ケネディ電気

ケネディ電気

Dsc00526_400_2

千葉県との県境に程近い、茨城県河内町の国道408号線を走っていると、道路沿いに得体の知れないオブジェが並ぶのが見えます。
目的地に近づくと、何やら怪しい雰囲気の建物達が見えます。例えるなら胡乱な新興宗教施設のような? 
まあよく見てみるとお茶目なオブジェ達が多いんですけどね。

ケネディー電気KK 今は修理の時代だという力強い看板も。
この看板だけ見ると、ちょっと変わっているけど、修理もできる町の電気屋さんかしらと思いますが…。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

筑波実験植物園~国立科学博物館自然史標本棟

筑波実験植物園~国立科学博物館自然史標本棟

Dsc00246_400茨城県つくば市にある国立科学博物館の研究部門の1つである筑波実験植物園に行ってきました。
今回こちらへ来た目的は、国立科学博物館の自然史標本棟の見学スペースが公開されたと聞き、それを見学に来ましたが、折角なので時間が許すところまで植物園も見学することに。

野外展示コーナーでまず最初に目に入ったのは「カキの多様性コーナー」。
ちょうど実のなったカキの木が10本弱植えられていましたが(訪問時:11月下旬)、全部異なる品種になっています。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

SUPERMERCADO TAKARA @水海道

SUPERMERCADO TAKARA (スーペルメルカド タカラ) 

Dsc04465

茨城県にある関東鉄道常総線の駅、水海道駅のすぐ隣にあるブラジルスーパーへ行ってきました。 
SUPERMERCADO TAKARAは実はチェーン店で、ブラジル人が多く住んでいる町(群馬県の太田町,伊勢崎市,大泉町)にあるようです。 
店舗の半分から奥はスーパーになっています。ちょっとした生活雑貨や食料品が並んでいます。

日本ではあまり見ない食材もあります。「アボーブラ イタリアーノ」はガボチャの一種。ケールの葉もありました。どんな料理に使うのでしょう。ぐるぐる巻きのソーセージは…次回訪問時に買ってみようかな。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

茨城県自然博物館

茨城県自然博物館

Dsc04191

今回は企画展、『コケティッシュ苔ワールド!』を堪能しましたが、それに時間をかけ過ぎたため、常設展は各自行きたい所1箇所ずつセレクトして見学する事にしました。 
玄関エントランスでは「ショウカコウ マンモス」の巨大な骨格化石レプリカがお出迎え。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

茨城県自然博物館 ~コケティッシュ苔ワールド! その2

茨城県自然博物館 ~コケティッシュ苔ワールド! その2

Dsc04313Dsc04316

茨城県自然博物館の企画展、『コケティッシュ苔ワールド』(2013.3.16~6.16)へ行ってきました。
会場の片隅には、コケの世界を拡大した背景の撮影スタジオ風コーナーがありました。
蘚類には胞子のうを守る「帽」と呼ばれる器官があり、種類によって様々な形をしています。
それがまるで帽子みたいに見える。ということで、それらの形に似せて作られた帽子をかぶって、コケになった気分で記念撮影ができるコーナーになってます。
帽子の内側にはコケの名称が書いてあるので、今自分が何のコケになっているのかがちゃんと分かるシステムになっていました。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

茨城県自然博物館 ~コケティッシュ苔ワールド! その1

茨城県自然博物館 ~コケティッシュ苔ワールド! その1

Dsc04199

茨城県自然博物館で開催された企画展,「コケティッシュ苔ワールド!」(2013.3.16~6.16)へ行ってきました。
50倍の拡大模型がお出迎えしてくれました。ゼニゴケの模型には「杯状体」まで再現されています。
※)杯状体とは:ゼニゴケ類の葉にある”無性芽”が沢山入っているカップ。ゼニゴケは雌雄異株で胞子にて増えますが、それ以外にその個体の細胞クローンの芽(=無性芽)でも増えることができます。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

とちぎ花センター ~ローズフェスタ その2

とちぎ花センター ~ローズフェスタ その2

【ロイヤルローズ】
Dsc03954Dsc03942_3


『クイーン・オブ・スウェーデン』
S(ER):シュラブ(イングリッシュローズ)
中香(ミルラ香)
2004年 イギリス
中輪(8cm程)で、かわいいピンク色のカップ咲き。 イギリスとスウェーデンの友好条約締結 350年を記念して作られたバラとのこと。 

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

とちぎ花センター ~ローズフェスタ その1

とちぎ花センター ~ローズフェスタ その1
Dsc03890

栃木県岩舟町にある 『とちぎ花センター』へ行ってきました。昨年の夏,『不思議な食虫植物展』開催時に こちらへ訪問した際、園内に色んな種類のバラがあることに気が付いたのですが、開花シーズンが終わっていたため 樹木のみの見学になってしまいました。
そんなわけで、花が咲いている時季を狙っての再訪問。
バラ園は大花壇の奥に並ぶ展示温室前の右手通路沿いにあります。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

RIJF2012 夏フェスグルメ ~焼きそば編

RIJF2012 夏フェスグルメ ~焼きそば編

Dsc06770_400今さらっすか?という感じの夏フェスの話題。半年遅れのブログは只今真夏真っ盛りで、まるで南半球にいるようだ.。゚+.(・∀・)゚+.゚(嘘です。)

自分にとっては夏の恒例行事(9年連続で行ってるかも)、国営ひたち海浜公園で毎年夏に行われるROCK IN JAPAN FESに、土・日の2日間参加しました。
まずはLAKE STAGEの近くにある「森のキッチンへ」。

  (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

さんふらわあ さつま 鹿児島→大阪

さんふらわあ さつま

ブルーハイウェイライン西日本の 鹿児島(志布志)→大阪 航路で帰途につきました。

Dsc00488_400Dsc00489_400

久しぶりに巨大なカーフェリーに乗ります。実家は旅道楽の家系なので、家族旅行で内地へ出かける時はよく乗っていました。
船旅は移動に時間がかかりますが、栃木→九州縦断とずっと運転していた相方A氏を休ませつつ移動できるので便利です。

Dsc00487_400Dsc05729_400

フェリーターミナルの待合い室は非常に簡素ですが、お土産売り場が2軒入っています。こちらで美味そうな 生姜焼き弁当を購入。
子供の頃から 船内の食堂は高くてマズい(油っこい)という教育を受けていたので(笑)、夕,翌朝の食料を買い込んでから乗船しました。 

Dsc00491_400_2Dsc00496_400

車両の乗船口は船体側面にあるのね。
船内に入ると 吹抜け螺旋階段のエントランスがあり、優雅な船旅気分を演出していました。 

【2等寝台(ツーリスト・ベット)】

Dsc00498_400Dsc00499_400

2等(カーペット)は安いですが、隣の客との境界があいまいな上,自分が占有できるスペースは思いの外 狭く、特に混雑時に隣が恰幅の良い紳士・淑女だった場合、13時間後悔し続けることになります。
2等寝台は2等料金よりも\2000~\3000程高いですが、カーテンで区切られているためプライバシーは確保でき,比較的静かで過ごしやすいです。

2等寝台は通常2段ベットが多いですが、今回利用したのは1段ベット。天井が高くて,荷物を置く棚やハンガーが付いており、空間に余裕があります。上下にお客が居ないので、出入りの際の振動等にも気を使わずに済むので非常に快適でした。
 

【大浴場】

Dsc00512_400Dsc00510_400

お風呂は遅く入ると混む上,お湯も汚れてくるので、出港前に入ってしまいました。
でも船が進んでいる最中に入るのも、海原を眺めながらの入浴ができてオツなものですよね。波の荒くて酔いそうな時に入ると、波のプールにいるみたいで気分転換になるし。

【船内イベント?】

Dsc00524_400Dsc00544_400

インフォメーションデスクに「紙テープで思い出に残るお見送り 乗船の記念にぜひ参加しませんか?」というイベント案内があり、カラフルな紙テープが置いてありました。ドラマ等でよく見る,出港時の見送り紙テープのことですな。
岸壁で見送る人がいない我々にとっては、あまり関係ない行事だよな~と思いながら、ふと相方A氏の方を見ると…何だかニコニコしながら紙テープを持っておった。
ちょっと恥ずかしいけど、そう滅多にない機会だから参加してみますか。

という訳で甲板に出ると、結構いっぱい人が集まっていた。やっぱり皆 ,一度はやってみたかったんだね。
17:55分に出港。スタップの合図で色とりどりのテープが岸壁の方向に放たれました。 

Dsc00548_400Dsc00550_400

岸壁の見送りは十数人のみ。でもテープの片端を持っているのは数人のみで、私の投げたテープの片端は誰が持っているの??
テープの行き先を目で辿ると、下の階の甲板で大量のテープの片端を持っているスタッフのお姉さんがいたΣ(゚□゚(゚□゚*)
やや強めの横風だったため テープは横に流れ、ほとんどが岸壁に届かなかったのであった。ちょっと不完全燃焼というか…私の純情を返せ(?)といった気分。(;ω;) 

Dsc00519_400Dsc00551_400

そんなこんなで鹿児島県をあとにしました。楽しかったね。
などと余韻に浸る間もなく 、相方A氏から「グロッキー状態になりそうだ。」との申告が。
元々船酔いする性質なので極力船旅を避けていましたが、今回は秘密兵器(?)を準備していましたよ。大正○薬の『セン○ア液』。
いわゆるドリンク系の乗り物酔い用薬ですな。私などは口に含んだ瞬間に酔いが止まります(暗示にかかりやすいんです)。相方A氏にも効いてくれたらしく、飲んだ後は元気に歩きまわっていました。 

Dsc05738_400Dsc05736_400       

翌朝7:40、大阪南港のかもめ埠頭に到着。天気が良く,波も比較的穏やかだったので、快適な船旅でした。

栃木までの長距離移動を開始する前に、大阪で1軒寄り道したい場所がある~。船上からも見えたド派手な建物です。

| | コメント (2)