大谷温泉

大谷温泉

Dsc05695_400

鹿児島県の志布志市(旧松山町)の山間にある入浴施設です。玄関に「大谷温泉」の文字がなければ、外観は ほぼ古びた民家です。

Dsc05697_400Dsc05702_400

でも館内は結構広く,ちゃんとした温泉施設っぽいです。おばあちゃまが現れたので、入浴をお願いすると快諾。浴室まで案内してくれました。
脱衣場も広々!ソファーまで置いてあります。

Dsc05699_400Dsc05700_400

そのまま浴室に入った おばあちゃまが何やらバタバタと支度し,浴槽の蓋を開けてお湯をチェックしています。

Dsc05704_400Dsc05706_400

「どうぞごゆっくり」と言われて浴室に入ると、片隅に設置された小さな浴槽1つあります。
洗い場には おばあちゃまが準備してくれたベビーバスが。中には掛け湯が入っている様子。 

Dsc05711_400Dsc05712_400

コンクリート製の縁が高い浴槽は1人用の硯型。浅い箇所に腰を掛け、座り湯のようにして浸かります。
足元の敷板が動き、五右衛門風呂仕様になっていることがわかります。
湯面は浴槽の7分目くらいしか入っていませんが、浴槽に入れば丁度良くなります。湧出量が少ないため、鉱泉は大切に使用されています。

極微白濁?で硫酸塩系かしら?清涼味,甘薬味が微かにあり、キシキシした浴感があります。
湯温は44℃とやや熱めだったので、湯口の蛇口を開けて鉱泉を少々足しました。あまり入れ過ぎると温くなってしまうので注意が必要です。湯口近くにはコップがあり、飲泉も可能なようです。

Dsc05717_400Dsc05715_400

窓外の棚には名前が記入された風呂道具が並んでいました。常連さん用でしょうか。
軒下には薪が沢山積んであり、これを焚いて加熱しているようです。
すると近くにいた女の方(おばちゃまの娘さん?)が、「湯加減はいかがですか?」と声をかけて下さったので、「良い塩梅です。」と答え,ついでに「こちらのお湯は飲泉しても大丈夫ですか?」と訊ねると、「飲むと胃腸に良いんですよ。」と教えて頂いた。
牛の胃潰瘍にも効くと獣医学の先生からもお墨付きを頂いたそうです。Σ(・ω・ノ)ノ!スゴイな
鹿児島県で一番小さな浴槽の温泉ということで、取材の人が来たこともあるそうです。Σ(・ω・ノ)ノ!それもスゴイな

浴槽の大きさの関係で 貸切使用できる上,一人用の浴槽も収まりが良く、結構落ち着つける入浴施設です。お湯質云々はあまり問題ではなく、是非この風情のまま在り続けて欲しい温泉でした。

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:山間の鄙び入浴施設型 五右衛門風呂系温泉
ようござんす度:B (落ち着く風情。落ち着く浴槽。)

****  施設データ *************

大谷温泉
住所:鹿児島県志布志市尾野見542-9
成分表掲示なし
電話番号:0994-87-8722
営業時間:4~9月:8:00~18:00,10~3月:8:00~17:00 水曜休
入浴料:\350,シャンプー代(洗髪代?) \50

| | コメント (0)

松山温泉

松山温泉

Dsc05671_400Dsc05673_400 

鹿児島県志布志市(旧松山町)にある温泉です。県道110号線の案内看板に従って道を進むと、何故か人気のない林道に導かれ、この道で大丈夫かな?とドキドキし始めた頃合いで…

Dsc05674_400_2Dsc05676_400

突如建物が出現します。館内はちょっと安そうな建材を使用していますが、比較的新しめの建物ですね。
こちらの源泉は明治30年頃に発見され、マムシや蜂の毒消し,とげ抜きの湯として使用されていたという、結構な歴史のある温泉とのこと。 

Dsc05678_400Dsc05680_400

受付は無人でしたが、先客達に倣い料金皿にお金を置いて浴室へ向かいます。棚には干し椎茸や小麦粉,黒酢や米酢,はちみつ等が並べられ 販売しているようですが、周辺の名物なのかな? 

Dsc05679_400Dsc05693_400

壁にマジックで何か直書きしてありますよ。ナニナニ?「大根10K 塩600g 1週間漬ける す400cc 砂ト1K400g…」って何かのレシピメモ?「小麦粉200g 米200g サト200g カライモ1K…」何もここに書かなくても(笑)

脱衣場は広々として清潔。窓際に長ーいベンチがあるのも便利です。 

Dsc05692_400Dsc05683_400

タイル製の鄙びた浴室の中央に縁の高い長方形の浴槽が設置してあります。
山中という立地のため、窓外の緑を眺めながらの入浴となります。

湯温が低く加温しているため、浴槽には発泡スチロール製の蓋がしてあります。すぐ後から来た常連さんが蓋を半分だけずらして、お湯を足していました。溜め湯だけど足し放題浴槽なの!?

Dsc05686_400Dsc05685_400 

5~6人程が入れる浴槽は39.5℃とやや温め。無色澄明の綺麗なお湯で ほぼ無臭,石膏味があるお湯は、加熱湯だけあって鮮度はそれほどではありませんが、柔らかく,キシキシした浴感があります。
  

Dsc05689_400_2

「温いけどよくあたたまるんだよ。」という常連さんの言葉通り、浸かってちょっとしたら汗がダラダラ出てくる不思議湯でした。 

浴室にはお願いとして「湯量がたくさん出ません。貴重な水ですので…中略…こぼれ出したら蛇口をほそめて下さい。」とかけ流し自粛令が出されていました。
サービスで温泉水はペットボトル二本まで持ち帰れるようです。湯口の上にもコップが置いてあり、飲むと胃腸に良いそうです。

町の喧騒から離れ、緑に囲まれた風情ある浴室で過ごす昼下がりもオツなものです。

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:山中の鄙び入浴施設型 温いポカポカ温泉
ようござんす度:B (おとなしいお湯,ちょっと割高感あり。)

****  施設データ *************

松山温泉
住所:鹿児島県志布志市新橋2091-3
成分表掲示なし 単純温泉
電話番号:0994-87-2196
営業時間:10:00~20:00 不定休
入浴料:\400      

| | コメント (0)

海潟温泉 江之島温泉

海潟温泉 江之島温泉

Dsc05587_400Dsc05622_400

鹿児島県の垂水市へ移動する車内にて、振動波を感じて窓の外を見てみると…桜島が噴火しておるΣ(゚□゚*)。
その後、桜島はずーっと噴煙を出し続けており、嫌な予感がします。その風下方面に我々の目的地があるような…。

Dsc05625_400_2Dsc05627_400

目の前をスジ状の火山灰が横断しているよ(;ω;) 目的地の看板が見えてきましたよ。 

Dsc05630_400Dsc05632_400

建物裏の駐車場に車を停めると、海越しに桜島と,こちらへ向かってくる噴煙が見えました。うわっ粉っぽくて 目がチカチカする。あわてて建物の方へ避難開始です。

Dsc05636_400Dsc05638_400

 
こちらが垂水市にある公衆浴場「江之島温泉」です。
前回の鹿児島湯巡り旅の際,わざわざ遠回りをして立寄ったのに臨時休業で、打ちひしがれた記憶がある入浴施設でしたが、今回やっとリベンジに成功しました。
建物内には番台がありますが、不在の場合は母屋に支払いに行くか料金皿の上に置いておくシステムになっているようです。
呼出ボタンが設置してあり、「お釣り,ジュースなどご用命の際は押してください。」とのことでした。

Dsc05639_400Dsc05651_400

脱衣場は使い込まれた感じはありますが、広くて明るくて清潔です。

Dsc05660_400Dsc05666_400

浴室に入ると、中央には2つに区切られている長方形の浴槽があります。
湯口がある奥側は4人程が入れる45℃の浴槽で、手前側は そのオーバーフローが注がれる42℃の浴槽になっていました。

Dsc05662_400Dsc05656_400

パイプ管むきだしのハンマーヘッド型湯口からは ドバドバとお湯が注がれ、浴槽縁から溢れて流れ去っていきます。
ほぼ無色澄明で小さな白色膜状浮遊物が多く舞っていました。卵臭味コク旨で、つるるきゅっとした浴感,つややかで新鮮なお湯を堪能いたしました。

Dsc05658_400Dsc05661_400

「天井がお粗末な状態で申し訳ありません。対策を検討中ですのでしばらくの間、我慢して頂きますようお願いします。」の貼り紙があり、ん?と天井を見てみると確かに一部剥がれています。
今のところ実用上は無問題ですが、老朽化が進んでいるようです。
浴室の隅にある、湯桶やイスを置く台がレトロカワイイなあ。

洗い場の湯カランからも源泉が出てきます。
後から来た常連さん達が、大タライにお湯と シャワーの水を溜め始め、「これで髪を洗いなさい。」とヨソ者の私に勧めてくれました。この後まだ他の温泉に入るので、ここで髪を洗う予定ではなかったのですが、有り難く頂戴しました。(;ω;)ヤサシイ

桜島の噴煙を浴びた常連さんたちが続々いらっしゃって、髪を洗っておりました。皆さんの脱衣籠の上には つばの大きな帽子が置いてあります。この時季特有の風向きで降灰することが多いらしく、帽子は必需品のようです。 

Dsc05647_400Dsc05670_400

「お手洗い ご自由にご利用ください」と案内図があったので、それに従って行ってみると古い立派な一般宅(母屋)の中にあるようです。玄関で一声をかけて上がりましたが、近年タブー化しつつある”出先の見知らぬ家でトイレを借りる”的な感じで、古き良き時代にタイムスリップしたような気分になりました。

脱衣場に「五月中旬ころより新しい温泉掘削工事を予定しております。」のお知らせが貼られてありました(訪問時:5月初旬)。いいお湯が出るといいですね♪ 鄙びた風情もそのままで 在り続けて欲しい公衆浴場でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:海沿い公衆浴場型 鄙びきれい系つるつる温泉
ようござんす度:A(お湯良し,人良し,風情良し。)

****  施設データ *************

海潟温泉 江之島温泉
住所:鹿児島県垂水市海潟541-1
源泉名:12号(4%)・13号(87%),8号(9%) (3種混合温泉)
泉質:アルカリ性単純温泉,46.8℃,pH:9.4,ラドン含有量:2.6×10^-10Ci/kg,成分総計:0.5101g/kg
電話番号:0994-32-0765
営業時間:8:30~21:00 不定休
入浴料:\200      

| | コメント (0)

妙見温泉 妙見館 ~お風呂編

妙見温泉 妙見館 ~お風呂編

Dsc05487_400_2

鹿児島県の妙見温泉にある湯治宿,妙見館です。今回は宿泊しましたが、\300で立寄り入浴も可能です。

【打たせ湯(ひょうたん風呂)】 

Dsc05539_400Dsc05533_400

2階(玄関と同じ階)にある男女別の浴室です。脱衣場は使い込まれて古びた感じです。 

Dsc05524_400Dsc05523_400

浴室に入ると、お湯を注ぐドッパドッパという音が響いています。 

Dsc05528_400Dsc05525_400

赤茶に染まった湯口からは大量のお湯が滝のように注がれており、その迫力とは裏腹に湯口の上には毬と戯れる猫の石像が飾られているのがイイ味を出しています。 

Dsc05521_400Dsc05530_400

主浴槽の湯尻から溢れ出るお湯の量は半端ではありません。オーバーフローのお湯は床全体を洗い流し、床にはコテコテ棚田状の茶褐色析出物が大量に付着していました。

主浴槽は20人程が入れる42℃の浴槽で、緑褐色半濁,しっかり金気臭味,弱炭酸シュワ酸味,石膏味,土類風味があり、肌に吸いつくようなキシキシ浴感があります。
お湯の鮮度がかなり良く、湯温は42℃と温めにも拘らず汗がダラダラ出てきて、よく温まるお湯です。

Dsc05532_400

ケロリン桶にもかなり湯の成分がこびり付いていました。
窓近くにある小さな浴槽は水風呂で、窓の外には打たせ湯が1本あります。

宿泊客は24時間入浴可能なのも嬉しい限りです。滞在中は”ちょっと体が冷えてきたら ざぶっと入る”を何度も繰返して湯治気分を満喫しました。
 

【元湯(ひのき風呂)】 

Dsc05538_400Dsc05540_400

1階にも男女別の浴室があります。 

Dsc05558_400Dsc05542_400_2

ちょっと無機質で古び風な脱衣場ですが、掃除は行き届いていました。 

Dsc05573_400

浴室には木製の浴槽が2つあり、洗い場の床にも木板が張られてあります。 
元々タイル製だった浴室をムリヤリ和風にしたような中途半端な造りが、逆に安っぽく見えてしまうのがちょっと残念なような。
湯気抜きが結構大きい上,正面の大窓が開いていたので、浴室内がちょっと寒く感じました。

Dsc05546_400Dsc05547_400

手前側は膝丈の浅い寝湯仕様で、4人程が入れる42℃の浴槽。主浴槽のオーバーフローが注がれ、湯尻からは大量のお湯が溢れ出ています。
奥の主浴槽は8人程が入れる42℃の浴槽で、微かに緑褐色を帯びた微濁のお湯。臭味は「ひょうたん風呂」とあまり違いはありませんが、鮮度,風味,入り応えはやや劣る感があります。 

Dsc05551_400Dsc05576_400

主浴槽の湯口からはお湯がドボドと注がれていますが、全体的にあっさりとして おとなしい印象です。湯口や洗い場の床にはほとんど析出物が見られません。

でも窓の外の風景が良いです。天降川の流れを間近に眺めながらの入浴は心癒される気分になります。窓際で猫さんが日向ぼっこしていたり、川で水鳥たちがピョコピョコ泳いでいたりして のどかです。
ついつい釣り糸でも垂れたくなりますが、対岸からが丸見え系なので注意が必要ですね。大きめなタオルを準備して、知らずに入ってきた後客のために窓は開け過ぎないように配慮が必要かと思います。 
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:鄙びた湯治宿型 源泉ドッパドッパ系温泉
ようござんす度:A(腰痛に効く名湯で湯治気分を味わう。)

****  施設データ *************

妙見温泉 妙見館
住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4235
源泉名:妙見温泉12号
泉質:Na・Ca・Mg-炭酸水素塩温泉,52.4℃,pH:6.5,ラドン含有量:1.2×10^-10Ci/kg,成分総計:2.464g/kg
電話番号:0995-77-2211
営業時間:8:00~21:00くらい
入浴料:\300

| | コメント (0)

妙見温泉 妙見館 ~宿泊編

妙見温泉 妙見館 ~宿泊編

Dsc05484_400Dsc05487_400

鹿児島県霧島市牧園町にある有名な温泉地です。1泊\50000以上の部屋がある高級旅館から、1泊\2000代の湯治宿まで守備範囲が広いのも特徴です。

今回宿泊したのは「妙見館」。「薩摩隼人・妙見ホテル」の姉妹館で、湯治専門宿です。
建物屋上の駐車場が便利なのですが、満車だったため 国道223号線沿いの駐車場に停めて 立派な橋を渡って宿へ向かいました。以前はこの橋のたもとに飲泉所があったのですが、撤去されていたのが残念。

Dsc05488_400_2Dsc05489_400_2

天降川の上に架かる橋の上からは自然に囲まれた温泉街の様子がわかります。妙見館1階の客室からは釣り糸を垂らしているお客さんもおり、ゆったりと時間が流れているのを感じます。

Dsc05490_400Dsc05578_400

橋を渡り切る手前にある看板に従って階段を下りると「妙見館」入り口があります。
小ぢんまりとしたエントランスの正面には受付があり、イイ感じにマイペースなスタッフ(ご主人?)が対応してくれました。

Dsc05493_400Dsc05494_400

その後女性スタッフが部屋まで案内してくれましたが、連休中のためお客さんがいつもより多いようで、大忙しといった感じにバタバタと走り回ってました。活気のある湯治宿というのも よござんすね。
靴は各部屋の前にある靴箱に保管します。近くの裏口(屋上駐車場)から好きな時に出入りできるので自由度が高く、この適度な放置感が湯治宿の良いところです。

Dsc05491_400Dsc05492_400

今回宿泊したのは35号室。和室6畳+クローゼットスペース半畳と手狭な感じですが、1泊素泊りで\2000~という格安な価格設定であるため贅沢を言ってはいけません。でも窓から川が望めないのが残念っちゃ残念。

部屋にはテーブル,灰皿,カラーボックスのみの超シンプルな設備があるのみです。 

Dsc05505_400Dsc05501_400

宿帳と一緒にお茶セットと保温ポットを持ってきてくれました。
湯治部屋は布団,TV等はオプションで別料金になっています。部屋代(\2000/人)に布団代(\700/1組1泊),TV代(\300/1台1泊),エアコン代(\500/1台1泊) 等をプラスしていくわけです。
もちろんトイレ,洗面,お風呂は共用になっています。布団はチェックイン時にお願いすると 夕方頃に宿のスタッフが運んで来てくれました。 

Dsc05502_400Dsc05496_400

炊事場完備で、こちらは自由に使用できます。鍋関係はあり,調理器具もある程度は備えてありますが、充実しているとは言い難いので、最小限の調理器具,お皿,調味料関係は持参した方が安心だと思います。
炊事場と廊下に共用の冷蔵庫もあるので、食料や飲み物の持ち込みもできます。 

Dsc05579_400Dsc05514_400

宿の周辺には猫さんが数匹がのどかに徘徊していますが、↑の猫さんはエントランス等に自由に出入りしていたので、飼い猫さんかも知れません。

私的な出来事ですが、相方A氏は大変な猫好きなのに 何故か猫に嫌われるタイプです。今回の猫さんは、相方A氏が近づくと階段の下に頭を突っ込んで出てきませんでした。背中全体を使って彼の存在を拒否しています。こんなに嫌われる相方A氏って…(;ω;) 
 

妙見温泉 妙見館
住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4235
電話番号:0995-77-2211
1泊素泊り料金:\ 2910/人(湯治部屋代\2000+布団\700/1組1泊+TV゙\300/1台1泊) +入湯税\60      

| | コメント (4)

犬飼温泉 犬飼温泉公衆浴場

犬飼温泉 犬飼温泉公衆浴場

Dsc05461_400Dsc05463_400

鹿児島県霧島市にある公衆浴場です。県道470号線沿いにひっそりと佇む倉庫風の外観で、知る人のみ利用できるジモ専的な風情が旅情をそそります。
本当は近くにある「犬飼の滝」という裏見の滝も行きたかったのですが、時間がなかったため割愛したのが悔やまれます。

Dsc05478_400Dsc05481_400

貧弱そうな木材の骨組みに貼られたプラ波板と コンクリートブロックでできた脱衣所は、見るからに使い込まれた鄙び感があります。突き当たりの壁にある料金箱に入浴料を投入してから浴室へ向かいます。 

Dsc05470_400Dsc05466_400_2
Dsc05468_400

浴室も「ワオ!」と思わず感嘆符を発してしまう程の鄙び感。コンクリート打ちっぱなしの灰色と、床を染める湯成分の茶色のコントラストが素敵。
5人程が入れる43.5~44℃の浴槽で、お湯は淡薄茶を帯びた微濁。石膏の粉っぽい味の他,微かに金気,土類,炭酸臭味があり、近隣にある妙見温泉等と同系列のお湯という印象です。 

湯口からはお湯がドバドバと注がれ、浴槽縁からザーザーと流れ去っていきます。多量掛け流しで、鮮度良好。つるキシキシした浴感があり気持ち良いです。
ただし、先客が結構量の加水をされており、若干薄まっていたのかもしれません。男湯の方の浴槽は46℃あったようで、かなり力強い入浴感があったようです。

Dsc05477_400Dsc05472_400

浴槽の縁を見ると、床には無理矢理な感じで傾斜が付けられていることがわかります。
掛け湯用の溜め桶は、源泉ドバドバかけ流しで 湯温は46℃。オーバーフローが常に床を流れており、コテコテ茶褐色の析出物が分厚く付着している様は圧巻でした。 

Dsc05475_400浴室と脱衣場を仕切る壁が斜めにひしゃげているのが、経時変化による傾きなのか,元々の仕様なのかは謎ですが、鄙びを超越した佇まいのままで現役使用されているのが素敵です。
このままでずっと在り続けて欲しい公衆浴場でした。

 
****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:超鄙び公衆浴場型 ドバドバコテコテ系温泉
ようござんす度:A(ジモ専風隠れ公衆浴場。)

****  施設データ *************

犬飼温泉 犬飼温泉公衆浴場
住所:鹿児島県霧島市牧園町下中津川
源泉名:犬飼温泉組合
泉質:重炭酸土類泉,pH:7.1
営業時間:15:00~20:00くらい
入浴料:\200

| | コメント (2)

こしかの温泉 幸荘

こしかの温泉 幸荘

Dsc05460_400Dsc05457_400

鹿児島県霧島市隼人町の温泉宿です。外観はまるで生徒数が少ない小中学校のような佇まいですが、玄関に入るとエントランス・ロビーがあり、ちゃんと宿泊施設らしく見えます。 

Dsc05448_400Dsc05449_400

男女別の浴室は、女湯の扉が開いていると 男湯の扉が開かない仕組みになっています(笑)。脱衣場も含め、全体的に使い込まれたお風呂という雰囲気です。 

Dsc05454_400

12人程が入れる41~42℃の浴槽が1つあり、微かに茶色を帯びているように見える半白濁(透明度:40㎝)で強い金気臭味があります。つるキシした浴感がありながら、ふんわり柔らか~い不思議な入り心地です。
アトピーに効く温泉と掲示がされていましたが、そう言われると何か効きそうな感じがするのは、私が暗示にかかりやすい性質だからかな?

Dsc05452_400Dsc05453_400

湯口からはお湯がドボドボと注がれ、浴槽縁から溢れています。多量のかけ流しになっているのでお湯の鮮度は良好で、湯温は温めの適温なのにポカポカとよく温まります。
洗い場の床はお湯の成分によってアイボリー~淡茶色の析出物がコテコテに付着していました。

洗い場のカランは水だけなので、洗髪の際は浴槽の汲み湯を使用するのかと思いきや、常連さん達は1人が髪を洗っていると 他の人たちが湯口からお湯を汲んだ洗面器をバケツリレー方式で洗い場まで届けていました。美しい連携プレー&チームワークでした。

Dsc05446_400駐車場の脇には、何か事務的な小屋が建ってました。物置小屋か部室のような外観ですが、家族風呂とのこと。
中はどんな風になっているんだろう? \600/40分らしいので、次回試してみたいかも。
 

 

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:事務的外観の宿泊施設型 古び系温泉
ようござんす度:B (アトピーに効くらしい。)

****  施設データ *************

こしかの温泉 幸荘
住所:鹿児島県霧島市隼人町松永2625
泉質:詳細の掲示なし
電話番号:0995-43-4046
営業時間:8:00~21:00
入浴料:\250

| | コメント (2)

津曲温泉

津曲温泉

Dsc05443_400Dsc05416_400_2   

鹿児島県霧島市隼人町の田園地帯にポツンとある公衆浴場です。 

Dsc05418_400Dsc05417_400_2_2

隣接する民家の塀には「津曲温泉の券は、こちらで販売しています。」という掲示がされておりますが、文末に「いたり・いなかったりです。」という注意書きがされているのが微笑ましいです。 

Dsc05419_400Dsc05422_400  

公衆浴場の建物の外観は、イイ感じに鄙びたトタン波板に描かれた 大きな温泉マークが素敵。
入ってすぐにある透明な料金箱に 入浴料金または回数券を入れて浴室へ向かいます。 

Dsc05423_400Dsc05441_400

脱衣場入口の壁には、月極め入浴者の名札がズラリと掛けられており、田んぼの真ん中という立地の割に常連さんが多いようです。
脱衣場には手造り風の簡素でやや貧弱な脱衣棚,ベビーベット,ベンチが置かれていました。

Dsc05437_400Dsc05436_400

浴室はコンクリート製で7人程が入れる大きさの浴槽が1つあるだけのシンプルな造り。常にお湯が溢れている湯尻周辺は湯の成分で茶褐色に染まっていました。
ほぼ無色澄明(微かに茶色を帯びているか?),微かな温泉鉱物臭味としっかりした金気臭味があり、すべキシとした浴感が気持ち良いです。 

Dsc05431_400Dsc05434_400

湯口からお湯がドバドバと注がれ、鮮度良好です。湯温は43℃でしたが、実温よりも熱く感じるお湯で ポカポカとよく温まります。
洗い場のカランは、配管にハンドルレバーを取り付けた手造り風のステキカランで、イイ感じに使い込まれています。
\150という料金も嬉く、近くにあれば家風呂代わりに通いたい公衆浴場でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:田園中の公衆浴場型 新鮮ポカポカ温泉
ようござんす度:A(手造り感満載の普段着温泉。)

****  施設データ *************

津曲温泉
住所:鹿児島県霧島市隼人町松永川原田1133-2
源泉名:津曲共同温泉組合
泉質:Na-炭酸水素塩温泉,48.5℃,pH:7.5,59L/分,ラドン含有量:0.9×10^-10Ci/kg,成分総計:1.984g/kg
営業時間:12:00~21:00
入浴料:\150

| | コメント (2)

川辺温泉 (見学のみ)

川辺(かわなべ)温泉…(見学のみ)

Dsc05375_400

鹿児島県南九州市川辺町にあるB級逸品の入浴施設です。蔦に浸食された仏像サマがお出迎えしてくれます。
巨大な変木をあしらった屋根の建物は迫力があります。でも何故か入口を赤いトラクターが塞いでいました。

Dsc05372_400Dsc05369_400

なんじゃ?こりゃ?屋根の形状を言い当てられることを嫌うが如くに積み重なる屋根。外観を眺めるだけでも トキメキますね。

Dsc05368_400Dsc05367_400

入口の扉に温泉マークが透かし彫りされている この建物が温泉棟だと思うのですが…。営業時間が過ぎているのに鍵は開いておらず、川辺温泉の電話番号を調べて、電話をかけてみました。

すると母屋からお姉さんが来てくれて、「ちょっと…社長が亡くなりましたので…しばらく休業する予定なんです。」とのこと。再開するには今しばらく、時間が掛かりそうとのこと。
お悔やみを申し上げた後 記念に館内の見学をお願いしたところ、快く承諾して頂きました。

Dsc05378_400Dsc05386_400

館内は変木の宮殿のようになっています。天井の梁なんてビックリする程です。

Dsc05383_400Dsc05380_400

木材を多用した館内は、椅子,テーブルも変木を多用しており、森の奥で別世界に迷い込んだ気分を味わえます。
 

Dsc05391_400Dsc05393_400

ガテン系のお釈迦さんが脱衣所入口に佇んでいました。「鯵坂造園」のヘルメットをかぶっています。御苦労サマです。 

Dsc05400_400Dsc05394_400

脱衣所内も変木三昧。中央には巨っきなテーブル?ベンチ?が鎮座していました。
ムクリ屋根の浴室には浴槽がいくつか並んでありますが、当然のことながら全部空でした(;ω;) 

Dsc05385_400Dsc05388_400_2

女湯側も変木オブジェがあちこちに散りばめられていて、探し出す楽しみもあります。
欄間の部分には樹洞状の中に鎮座する仏像さんがヽ(´▽`)/ 

Dsc05406_400Dsc05404_400_2

女湯脱衣所はちょっと地味かな。浴室は男湯とは対称でほぼ同じ造りでした。

素晴らしい変木デコレーションの温泉棟は、見学だけでも充分に楽しめましたが、やっぱり温泉にも入ってみたかったです(´・ω・`)
再開を心待ちにし、もう一度訪れたいですね。でも、ちっと遠いんだよなあ。

 

川辺(かわなべ)温泉
住所:鹿児島県南九州市川辺町平山6180
電話番号:0993-56-2063
休業中 (訪問日:2012年5月初旬)   

| | コメント (2)

吹上温泉 みどり荘

吹上温泉 湖畔の宿 みどり荘

Dsc05287_400_2Dsc05352_400

鹿児島県日置市にある昭和7年創業の老舗温泉旅館で、斉藤茂吉などの文化人にも愛された日本秘湯を守る会の宿です。今回立寄り入浴してきました。 

Dsc05289_400Dsc05292_400

帳場で受付を済ませ、浴室の方へ。ロビーを抜けると とても立派な藤棚があり、その下には赤い毛繊を敷いたベンチが置かれています。しっとりとした風情が良いですね。 

Dsc05291_400Dsc05298_400

浴室への矢印看板に導かれて進むと、みどり色の水を湛えた池が見えてきます。
こちらのお宿は数千坪の広大な敷地の中にあり、この「みどり池」の周囲につくられた緑溢れる遊歩道に沿って、浴室や露天風呂が点在しています。 

Dsc05295_400Dsc05300_400

湖岸ではづがい?の水鳥が日向ぼっこしていたりします。
ほのぼの気分で散策していると、「女湯大浴場」と「家族湯」の建屋が見えてきました。

【女湯 大浴場】 

Dsc05332_400Dsc05333_400

赤い暖簾の向こうが女湯浴室になっています。コンクリート打ちっぱなしの武骨な外観ですが、内部は木材を多用した落ち着いたつくりです。 

Dsc05336_400Dsc05343_400

脱衣場は使い込まれていますが、清掃は行き届いていてイイ感じです。浴室側は一面ガラス張りで、建具関係もイイ感じに鄙びています。 

Dsc05338_400

浴槽は細長く17人程が入れる大きさ,湯温は42℃の適温でした。
窓側には大きな窓があり、みどり池を眺めることができます。 

Dsc05342_400

ほぼ無色澄明,しっかりとした硫化水素,卵臭味,苦味があり、つるつる(つるつる度:②)の浴感があります。

Dsc05341_400Dsc05339_400

湯口は2箇所あり、お湯がドボドボと注がれています。 

Dsc05340_400Dsc05347_400

湯尻からはお湯が溢れて 掛け流しになっていますが 浴槽が大きいせいか、お湯の鮮度は まあまあ良好といった感じかな。
洗い場のカランのお湯が、水,湯ともに黒く,硫化水素臭があるのは源泉を使っているのかしら?浴槽のお湯と 色が異なるのが面白いです。

Dsc05344_400

緑に囲まれ,緑色の水を湛えた池を眺めながらの入浴は気分が良く,視力も回復するかも(?) 窓の下側には目隠し用のフィルムが貼られているようなので、池の対岸に人がいても大丈夫そうです。 

【家族湯】

Dsc05328_400Dsc05329_400

女湯の隣には家族湯があるので見学させてもらいました。1人がやっと通れるような幅の狭い扉を開けると、家族湯があります。
靴を脱いで更に奥の扉を開けると、思いの外広い脱衣場がありました。

Dsc05330_400Dsc05331_400

浴室も家族湯の割には広い。4人家族でも余裕を持って入浴を楽しめそうです。
こちらも掛け流しの浴槽で、浴槽の大きさに対するお湯の投入量が多いので、鮮度は良さそう。
こちらも窓から「みどり池」を眺めることができます。 

 

 
【女性用露天風呂】

Dsc05305_400Dsc05327_400

女性用露天風呂へはちょっと歩きます。
大浴場から湖畔の遊歩道に戻り、男性用露天風呂および みどり荘別荘を過ぎたら、池に沿ったのカーブの向こうの垣根に隠れるように女性用露天風呂があります。

Dsc05307_400

女性用の露天風呂からは池は見えませんが、緑に囲まれた解放感のある造りになっています。

Dsc05314_400Dsc05315_400

通気性の良さそうな脱衣小屋で着替えます。自然に囲まれたワイルドさが素敵ですが、冬は寒そうですね。 

Dsc05323_400Dsc05312_400
Dsc05310_400

石材製の9人程が入れる浴槽は、湯温が43℃で熱めの適温。湯口からはお湯がドボっと注がれて掛け流しになっています。湯口には柄杓が置いてありましたが飲泉可なのでしょうか。
内湯とほぼ同様のお湯ですが、こちらの方が鮮度良好に感じました。

桶置き場の近くにあった小さな槽は、掛け湯?冷たかったなあ。 

Dsc05306_400Dsc05308_400

湖畔が見える場所に イス・テーブルがあるので、こちらで休憩するのが良いでしょう。
池の方を眺めていると、殿方用露天風呂で相方A氏が池を眺めている光景が見え、女性用露天風呂が湖畔にない理由を理解しました。

閑静な環境で、森林浴も兼ねた温泉浴が楽しめる素敵な温泉でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:老舗温泉旅館型 卵風味つるつる温泉
ようござんす度:A (緑に囲まれた静かな環境で良泉に浸かる。)

****  施設データ *************

吹上温泉 みどり荘
住所:鹿児島県日置市吹上町吹上温泉
【露天風呂】
源泉名:吹上23号
泉質:単純硫黄温泉,59.6℃,pH:9.0,ラドン含有量:0.1×10^-10Ci/kg,成分総計:0.3603g/kg
【大浴場】
源泉名:吹上21号
泉質:単純硫黄温泉,36.4℃,pH:9.0,ラドン含有量:0.1×10^-10Ci/kg,成分総計:0.3186g/kg
電話番号:099-296-2020
営業時間:10:00~19:30
入浴料:\500 (家族湯:\750/人)

| | コメント (4)

より以前の記事一覧