鳥栖温泉 山ぼうし

鳥栖温泉 山ぼうし

100_6319_512

100_6342_512

  

  

  

  

  
  
 
鳥栖市街に程近い,河内町の山間に隠れるようにしてある、家族湯メインの日帰り入浴施設です。
大きな囲炉裏端がある受付棟に入浴を申し込み、料金を支払います。家族湯は離れ形式で,広い敷地内に焼板張りの湯小屋が点在しています。日本の古き良き田舎の集落のような風情が素敵です。今回は受付棟に程近い「尾花」の湯小屋を利用させて頂きました。

【尾花】

100_6338_512_2Dscf4601_512100_6335_512_2    

  

  

  

  

  
  
小屋の内部に入ると、ゆったりとした脱衣スペースがあり、外観と同様,内装も木造の落着いた雰囲気です。
給湯はコインタイマー式で、受付棟で渡されたコインを入れると お湯が出てくるシステムになっています。入浴時間は50分間で、5分前になるとインターホンで知らせてくれます。

100_6321_512Dscf4607_512 

   

  

  

  

  

浴室の扉を開けると これまた純和風で、高い天井には 曲がり梁まであります。壁2面にある格子窓から柔らかな光りが入り、その近くに 2人程入れる大きさの檜風呂がありました。
浴槽は最初は空で、1回毎のお湯入替え方式になっています。お湯が浴槽に溜まるまで(約5分間)はドバドバと豪快に源泉が注がれます。

100_6323_512Dscf4618_512 

  

  

  

 
  
お湯が溜まると 湯口から出る量は絞られますが、お湯は30分間投入され続け、充分な量の掛け流し風呂になっています。
無色澄明,ほぼ無味無臭で、あまり特徴のないお湯ですが、つやつやとした鮮度の良い温泉を楽しめました。
湯口の隣にある蛇口からは 冷鉱泉の源泉が出てくるので、加水しても成分が薄まらないのも良いですね。
窓を開け、風に当たりながら 山や草木を眺めて入浴していると、ちょっとした半露天の気分を味わえます。普段は慌しく湯巡りをしているので、たまには 落着いた雰囲気で ゆったりお湯を楽しむのも良いですな。

Dscf4608_512100_6343_512大浴場から切り取ってきたかのような(笑) 洗い場が1つ備え付けてあります。 
屋外には飲泉所もあり、クセのない冷たい鉱泉水を飲むことができます。
家族風呂の中に1ヵ所だけ 洞窟風呂もあるらしいので、次回訪問時は是非チャレンジしたいです。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪ 
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:離れ家族湯型 鮮度良好系 温泉
 ようござんす度:A(日本の田舎風情のある,落着いた家族湯。)

****  施設データ ************* 

鳥栖温泉 山ぼうし
住所:佐賀県鳥栖市河内町2867
源泉名:鳥栖温泉 鳥栖河内源泉
泉質:単純弱放射能冷鉱泉,19.0℃,pH:7.80,51.9×10-10Ci/kg,成分総計:0.224g/kg,湧出量:350L/分
電話番号:0942-85-1443
営業時間:平日11:00~23:00,土日祝10:00~22:00
料金:貸切内湯(9棟)50分\1500/1室(3名以上は追加料金\500/人),貸切露天(2棟・土日祝のみ)50分\2500/1室

| | コメント (0)

古湯温泉 扇屋旅館

古湯温泉 扇屋旅館

100_6306_512100_6309_512 

 

 

 

 
 
 

古湯温泉にある中規模の温泉旅館です。外観は新しい建物ですが 創業明治初期という老舗で、歌人・斎藤茂吉が療養した離れの部屋は健在とのことです。日帰り入浴をお願いすると快諾して頂きました。渡り廊下を歩いて温泉棟へ向かいます。

【女湯】

100_6313_512 浴室はタイル造りのシンプルなもので、浴槽は2つに区切られています。
手前側の浴槽は2~3人が入れるくらいの大きさで42℃。奥側は7~8人くらいの大きさで36℃。
2つある湯口は 両方とも小さい方の浴槽に注がれ、そのオーバーフローの一部が大きい方の浴槽に注がれています。 

 

Dscf4574_512Dscf4576_512 

 

  

  

 
  
「子供が乗る鯉」の湯口です。得意げで嬉しそうな子供の表情に対して、鯉は瀕死の状態で かなり苦しそうです。熊本・日奈久温泉,旅館幸ヶ丘の男湯にある湯口と同系ですね。こちらの湯口からは38℃の源泉が注がれていました。

Dscf4577_512Dscf4580_512    

  

  

  

 
  
  
もう1つ「リスが乗る木の洞」の湯口があります。こちらの湯口からは50℃以上の熱湯が注がれているので注意が必要です。浴槽内に吸込み口がありますが、きちんと かけ流しされているようです。
無色澄明,ほぼ無臭,重曹薬味がするお湯は鮮度が良好で、pH9.5レベルとしては弱いですが、つるすべ感が楽しむことができます。湯温が低く,柔らかいお湯なので、体に負担がかからず、ゆっくりお湯を堪能しました。

【男湯】

100_6316_512Dscf4597_512 

  

  

  

 
  
誰もいなかったので見学させて頂きました。女湯と左右対称の浴室ですが、窓には目隠しの簾がないので、渓流を眺めながらの入浴が楽しめます。
こちらも高温湯口にはリスが乗っていました。 

Dscf4600_512Dscf4598_512 

 

 

 

 
  
  
男湯の源泉湯口は、裸婦像が持つ壷からお湯が注がれていました。

100_6318_512渡り廊下から少し外れた場所に、屋根付きの休憩スペースがあります。湯上りに 風に当たりながら嘉瀬川を眺め、のんびりとした時間の流れを楽しみました。

古湯といえば 足元湧出の「鶴霊泉」も神秘的な雰囲気で素晴らしかったですが、リラックスしてお湯を楽しめるのは,気取らずに入れる こんな浴室なのかも知れません。

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪ 
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:中規模旅館型 のんびり系 温泉
 ようござんす度:B(川のせせらぎを聞きながら、温湯でのんびり。)

****  施設データ ************* 

古湯温泉 扇屋旅館
住所:佐賀県佐賀市富士町古湯873
源泉名:富士町第四源泉 (徐福泉)
泉質:アルカリ性単純温泉,40.0℃,pH:9.41,成分総計:0.202g/kg
電話番号:0952-58-2121
営業時間:11:00~20:00
料金:\700(貸バスタオル,貸タオル付)

| | コメント (0)