キロロリゾート ホテルピアノ ~食事編

キロロリゾート ホテルピアノ ~食事編

【夕食バイキング】近頃の若いモンはブッフェというらしいねぇ…

Dsc08667_512Dsc08665_512

1泊目の夕食はバイキング形式でした。夕食がバイキング形式の宿を自分で選ぶことはないので、久しぶりな感じです♪お盆時期のためか,肉類は2~3日前から調理して保存していたようなパサつきと臭いがあり、ちょっといただけませんでした。グラタンやビーフシチュー等の定番な料理もありますが、ごく普通の味です。 

Dsc08666_512Dsc08687_512

鰹のたたきやサーモンのカルパッチョ等のオードブル系は、作り立てな感じで美味しかったです。特に地元の新鮮野菜を使用した夏野菜のグリルは美味しかった。 

Dsc08664_512Dsc08680_512 

そして何気にズワイ蟹がなかなか良かったかな。解凍ですが、パサつきはなく 鮮度もまずまず,甘味があって美味しかったですよ。漁師町育ちの親父さんが選んで運んでくる蟹は身入りが良くて、モクモクと食べ進めてしまいます。っと、あれ?気がつくとテーブルの上には蟹の殻の山が3皿…蟹の食べ放題状態になってた∑(゚∇゚|||)  実家のある苫小牧は毛ガニの文化圏なので、ズワイ蟹をこんなに食べたのは久しぶりだなあ。

Dsc08682_512Dsc08685_512

デザート系はフルーツ,一口ケーキと チョコフォンデュ。チョコタワーで循環されているコーティングチョコにバナナやマシュマロをくぐらせていただきます。口どけがあまり良くないチョコレートですが、見ず知らずの子供達に混じってワイワイ楽しかったですよ。もっと色んな具があればいいのに。
  

【朝食バイキング】銀座 ライオン

Dsc08728_512Dsc08730_512

朝食は和食,洋食を織り交ぜた品々が並び、ごく普通のホテルの朝食バイキングという感じの献立&メニューです。味も普通ですが、デザートはヨーグルト等の他にわらび餅や大学芋などあるのが珍しいですね。ちなみに銀座ライオンでしたがビールは見当たらなかったな(笑)
  

【夕飯・お店チョイス】
おたる 政寿司

Dsc08767_512_2Dsc08755_512_2

2泊目の夕食はキロロホテル夕食券を使用して、敷地内にある飲食店の中から選んでの食事となりました。\4500相当の食事券とのことで、数軒あるお店の中から「おたる 政寿司」をチョイス。この日の昼間は小樽観光に行き「積丹料理 ふじ鮨」にて昼食をとったにも関わらず、またお寿司屋さんを選んでしまったよ~ヽ(´▽`)/
 
Dsc08756_512 Dsc08757_512

席に着くとお茶とおしぼりが運ばれてきます。自家製のように見えるガリは、たっぷりビンごと供され,気兼ねなく食べられます。 

Dsc08760_512   

大トロ,中トロ炙り,ぼたん海老,鯛,帆立,うに,エゾあわび,さんま,生北寄,プチいくら丼という豪華なネタの数々。しゃりについては やや粘り気があるコシヒカリ系?ですが、人肌に握られ,酢飯の塩梅も尖っていなく 私は美味しいと思います。
大トロ,中トロは文句なく美味いし、ぼたん海老は余市辺りで獲れるような大ぼたん海老!びっくりする程デカく,開かなくても完全にしゃりが隠れる大きさ。ぷりっトロで甘いです。うにも濃厚な甘味で,子供の頃海で拾って割って食べた味に近い感じ?エゾあわびはコリッコリの食感。北寄貝が生なのが嬉しいですね♪ 鮮度が良く全く臭みのないネタはさすがです。

Dsc08762_512

カニ汁は適度にカニ出汁が出ているさっぱり味。毛ガニの足が1本,具として入っていますが、出汁取り用のカニとは別のようで 身入りがしっかりあり,しっとりと旨味のあるカニでした。

「おたる 政寿司」といえば、小樽では超が付く程 有名なお寿司屋さんですが、山中のリゾート内支店という事で それ程期待はしていませんでした。ところがどっこい、非常に満足のいくお寿司を食べることができ、リッチな気分を味わうことができました。
職人さんがたくさんいる大店の有名店では、担当して頂く職人によって”ハズレ”る場合があるので、こちらのような小ぢんまりとした店舗の方が満足度が高いのかも知れません。

おたる 政寿司 キロロ店
住所:北海道余市郡赤井川村常磐128-1 キロロタウン 時計台通り
電話番号:0135-34-7890
営業時間:12:00~22:30

| | コメント (0)

キロロリゾート ホテルピアノ ~建物編

キロロリゾート ホテルピアノ ~建物編

お盆休みに実家のある北海道に帰省しました。空港に着いたら両親が迎えに来てくれており、車に乗るとそのまま実家にも寄らずにキロロに連れて来られました。そんなわけで今回は、普段自分が企画・立案したら そう滅多に選ばないような”リゾート系”のホテルに宿泊することになったのでした。

Dsc08632_512Dsc08633_512

キロロリゾートとは小樽市に程近い 余市郡赤井川村にある、現在は三井不動産系列の会社が運営するリゾート施設です。
宿泊施設は2軒あり、温泉やお店,食事処が建ち並ぶ”キロロタウン”を併設した「ホテルピアノ」と、スキー場と直結した「マウンテンホテル」があり、夏場は「ホテルピアノ」の方が色々と便利なので人気があるようです。

大きな建物ですなあ。1階エントランス部分の吹抜け天井は圧巻です。ロビーは広々としており、中央付近には宿名にちなんでか ピアノが置いてありました。

Dsc08639_512Dsc08640_512

部屋数がたくさんあるので 廊下が長い!エレベータの扉や廊下のクロス(壁紙)には楽譜?があしらわれており、ピアノっぽさを演出しています。

 

Dsc08635_512Dsc08636_512  

今回宿泊した部屋は洋室で、3人使用の場合は エキストラベットを使用することになります。私はベットでは(マットレスが柔らか過ぎて腰痛になるので)寝られない人なのですが、こちらのエキストラベットはイイ感じにバリ硬でした(笑)。
広いビジネスホテルといった雰囲気のお部屋&設備ですが、さすがリゾートだけあって防音はしっかりしているようです。 

Dsc08638_512

そして窓からは、大自然に囲まれた横長の風景を眺めることができます。真夏でも 北海道の山間は涼しく,そして空気が美味い!

Dsc08647_512Dsc08658_512

ロビーは8階くらいまで吹き抜けており、見下ろすと迫力があります。この贅沢な空間の使い方がホテルの雰囲気を華やかなものにしています。ちゃんと柵はありますが、乗り出して落ちないように注意が必要です。 

Dsc08650_512Dsc08651_512_2

ロビーの奥にはネットが使えるラウンジがあり、パソコンを持っていけば繋ぎ放題です。パソコンが設置されている小部屋もあり、フロントで鍵を借りれば5:00~25:00の時間帯で使用することができます。

Dsc08727_512Dsc08724_512

大浴場「喜多の湯」は広々としたお風呂ですが、温泉ではありません。 

【キロロタウン】

Dsc08661_512

ホテルに隣接して"キロロタウン"と呼ばれる通りがあり、お土産屋や温泉,ゲームセンター,インドアアクティビティ等が建ち並びます。 

Dsc08659_512Dsc08732_512

レストランや炉端焼き等の食事処や、バンジートランポリンやストラックアウト系の施設,パークゴルフ場などもあり、スキーシーズン以外でも楽しめそうです。 

Dsc08700_512Dsc08717_512  

夜には小規模ながらも花火が打ち上げられたりして、夏休みの良い思い出になりました。

高級リゾートという感じではなく、手軽に楽しめる庶民のリゾートという印象です。自然の中でまったりするも良し,オプションでアウトドア,インドアの色々なアクティビティを体験するも良しで、子供から大人まで楽しむことができる施設だと思います。

 
ホテルピアノ
住所:北海道余市郡赤井川村常磐128-1 
電話番号:0135-34-7111

| | コメント (0)

旭山動物園 その2

旭山動物園

【ペンギン館・夏】

Dsc02129_512Dsc02130_512   

Dsc02131_512Dsc02133_512  

ペンギン館の外側は普通の動物園にもありがちな水槽で、4種類のペンギン達が泳いだり,ひなたぼっこをしています。その中で四コマまんがのような光景に遭遇。
①岩を下りようとしたら、坂道の途中に寝そべっているヤツがいるよ。右を行こうか?
②左に行こうか?何度か右往左往して見せたけど、ヤツは動いてもくれない。
③意を決して左側から強行突破だ!あれ?何かムニュっとしたものを踏んだような・・・
④後ろでヤツが立ちあがって「クケー!!」と吠えているっ。振りかえらないで行こう。くわばらくわばら。
といった感じのドラマが展開されていて、笑ってしまいました。

Dsc02183_512 Dscf0058_512_2

キングペンギンも腹を下にしてひなたぼっこしています。
水槽の中には水中トンネルが見え、中を歩く人間も観察できます。

Dscf0055_512_2 ペンギン館の中からは、水槽内を自由に泳ぎ回るペンギン達を間近で見る事ができます。
陸上ではヨチヨチ歩きのペンギンですが、水中では水を得た魚(本当は鳥)のように生き生きと泳いでいます。泳ぐスピードが早くて、まるで飛んでいるようです。
 

 

 

Dscf0054_512水中トンネルから、真上を泳いでいるペンギンを撮影すると ちょうど青空が写り、 本当に空を飛ぶペンギンのようでした。 

 

 

 

 

 
 

【ペンギン・冬】

Dscf13_512 冬はキングペンギンの散歩を見ることができます。冬の運動不足解消のため行われており、餌を取りに巣から海へ通う習性を利用している行動展示とのことです。
飼育員に先導されながらヨチヨチ歩く様子がカワイイです。両手を広げてバランスを取り、大勢のギャラアリーに脇目も振らずに歩いています。

 

Dscf12_512散歩コースの道沿いには、みっちりとお客さんが並び、シャッターチャンスを狙っています。
ところがこの先の曲がり角で、何を思ったか突然先頭のヤツが、雪が積もった空き地にぴょんと飛び乗り、道から逸れて勝手な方向へ行ってしまいました。そして、先頭のヤツについていくというペンギンの習性に基づき、お散歩の列は無政府状態へ。あわてて飼育員が追いかけて軌道修正をしていましたw
そんな訳で、寒空の中 並んで待っていても やんごとなき事情により、自分達の前を通らない場合があるかも知れないのですね。

【シロクマ館・夏】

Dscf0049_512Dscf0051_512  

夏の旭川は、日中の最高気温が35℃を超える事がザラにあり、氷の上で生活する動物達にとっては酷な環境です。陸地エリアでは のびきったシロクマが寝っ転がっています。「いくら温暖化が進んでるとはいえ、こんな熱さは無いぜ セニョール」とか思っているのではないでしょうか。
シロクマ館の内部からは、強化カプセル「シールズアイ」を通して陸地エリアを覗くことができます。これは氷の穴から顔を出したアザラシを獲るという習性を利用したものですが、夏は微動すらできないシロクマを遠くで眺めることになります。

Dscf0028_512Dscf0033_512  

プールエリアでは何度も繰り返しプールに飛び込むシロクマがいました。泳いだり,浮いて漂っていたりして涼しそうです。水中でさらりと揺れる毛並みが綺麗。 

Dscf0032_512Dscf0047_512   

巨大な身体に見合った大きさの肉球が素敵。ただし、訪問した時間によっては1回も飛び込まなかった時もあるので、こればっかりはシロクマの気分次第ということで。案内板もトボけたシロクマの形をしていてカワイイです。

【シロクマ館・冬】

Dscf14_512Dscf15_512  

冬は陸地エリアのシロクマが生き生きとしており、堂々と歩きまわる迫力のある姿を見る事ができます。ちょっと吠えてみたりもします。
夏,冬で見どころが違う動物園であり、特に冬は寒冷地ならではの展示が魅力です。ただし冬期は見られない動物がいる事,営業時間が短い事,すごく寒い事などに注意が必要です。

旭山動物園
住所:北海道旭川市東旭川町倉沼
電話番号::0166-36-1104 
営業時間(年によって異なりますので、詳細はHPにて確認要)
 夏期:4月下旬~10月中旬 9:30~17:15 (入園は~16:15)
 お盆:8月中旬の5日間程 9:30~21:00 (入園は~20:00)
 冬期:11月上旬~4月上旬 10:30~15:30 (入園は~15:00)
 (年末年始,季節切り替えの際には休園日あり。)
入園料:大人(高校生以上) \800 ,小人(中学生以下) 無料

| | コメント (0)

旭山動物園 その1

旭山動物園

Dsc02091_512_2Dsc02093_512_2  

北海道旭川市にある、言わずと知れた動物園です。とても人気がある動物園なので、長期連休ともなると正門駐車場へ向かう道は大渋滞となります。開園時間の少し前に東門側に到着しておくと、比較的混雑に巻き込まれずに入園することができます。
若かりし頃に行った旭山動物園は小規模で寂れた動物園というイメージがありましたが、今や国内で来園者数1・2位を争う動物園となったようです。3年くらい前まであった中途半端な遊具もなくなり、飼育されている動物のためのスペースが広がったようです。
動物を自然に近い環境で飼育し、イキイキとした行動や生態を見せる「行動展示」が人気の理由で、特に「もぐもぐタイム」という 各動物の生態に基づき工夫した給餌タイムが見どころなので、門近くにある時刻表をチェックしておいた方が良いです。

Dsc02094_512Dsc02101_512

東門から入ると下り坂で楽チンです。旭山動物園は小高い丘にあるので なだらかな斜面が続きます。まあ、帰りは上り坂なんですけどね。
園内のオブジェも動物を模ったものが多くてカワイイです。水飲み場は 鉢巻をしたタコでしたw(あれ?でも動物園にタコはいないよな?)

Dsc02186_512Dsc02187_512  

 
 
突然見えてくるゴリラの頭と手は…自販機と空き缶入れでした。これこれ子供たちや、危ないから登ってはいけませんよ。

【カピバラ】

Dsc02099_512Dsc020991_512  

 
 
クモザルとの混合飼育に失敗したと思われていたカピバラさんですが、きちんと住分けて同居できているようです。壁際で死んだように爆睡している このカピバラ、よく見ればフット○ールアワーの岩尾氏に似ているような…。

【レッサーパンダ舎】

Dsc02136_512Dsc02135_512  

レッサーパンダ舎には 吊り橋を渡った先に放飼場があります。吊り橋を渡ったすぐそばの木に2匹の若いレッサーパンダがおり、1匹は繁みの中に入って微動だにしませんが,もう1匹はやたら活発に動いています。「よっこい,よっこいしょ」と凄く苦労して木登りをする,たどたどしい動きがたまらんです。可愛いものに厳しい私も、その短い前足にメロメロです。

【オランウータン舎】
Dscf0067_512Dscf0068_512_2  

 
オランウータン舎のもぐもぐタイムは、餌を食べに17m上空に張られたロープを渡り、普段生活しているエリアから グローブジャングルジム状のものが建つエリアへ空中散歩をします。彼らが住んでいるボルネオの森では もっと高い木々の間を自由に行き来しているそうです。以前は母親にしがみついて渡っていた「森人くん」も、自分で軽々と渡っていました。

【あざらし館】

Dsc02119_512Dsc021191_512  

あざらし館の外側には普通の動物園にあるような水槽があり、のんびりとした動きのアザラシ君を眺めながら癒されることができます。何だか1匹、立ち浮き状態でぼーっとしているヤツがいて、カレコレ10分くらい浮いていましたよ。何をしているんだい?

Dsc02114_512Dsc02107_512  

あざらし館の内部は、外側の水槽の下に位置します。水槽底部は一部ガラス張りになっており、人間を見物しているアザラシ君がいましたw ガラス窓の端でブンブンとぶつかっているハエを追いかけているアザラシ君もいました。

Dsc02104_512Dscf18_512  
 

Dsc02111_512_2あざらし館が開館した2004年に訪問した時は 2時間待ちの行列で、滞在3分でしたが、今回はほとんど待たずに入る事ができました。
こちらの施設の目玉である マリンウェイと呼ばれる円柱水槽は、ぶ厚い流氷の隙間から水中に潜って魚を獲る習性を利用したとのことです。
巨きいヤツが ぬぼーっとただ水槽を往復したり,2匹でじゃれあったり,人間に興味を示したりと、好奇心旺盛で遊び心満載のアザラシ君達を間近で観察することができます。

 

 

【もうじゅう館】

Dsc02178_512アムールトラ,ライオン,ユキヒョウ,アムールヒョウ,クロヒョウなどがそれぞれ区切られた広い場所にいらっしゃいます。
ネコ目ネコ科の動物が多いので、あたたかい夏の昼間にはゴロゴロとしています(訪問時8月中旬)。
そんな中で ネコ目クマ科のヒグマは、水槽に入って ポケーっとしており、微動だにしません。まるで温泉に入っているオヤジのような表情で微笑ましいかったです。

→その2につづく 

| | コメント (0)

パンダパンダパンダ

札幌の某店の柱

100_7520_512100_7521_512  

  

  

  


  
札幌駅ステラプレイスを歩いていたら豪華な柱が。
アニマル柄のフェイクファーでも柱に貼っているのかと思っていたら…

1_512近づいてよく見てみると 柱には大量のパンダのぬいぐるみが貼ってあったw(゚o゚)w !!
こんなパンダの集団を見たのは初めて!

店の正面側のパンダは綺麗に整列して貼ってあるのに、側面のパンダはランダムに貼ってあり、作業した人の性格が出ているようです。

この柱の写真を撮りたくて 店の前を3往復していると、外国人のカップルが「WAO!」とか言いながら写真撮影を始めたので、すかさず私も写真を撮らせて頂きました。

ステラプレイスは色々な店が入っていて楽しいですね。特に大きな本屋さんが素敵。帰省した際は必ず立ち寄ります。次回帰省時までにパンダ柱は残っているかしら? 
(訪問日:2008.12.28) 

Ne-net
札幌 JR TOWER ステラプレイス EAST 2階

| | コメント (0)

道北観光

オトンルイ風力発電所

Dscf0030道北の日本海側,道道 稚内天塩線沿い約3kmにわたって発電用風車が並んで立っています。何もない原野に佇む巨大な28基の風車は迫力があり、壮観な風景でした。

総出力21000キロワット発電するそうですが、どれだけの電力量なのか私はよくわかっていません。  

  

  

ノシャップ岬

Dscf0036_1  稚内の岬です。宗谷岬よりわずかに南に位置するためか、観光地としてはちょっと地味かな。周囲のお店も18:00前には閉まっていました。風が強くて激寒なので早々に切り上げました。 

  

  

  

宗谷岬

Dscf0082Dscf0102  

  

  

  

  

  

日本最北端の岬です。周囲の宿やお店もこぞって最北端を謳っていました。私もついつい「最北端到着証明書(\100)」なるものを購入してしまいました。

Dscf0095Dscf0099   

  

  

  

  

  

高台の上には旧海軍の石造りの望楼があります。明治35年に造られたものらしく北の国境警備の歴史を感じます。地平線には微かにサハリンの島影を見る事ができました。  

 

サロベツ原野

Dscf0112  幌延ビジターセンター近くにある展望台からの風景です。

 利尻富士が広大な原野に浮かび上がるように見えます。このビジターセンターの周囲には 木道の自然探勝路があり、サロベツ原野の大自然を実際に観察することができます。

  

 

母子里 クリスタルパーク

Dscf0156Dscf0155   

  

  

  

  

  

昭和53年2月17日に幌加内町母子里地区でマイナス41.2度の日本最寒の記録を記念して造られた公園です。中央に寒さを表現したというオブジェがありました。 

| | コメント (0)

(宿泊)オスパーコート宮前

オスパーコート宮前

Dscf0175_1Dscf0004_5

  

  

  

  

   

  

旭川駅から徒歩15分くらいの所にあります。サウナ,大浴場の入浴施設「オスパ」(温泉ではありません)に併設されたウィークリーマンションです。1泊での宿泊も可能ということで宿泊致しました。

Dscf0002_2Dscf0001_2    

  

  

  

  

  

入口には呼び鈴,表札,電気メーターがあり、普通のビジネスホテルとはちょっと違います。部屋に入ると、洗濯機,浴室,冷蔵庫,小さな台所&ガスコンロがあり、エアコン,ヒーター,TVも完備され 至れり尽せりです。

100_1419_1100_1420_1    

  

  

  

  

  

2間続きのお部屋には既に布団が敷いてありました。自由度が高いので、宿泊施設としてはかなり気に入りました。

100_1425_1Dscf0023_1    

  

  

  

  

  

入浴施設「オスパ」のサウナ,大浴場も入浴し放題で、とてもお得な感じです。上手に日程を組み、旅の中頃でここに宿泊して洗濯すれば、荷物をかなり減らすことができますね。小さな子供がいるファミリーやツーリング旅行等にも便利だと思います。(ただし、シングル部屋には洗濯機がないそうなので要注意。)

建物裏手の駐車場の近くに隠れるように「大島部屋 旭川合宿所」というプレハブ小屋がありました。大きなお相撲取りがプレハブ小屋で合宿???謎です。

住所:北海道旭川市宮下通り16丁目4155-16

電話番号:0166-25-3200

チェックイン:15:00 アウト:11:00

宿泊料金:\3990(和室2名使用時の1人当たりの料金)

| | コメント (0)