋は \5450/人)

 

【めいどの土産】

Dsc04663_400Dsc04669_400

大浴場の脱衣場に、温泉にはおよそ似つかわしくない”萌え系”のポスターが貼ってありました。『めいどの土産』、何の事でしょう?

よく読んでみると球磨焼酎の商品名のようです。こちらのお土産売り場に置いてあるとのことで早速見に行きました。 

Dsc04670_400Dsc05820_400

ありました!めいどの土産が!! アキバ系の萌えメイドさんのイラストに「球磨人吉からどこまでも… お供いたします、ご主人様♡と書かれたパッケージが秀逸。迷うことなく即購入しました。実は球磨焼酎好きなんです。

Dsc05823_400元の焼酎は深野酒造の米焼酎(「彩葉」であるとの情報あり)。商品企画は(有)いわい…って、いわい温泉(ココ!)で企画された焼酎やん!w(゚o゚)w      

アルコール分25度,105mlの小ビン3本入りで\1050。
家に帰ってロックでちびりちびりといただきました。微かな丸みと甘味がありつつ爽やか。クセがないのでどんな料理にも合うでしょう。

3本入りなので1本を味見で頂き,残り2本を同僚へのお土産に使用しました。ビジュアル良好で お値段も手頃なので、お土産に最適かと思います。

| | コメント (4)

人吉温泉 人吉旅館

人吉温泉 人吉旅館

Dsc04553_400Dsc04555_400

熊本県人吉市にある 昭和9年創業の老舗温泉旅館です。外観は比較的新しく改装された純和風旅館の佇まいですが、エントランス・ロビーに入ると ナニ!館内を漂うこの高級感!Σ(゚д゚;) 天井の曲がり梁も見事。

Dsc04556_400Dsc04560_400

受付を済ませて回廊状の廊下を進みます。古い建物ですが良く手入れされてピカピカです。渡り廊下の先に浴室があります。

Dsc04579_400Dsc04557_400 

中庭は綺麗に整えられ、何とも言えない風情があります。採光窓の拵えも素敵です。 

Dsc04561_400Dsc04564_400

男女別の浴室は高級感というよりは鄙びた庶民的な風情があります。脱衣所は広々としていて清潔です。

Dsc04566_400Dsc04575_400

冷水ポットがあるので入浴前後の水分補給はお忘れなく。
洗面台には1カ所だけ源泉が出る蛇口も設置されていました。

Dsc04574_400

浴室には10人程が入れる41.5℃の浴槽が1つあります。微かに黄色を帯びた透明,仄かに硫黄系鉱物臭味,つるりとした薄まろ塩味+コク出汁味があり、やや強いつるぬる浴感(つるつる度:③)があります。
おそらく洗い場のカランも源泉使用と思われます。

Dsc04570_400Dsc04572_400

お湯がドボドボと注がれ、イイ感じのかけ流しになっていました。湯口上にはコップが置いてあり飲泉可のようで、飲むとクセがなく まろやかで美味しいです。
浴槽内,湯尻は茶色に染まっており、視覚でも湯の成分の存在を感じることができます。

浴槽が1つだけのシンプルな造りですが、質の良い新鮮なお湯を楽しむことができました。

Dsc04583_400Dsc04580_400

御涼処で一寸休憩しましたが、これまたシャレオツな雰囲気です。窓からは爽やかな風がイイ感じに入ってきて、優雅な気分で湯涼みタイムを過ごしました。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:老舗温泉旅館型 新鮮つるつる温泉
ようござんす度:A(老舗の風格ある建物。温泉は(良い意味で)シンプル。)

****  施設データ *************

人吉温泉 人吉旅館
住所:熊本県人吉市上青井町160
源泉名:―
泉質:Na‐炭酸水素・塩化物泉,54.6℃,pH:7.96,ラドン含有量:2.16×10^-10Ci/kg,成分総計:2.247g/kg
電話番号:0966-22-3141
営業時間:11:00~21:00
入浴料:\500

| | コメント (0)

屋台村温泉 湯の屋台村

屋台村温泉 湯の屋台村

Dsc04505_400Dsc04506_400

 

 
熊本県合志市の県道37号線沿いにある,外観が超B級の入浴施設です。4年前のGWに この周辺の温泉巡りをした際 訪問しましたが、臨時休業だったという悲しい思ひ出があります。今回はそのリベンジ戦となっています。 

エセ四重塔の建物は立寄り入浴施設,その隣には家族風呂もあります。 

Dsc04512_400Dsc04547_400

併設した食堂?「味の屋台村」の店内からも温泉へ行けるとのことで、食事が終わった後、店の最奥にある「温泉入口」と書かれた引き戸を開けて中へ入ります。
畳敷きの部屋にはテーブルやストーブが置いてあり、休憩所になっているようです。 

Dsc04549_400Dsc04532_400

男女別の暖簾の向こうに温泉があります。女湯の前には扉代わりの衝立が置いてあるので、それをずらしながら入ります。
ベニア板張りで手造り感満載のB級な脱衣場がそそります。 

Dsc04536_400Dsc04543_400_2

Dsc04545_400

浴室は思いの外,立派な浴槽がデーンとあります。20人程が入れる浴槽で、お湯がドボドボとかけ流しになっていました。浴槽が縦長なので湯口付近は42℃,湯尻付近は40℃と温度にグラデーションが付いているので、好みの位置で入浴します。

お湯は薄ーい茶色を帯びた透明,鉄臭味,つるつる重曹薬味+後味に薄ーい塩味があります。湯口にコップがあるので飲泉も可のようです。(併設の食堂では、水代わりに冷やした源泉が供されますが、冷やすと後味の薄ーい塩味だけが残るようです。)
鮮度は悪くなく,若干の気泡が肌に付着します。やや強いつるつる感(つるつる度:③)があり、上々なお湯だと思います。 

Dsc04542_400Dsc04546_400

洗い場と浴槽を区切る壁には何故かお皿がたくさん埋めこまれているのが面白いです。壁の上(厚み)の部分にも小皿が埋めこまれており、洗い場で使用する石鹸を置くのに便利そうです。
この研ぎ澄まされたB級感は好きな人にはたまらんでしょう。近くに行った際にはまた立寄りたい入浴施設でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:食堂?併設入浴施設型 B級感満載温泉
ようござんす度:A(設備はB級,お湯質はA級。)

****  施設データ *************

屋台村温泉 湯の屋台村
住所:熊本県合志市野々島502-1
源泉名:―
泉質:Na-炭酸水素塩泉,成分総計:2.483g/kg
電話番号:096-242-6833
営業時間:9:30~20:00 (家族風呂:~19:00) 月1不定休
入浴料:\200 (家族風呂:\1000/1hr)

| | コメント (0)

阿蘇坊中温泉 夢の湯

阿蘇坊中温泉 夢の湯

Dsc04476_400Dsc04477_400

熊本県のJR阿蘇駅の程近くに、趣きのある外観の日帰り入浴施設「夢の湯」があります。
木材を多用した内装は天井が高く,床はピカピカ☆ 和モダンな雰囲気です。

Dsc04479_400Dsc04492_400

テーブルセットやソファーが置いてある広々としたロビーの奥には 小上がり畳敷きの休憩室もあります。
大窓の外にはウッドデッキがあり、こちらでも休憩できます。 

Dsc04481_400_2Dsc04488_400   

男女別の浴室も天井が高く,広々としています。
25人程が入れる41℃の浴槽が1つあり,一部(ジャグジー部分)循環しています。
薄淡黄土色微濁,微かな塩素臭&温泉鉱物臭,次亜塩素酸系の酸味が感知できます。
浴槽の大きさの割に源泉投入量が少ないことと連休中でお客さんが多かったためか,お湯の鮮度はあまり良くありませんでした。

Dsc04483_400
 

露天風呂は屋根付きの岩風呂で、囲いはありますが周囲には木々が植えられていて清々しい。
12人程は入れる大きさで,湯温41℃の浴槽。一部が浅瀬になっているので、半身浴しながらゆっくりと入浴が楽しめます。

Dsc04485_400Dsc04486_400

湯口からはお湯がドポっと注がれかけ流しになっています。湯口のお湯は薄ーい炭酸鉄臭味があり、浴槽周りや湯口には析出物で赤茶にコーティングされています。つるすべっとした浴感があり、内湯よりもお湯の鮮度が良かったです。 

温泉浴槽の他にサウナや水風呂もあります。設備が整った雰囲気が良い施設をお手頃な料金で楽しめるので、万人受けする温泉だと思います。

Dsc04494_400Dsc04493_400

玄関前には屋根付きの立派な足湯があり、自転車で通りかかった人や観光客が足湯を楽しんでいました。 同じ敷地内には家族湯もあり、もしかしたら こちらの方が鮮度の良いお湯が楽しめるかもしれませんね。 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:立寄り入浴施設型 和モダン快適温泉
ようござんす度:B(お湯の素性が良さそうなピカピカ施設。)

****  施設データ *************

阿蘇坊中温泉 夢の湯
住所:熊本県阿蘇市黒川1538-3
源泉名:―
泉質:Na・Mg-硫酸塩・炭酸水素塩泉,51.5℃,成分総計:2.185g/kg
電話番号:0967-35-5777 (家族湯:0967-34-0317(国民宿舎 阿蘇)
営業時間:11:00~22:00 (家族湯:14:00~22:00) 第1・3月休 (家族湯:無休)
入浴料:\400 (家族風呂:\1000/1hr)

| | コメント (0)