Mamma Vento (マンマ ベント)

Mamma Vento (マンマ ベント)

Dsc08243_400新潟県阿賀町のレークサイド角神にあるお弁当屋さんです。
こちらの建物には以前ラーメン屋さんがあったようですが閉店し、このお弁当屋さんは2012年9月1日にオープンしたそうです(訪問時:2012年9月中旬)。営業日は、金・土・日・月&祝祭日。営業時間は11:00~15:00とピンポイント営業です。
地元の農家のお母さん達が集まって、自家栽培の野菜や旬の山菜等を使用した,無添加で健康に良い手作り弁当を販売しています。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

おきつねバーガー

おきつねバーガー

Dsc02953_400Dsc02916_400

豊川稲荷の門前にある稲荷寿司屋さんです。ノーマルな稲荷寿司の他に五目,わさび,炙り五目,味噌カツ稲荷など数種類の稲荷寿司が並びますが…

Dsc02955_400Dsc02918_400_3

今回はもう1つの看板メニュー「おきつねバーガー」を食べに来ました。\280という手頃なお値段もよござんす。 
 

Dsc02932_400

注文して待つこと数分、運ばれてきましたよ。店先のベンチに座っていただくことに。
「おきつね」の名前の通り、バンズが正方形の油揚げ(寿司あげ)になっております。お揚げは再度油で揚げた後,表面に醤油ダレを塗って焦げ目がつくまで焼いてあります。

Dsc02934_400Dsc02935_400

バンズは香ばしくサクサクと軽い食感で、咀嚼すると大豆の旨味が広がります。
具は柔らかヒレカツ,レタス,玉ねぎスライスが挟まり味付けはトマトケチャップです。油揚げとカツの柔らかさが同じくらいで、サクッと噛み切れるので違和感なく食べられます。醤油のタレとスパイシーなトマトケチャップが合わさり、和風ハイカラなバーガーになっていました。
油で揚げたもの同士の組み合わせなのに、こんなに軽く仕上がるんだと感心。
意外な組み合わせだけどコレは旨いです!! 私、「おきつね」をナメてました。ゴメンなさい。

「もう1コ食べたくない?」と言ったら相方A氏もニヤリと笑って「自分もそう思ってた。」とのことで、もう1コずつ追加注文。近所で売っていたら絶対通うと思う。
 

【みそかつ稲荷】

Dsc02964_400Dsc02967_400

みそかつ稲荷も購入し、この日の夜食としていただきました。ダシのきいた油揚げに酢飯が入った普通の稲荷寿司の上に、大葉を敷き、味噌ダレとカツが乗っています。

カツは おきつねバーガーにも使用されている柔らかいカツで美味しいですが、酢飯の酸味で 折角の味噌ダレの風味が消えていたのが残念。時間が経ってから食べたからかしら? 多少手間でもご飯に味噌ダレ系の味付をする等、”みそかつ感”がUPさせた方が良いのではないでしょうか。 
 

おきつね本舗
住所:愛知県豊川市門前町1番地
電話番号:0533-85-6922
営業時間:10:00~17:00 (1月中は8:00~18:00,12/31~1/1はオールナイト営業!)
定休日:火・水休 (1月は無休)
おきつねバーガー \280,みそかつ稲荷 \550(4個入り)

【豊川稲荷神社】

Dsc02936_400Dsc02952_400

日本三大稲荷の1つと言われている豊川稲荷です。折角なのでお参りすることに。
鳥居と狐さんがお出迎えしてくれます。 

Dsc02944_400Dsc02946_400

”稲荷”というと”神社”を連想しますが、正式名称は「円福山 豊川閣 妙厳寺」という曹洞宗のお寺さんです。
本殿は瓦葺入母屋二重屋根,軒唐破風付の重厚なもので、総檜造りの立派な建物でした。

Oinari_400

奥の方には大量の狐の像が祀られている「霊狐塚」と呼ばれる場所があるそうですが、下調べしないで訪問してしまったため、見ずに帰ってきてしまいました。
次回「おきつねバーガー」を食べに行く際には、こちらも立寄らなければ。 

| | コメント (0)

五平餅 福岡屋

五平餅 福岡屋

Dsc02905_400Dsc02906_400 

小渡温泉 料理旅館はしもとの四辻を挟んで斜向かいくらい,サークルKの向かいくらいの角っこ三角の敷地に建つ食事処です。
「とよた五平餅」のオレンジ色の幟が素敵です。何しろ 『Go! Hey! 餅』ですから。しかも「食べてみりん!」と三河弁で誘っています。
こちら「福田屋」さんは創業50年超の老舗。狭小3階建て住宅の1階が店舗になっています。2~3階のベランダに干された洗濯物がイイ感じに昭和感を漂わせていました。 

Dsc02909_400Dsc02907_400

鄙びた外観に反して、内装は狭いながらも小奇麗な食堂風です。小さなカウンター席と小さなテーブル席が2~3あり、メニューも6~7品と コンパクトにまとまっています。
もちろん五平餅を注文。注文してから焼き始めるので10分程待ちますが、焼きたてが頂けます。

Dsc02910_400

奥三河周辺によくある”わらじ型”で,杉の平串使用,タレは味噌メインです。女将がお茶を淹れてくれました。

Dsc02914_400

餅はご飯の粒感が残った半殺しで、杉板の香りが移って芳しい。
煮詰めた粘度の高い甘辛みそダレは照りのある茶色で、付け焼きすることで一部が飴状になってウマい。
味噌の風味がしっかりとあり、白ゴマと後味に柚子が香ります。甘さ控えめ&しょっぱめなので、昼食代りとしてもイケました。

お話好きの女将がいろんな話をきかせてくれました。五平餅は各家庭の味があり、お客さんをもてなす昔の御馳走だったそうです。
御歳75歳とのことですが、まだまだ現役で会話が途切れることがありません。田舎の素朴なもてなしと素朴な味が嬉しいお店でした。

 

福岡屋
住所:愛知県豊田市小渡町船戸55
電話番号:0565-68-2675
営業時間:11:30頃~16:30頃 不定休
五平餅 \100

Dsc02864_400

県道からちょっと道を曲がるとすぐに鄙びた山里の風景が広がります。矢作川に架かったコンクリートの橋が超レトロ。時間の流れがゆっくりと感じる日本の田舎的風景でした。

| | コメント (0)

一宮モーニング @ アルビノール

一宮モーニング @ フランス洋菓子 アルビノール

Dsc02846_400Dsc02847_400

一宮市「モーニング」の食べ歩き小冊子等を眺めていて、絶対に行ってみたいと思っていたお店です。洋菓子店ですが、店内の奥の方に喫茶コーナーがあって、そちらでモーニングがいただけます。

Dsc02849_400Dsc02850_400

開店と同時に突入!ショーウィンドウには美味しそうなケーキ,焼き菓子が並びます。う~美味しそ~(´д`*)
喫茶コーナーは 壁沿いにテーブルが6個,縦一列に並んでおり、何気に落ち着いた雰囲気です。

Dsc02848_400_2Dsc02851_400

モーニング時間9:00~11:00。2種類のモーニングがあり、
①モーニングサービス:ドリンクに自家製パン3種+サラダ付。\400~(ドリンク代)
②モーニングケーキセット:ドリンク(コーヒーor紅茶orミルク)+パン+サラダ+ケーキ盛り合わせ。\630
今回は もちろんモーニングケーキセットを食べに来ました!( ̄▽ ̄)
テーブルに貼られた販売用のケーキの手書きイラストが美味しそう。イカン!買って帰りたくなってしまふ。

Dsc02854_400

運ばれてきましたよ。ケーキ類がワンプレートに盛り合わさってます。
ケーキはどれも2~3口サイズで小さめに切られてますが、9~10種類もあるので非常にボリューミーです! 

Dsc02856_400

洋菓子屋さんの手造りケーキなだけあって、どれも美味しい。盛り合わせの詳細については、
小さなガラス容器に入ったサラダから時計回りで①ミニたまごパン(やきたて) ②コーヒーシフォン ③ブルーベリームースのケーキ ④ティラミス ⑤サクサクレモンパイ ⑥ババロアとチョコアイスのケーキ ⑦イチゴショート ⑧ロールケーキ ⑨プレーンシフォン ⑩ベイクドスフレチーズケーキ ⑪イチゴゼリー となっていました。

Dsc02861_400ふんわりきめ細かいスポンジ,口溶けの良いフレッシュな生クリーム,コクがありながら軽やかでまろやかなババロア・ムース類,シフォンはふんわり&しっとり&むっちり。
クドくないのでこれだけたくさん食べても胸焼けしません。質の良い いろんな種類のケーキを少しずつ頂ける幸せがここにあります。

ケーキの量に対してコーヒーが足りないので、配分を考えて飲んだ方が良いでしょう。
コーヒーはさっぱり系。今まで飲んだ愛知県のモーニングコーヒーは、アメリカンな感じのが多いなあ。

 

フランス洋菓子 アルビノール
住所:愛知県一宮市牛野通1-42
電話番号:0586-24-3620
営業時間:9:00~20:00 無休
モーニング時間:9:00~11:00
モーニングケーキセット \630 (ドリンク,自家製パン,ケーキの盛り合せ) 1日50食限定
モーニングサービス \400 (ドリンクに自家製パン3種,サラダ付)

| | コメント (0)

一宮モーニング @メールネージュ

一宮モーニング @メールネージュ

Dsc02659_400Dsc02644_400

愛知県といえば「モーニング」!その中でも一宮市は「モーニング」発祥の地といわれており、モーニングの祭典「モー1グランプリ」の開催や,食べ歩きのための小冊子等が用意され、まちおこしの一環として力を入れています。
以前、2010のモー1グランプリ 銀賞受賞の「喫茶ピットイン」で素敵なモーニングをいただきましたが、今回は2009,2010年と2年連続金賞受賞の「メールネージュ」へ。

郊外の住宅街にあるシックでちょっと可愛らしい外観の喫茶店です。
「駐車場が満車の時はミニストップさんの駐車場を使って下さい」という掲示が面白いですね。(でもミニストップさんは やや道幅の広い道路を挟んで向かいにあるので、満車で止められないお客は200m程先の他の喫茶店に流れて行っていた。喫茶店激戦区ですな。)

Dsc02645_400Dsc02658_400

店内は小奇麗で落ち着いた空間になっています。待合い用椅子の横には「自由にお飲み下さい」と飲み物が置いてありました。(ギリギリ待たずに席に座ることができたので、ポットの中身は不明)

Dsc02647_400Dsc02646_400

モーニング時間は7:30~11:00(土日祝 ~12:00)。ドリンクのおまけとして朝食が付きます。
コーヒーは\350~。最もお得なドリンクチケット(11枚綴り)を購入すると\270/杯でいただけます。モーニングって素晴らしい(゚▽゚*)

Dsc02649_400   

窓が大きく天井が高い店内では老若男女問わずにモーニングを楽しんでいました。
満席状態の上、パン類は注文を受けてから調理するせいか待ち時間があり、本や新聞を読んだりと、ゆっくり寛いでいるお客さんが多かったかな。

Dsc02654_400

ドリンクを注文すると、付いてくる朝食プレートが豪華。パン(9種類からチョイス),キャベツと人参の千切りサラダ(フレンチドレッシング),茹で卵1/2,バナナ1切れ,ミニコンソメスープ,ミニコーヒーゼリーが並びます。これが\350~のコーヒーに付く おまけですよ?!(゚ロ゚屮)屮

Dsc02655_400_2

パンはトースト,サンドイッチ,ワッフルなどがありますが、ここはやはり 1番人気のフレンチトーストをいただきたい~(゚▽゚*)
しっとり&ふんわりで、かなりうまうまです。卵液がしみ込み過ぎてベチャっとなってしまいがちなフレンチトーストですが、さすがプロの味!絶妙な焼き具合です。メープルシロップと生クリームも添えられていて幸福です! 

Dsc02653_400 

ドリンクはカフェオレ(\450)を注文しましたが、コーヒーはあっさり系ですね。
相方A氏は小倉トーストをチョイスしていました。フランスパン似のパリッとしたパンにたっぷりバター&小倉が乗っています。美味しいけど、やっぱり手がかかっているフレンチトーストの方がお得感があるかな。(フレンチトーストは数量限定があるので、早めの時間に訪問するのが吉。)

お店によって雰囲気やサービスメニューが異なるのが楽しいですね。モーニングというこの素敵な食文化を、早く関東圏まで広げて欲しいです。
 

cafe merneige  (カフェ メールネージュ)
住所:愛知県一宮市木曽川町外割田四の通り106-1
電話番号:0586-54-2456
営業時間:7:30~22:00(日曜:~19:00) 木曜休
モーニング時間:7:30~11:00 (土日祝: ~12:00)
モーニングコーヒー \350 (パン,サラダ,ゆで卵半分,ミニ野菜スープ,バナナ1切れ,ミニコ-ヒーゼリー付)

| | コメント (0)

あんかけスパゲッティ

あんかけスパゲッティ @スパゲッティハウス チャオ

Dsc02745_400Dsc02748_400

素泊まりの宿に入る前に腹ごしらえ!ということで、以前から食べてみたかった名古屋めしの中から 今回は「あんかけスパ」を頂くことに。狙っていたお店「ヨコイ」さんが定休日だったため、携帯で検索して出てきたお店へ行ってみることに。
メイチカにある「スパゲッティハウス チャオ」は、庶民的で入りやすい雰囲気。仕切りがない広々とした店内は中央に相席用の大テーブルがあり、一人で食べに来る男性客が多かったです。

Dsc02755_400

メニューにはスパゲッティの写真がたくさん並んでいます。「ミラカン」?なんだろね?

Dsc02750_400

「ミラカン」とは、ソーセージ等の肉系の具材を中心とした「ミラネーゼ」と、野菜系の具材を中心とした「カントリー」の混血。それぞれの頭文字を取って「ミラカン」と呼ぶそうで、あんかけスパの世界では超定番とのことである。
こちらのお店のミラカンはカントリーにソーセージを足したもの。

Dsc02749_400 Dsc02753_400

太めの丸麺。やや柔らかめのもっちり麺。軽くコンソメ系の味付けで 具と一緒にソテーされています。具は玉ネギ,ピーマン,竹の子,コーン,マッシュルーム,フレッシュトマトの野菜系と、昔懐かしい赤色ウインナーがたっぷり。
相方A氏は からあげをトッピングして、さらにボリュームアップ。
あんかけは、トマト風味+肉ダシ+醤油+コショウ系ピリ辛味で片栗粉系で弱いとろみがついています。例えるなら ○美屋のマーボー豆腐の素をトマトで爽やかにした感じ?
ものすごーく美味しいという訳ではありませんが、30年くらい前に食べた懐かしい「日本のスパゲティ」の風情を残しながらも、ちょっと斬新な庶民の味でした。

  

スパゲッティハウスチャオ メイチカ菱信ビル店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目8-12 菱信ビル地下1階
電話番号:052-562-5668
営業時間:11:00~21:30 無休
ミラカン (サイズ:R) \790,からあげトッピング\130

| | コメント (0)

和食麺処 サガミ

和食麺処 サガミ

Dsc02573_400Dsc02572_400

この日は恵那峡で素泊まり宿泊だったので、ふもとの街で夕食を食べてからチェックインすることにしました。
何も下調べをしないまま できれば土地の物が食べたいなあ等と思いつつ徘徊すると、「和食麺処」と書かれた和風ファミレス的なお店が。ここならご当地メニューが何かあるかも?という期待を込めて入ってみることにしました。
玄関先のブース内では自動石臼がゆっくりと蕎麦の実を挽いていました。もしかしたら挽きたてのお蕎麦がいただけるのかしらヽ(´▽`)/

Dsc02561_400_2Dsc02566_400

店内は広々とした和の雰囲気で、個室風の席に案内されたので 落ち着いて食事を楽しむことができました。
こちらのお店は名古屋に本店があり、東海~関西を中心に展開しているチェーン店らしいので、メニューには手羽先や味噌煮込みうどん等の名古屋名物が結構あります。

とりあえず「手羽先三兄弟」が美味しそう!定番ダレ,塩味,赤辛味噌の3種類の味付けの手羽先2本ずつの盛り合せになっています。
外はカリッと揚がり,中はジューシーのアツアツ肉厚手羽先で、塩味も甘辛い定番ダレも美味しくご飯が欲しくなります。唐辛子味噌を使用したタレは初めて食べましたが、結構刺激的でビールが欲しくなる味でした。

Dsc02568_400

私が注文したのは「味噌かつ丼セット」。味噌カツの他にお蕎麦と茶碗蒸し,香の物が付きます。石臼挽きの蕎麦は つゆの旨味がやや薄く、蕎麦は喉越しとコシが弱いが 味と風味,弾力があり、ファミレスの蕎麦としてはまずまずかしら。
茶碗蒸しはダシがきいていてトロぷるアツアツで美味しい。

Dsc02570_400Dsc02571_400

味噌かつ丼は やや薄めで適度な脂身としっかりした肉質でサクサク揚がったカツの上に、独特の風味,コクがある赤味噌ダレとすりごまがたっぷり掛かっています。
粘度が低くさらりとしたタレはカツやご飯にからみやすく美味しい。キャベツの千切りがたっぷり添えられているので意外にさっぱりといただけます。

Dsc02569_400

相方A氏が注文したのは「焼鯖桶まぶしと麺」のセット。これらのセットは蕎麦を無料で大盛にしてもらえます。
「焼鯖桶まぶし」とは焼鯖を使った"ひつまぶし"みたいなもので、桶の中に入った焼鯖とご飯を①最初はそのままで。 ②次に薬味(海苔,ネギ)を混ぜて。③最後にダシ汁を掛けていただきます。

手頃な値段で気軽に名古屋めしがいただけるのが嬉しいですね。近所にあったら つい行ってしまうであろう和食ファミレスでした。

和食麺処 サガミ 恵那店
住所:岐阜県恵那市長島町正家2-1-14
電話番号:0573-26-5990
営業時間:11:00~25:00
手羽先三兄弟 \580,味噌かつ丼セット \1290,焼鯖桶まぶしと麺 \1140

| | コメント (0)

たまごふわふわ & たまごふわふわプリン

たまごふわふわ @遠州味処 とりや茶屋

Dsc02513_400Dsc02498_400

「たまごふわふわ」とは静岡県袋井市で食べることができる ご当地玉子料理です。名前がカワイイので、ずっと食べてみたいと思ってました。
かの有名な「東海道中膝栗毛」にも登場したおもてなし料理で、袋井市が町おこしのため 江戸時代の文献をもとに再現し、現在は8店舗で食べることができます。
今回は昼ごはんも兼ねて、とりや茶屋さんにお邪魔しました。
県道からちょっと入った住宅街にある3階建てのお店です。店内に入るとすぐにカウンター席があり,その奥には小上がり席があります。2階には宴会用の部屋があるようです。

Dsc02496_400Dsc02499_400

ランチ膳は6種類あり、遠州,三山,エコパ…と変わった名前をしています。やっぱりここは肉系おかずのある「エコパ」かな? 「エコパ」とは近くにある総合運動公園「エコパスタジアム」から名付けたそうです。
そして、お目当ての「たまごふわふわ」も もちろん注文。\300とはリーズナブルね♪ 

Dsc02501_400Dsc02505_400

急須ごと出して頂いたお茶がとっても美味しくて、これは料理も期待大だな。
すぐに厨房から 卵を泡立てる音が聞こえましたよ。そして程なく1~2人用の土鍋が運ばれてきました。 

Dsc02506_400

蓋を開けると、ぶわっと膨らんだ玉子!上に三ツ葉が乗せられています。だし汁に浮いている感じです。 

Dsc02509_400Dsc02512_400

レンゲですくって口に運ぶと、ぶわっと細かいエアーを含んでいますが、結構な弾力があります。機械ではなく手で泡立てた方がしっかりとした泡になり,火を通した時に弾力が出るそうです。
透明なお吸い物風の汁は 昆布ダシがきいて美味しい。例えるならタコと小麦粉を抜いた明石焼みたいな感じ?アツアツでうまうまです。
ただし、玉子に完全に火が通っていて、”たまごぼわぼわ”といった感じだったかな?ポスター等で見かける写真のように表面が半生でトロっとした状態のものも食べてみたかったかも。

Dsc02502_400

こちらはランチ膳「エコパ」です。お造り,焼肉,サラダ,ご飯,味噌汁,香の物のセットになっています。お造りは鮪赤身,カニ爪肉,〆サバ,鯛の4点盛り。貝のダシがきいたしじみの味噌汁も美味いです。 

Dsc02503_400Dsc02504_400

サラダはキャベツ,人参の千切りとトマトの他、りんご,キウイ,オレンジ,苺等 フルーツがたっぷり乗っていました。りんごの飾り切りが見事。
焼肉は極薄切りの豚肉生姜焼きが5枚にレタスとポテサラが添えられています。量的に上品な盛りになっていますが、こっくりと濃いめの味付けになっているので ご飯のおかずとしては丁度良いのかもしれません。それぞれの料理の味付けも良く,色々と食べれるお得なお膳でした。

とりや茶屋
住所:静岡県袋井市高尾町15-7
電話番号:0538-42-2427
営業時間:11:30~22:00 月曜休
たまごふわふわ \350 ,ランチ膳 各\1050
 

たまごふわふわプリン

Dsc02515_400Dsc02621_400

江戸時代の文献を再現した「たまごふわふわ」ですが、更に独自にアレンジを加えた創作部門というのもあります。
その中で「たまごふわふわ 袋井プリンの王様」を販売している炭火焼の食事処「がじまる」へ。お店に着いたのはお昼の部が終了するちょっと前で、ギリギリセーフ^ ^。

「持ち帰り用のビン入りは数日前に予約が必要なんですが、店内用ならあります。そちらでよろしいですか?」と問われたので、「はい!」と元気よく答えると、「少々お待ち下さいね、今切り分けますから。」とのこと。プリンを切る??
しばし待つと芋ようかんのような形に切り分けられて、透明パックに入ったプリンが登場。 

Dsc02622_400

宿に入ってからデザートとしていただきました。
多少乱暴に運搬してきたにも関わらず 型くずれがなく、スプーンを入れるとスゴイ弾力。
カラメルソースは表面に染みた程度の量。生地の甘さは丁度良く,卵の濃厚な味とコクがあります。
たまごである事は間違いないが、ふわふわ感や とろり口溶け感は全くなく、ぶりっ&ねっとりとした食感。「たまごぷりっぷり」といった感じかな。
卵黄のみを使用して 1時間混ぜながら加熱しているという、超こだわりの濃厚プリンでした。
 

炭焼・食菜 かじまる
住所:静岡県袋井市神長25-7
電話番号:0538-42-2545
営業時間:11:30~14:00,17:00~21:00 (金・土:~23:00) 月曜休
たまごふわふわ袋井プリンの王様 \380 (テイクアウトの場合は5日前までに予約要)

| | コメント (0)

辻占せんべい & からからせんべい。

辻占せんべい

Dsc02090_512Dsc02092_512

越後湯沢のキオスクで見かけた 「辻占せんべい」です。「辻占」とは江戸時代頃に流行った 辻(交差点)で売っていた おみくじのことで、それ風の紙が煎餅の中に閉じ込められています。
京都の伏見稲荷のものが有名ですが新潟,石川,長崎など各地に辻占菓子が残っているようです。また、北米の中華料理店などで出されるフォーチュン・クッキーという同形状のお菓子も、この辻占煎餅より派生しているそうです。 

Dsc02093_512Dsc02100_512

さて、早速食べてみましょう。そのまま一口で食べると、あんまり幸せな結果を招きません。まず、2つにパキッと割って中に入っている紙を取り出します。

煎餅自体は ほんのり甘い小麦粉煎餅。やや固めの素朴な味です。辻占の中身は吉凶の他に有り難い一言が書かれています。
「仕事をしなさい」と「果報は寝て待て」が同じ日(5分以内)に出てきたのが判断に迷うところです(笑)。

辻占せんべい (小林製菓所製/新潟県三条市) 160g \367
 
 

からからせんべい

Dsc00170_512_2Karasen_8_main_2   

山形県に行くとついつい買ってしまう、庄内地方名物の「からからせんべい」です。
今まで大袋(8個入り)を購入していましたが、先日蔵王の土産屋さんで個別包装品(1個入り)を発見!これならお土産として使いやすいですね。

Dsc00171_512Dsc00174_512

振ると”カラカラ”と音がするのが名前の由来と思われます。
そう。三角形に包まれた煎餅の中に何かが入っているのです。
煎餅を割ると中には和紙につつまれた民芸小物が入っていました。今回,入っていたのは小さなノートもどき(1x2cm)。相方A氏のはミニチュア凧もどきでした。ハズレだな。
少し前まではミニ独楽やミニでんでん太鼓等の立体物が入っていて、ちょっと嬉しかった記憶があるのですが…(原価低減か?)

江戸時代に ”大黒煎餅”という、丸い生地を三方向から畳んで焼いた三角形の煎餅があり、当たり品には木彫りの大黒さんのオマケが入っていたそうです。「からからせんべい」も,先に紹介した「辻占煎餅」もこの大黒煎餅から派生したと言われています。

煎餅自体の味は 香ばしい焦がし黒糖のコク風味がしっかりある、バリっとした小麦煎餅です。オマケ入りという珍しさがウリですが、味も美味しいのが良いですね。 
以前は中にプラスチック製のおもちゃが入っているバージョンもありましたが、最近はあまり見かけませんね。 

からからせんべい(民芸おもちゃ入) 8ヶ入 \997, 1ヶ入 \157  
からからせんべい(おもちゃ入) 8ヶ入  \682  (宇佐美煎餅店製)

| | コメント (0)

松之山温泉名物 しんこ餅

松之山温泉名物 しんこ餅

Dsc02028_512

昨日から降り続いた雪で、外は更にぶ厚い雪景色に。電線の上にまで雪が積もっています。宿の人が雪かきの事を「雪掘り」と言っていたのが印象的でした。(ちなみに実家(北海道の太平洋側)では「雪はね」と言っていましたし、愛知県の三河地方では「雪掃き」というそうで、降雪量によって呼び名が違うのが面白いですね。)
宿泊した旅館の向かいにある2階建ての民家を見ると… 

Dsc02029_512

2階の屋根に雪下ろしをしている人がいました。一日でほぼ人の背丈程に積もっています。こりゃ大変だ。

Dsc02031_512Dsc02032_512

歩いて松之山温泉街まで向かいます。人が住んでいない倉庫風の建物の屋根には雪がてんこ盛り。相方A氏は豪雪地帯で雪遊びをしたかったみたいですが、道の脇には2m以上の雪の壁があり、雪が深すぎて危険なので今回は断念です。 

Dsc02066_512Dsc02037_512

やっと温泉街の入口が見えてきました。共同浴場 鷹の湯近くにあるお土産屋さん「まるたか」にて松之山温泉名物の「しんこ餅」を購入することにしました。
松之山で「しんこ餅」を作っているお店は3軒程ありますが、まるたかでは本笹使用のしんこ餅を製造販売している他,プラ葉を使用した小島屋のしんこ餅も販売しています。

Dsc02065_512

折角なので本笹のしんこ餅を購入。小ぶりな2口大のお餅が笹の葉に挟まれています。白餅とよもぎ入りの2種類があります。
上新粉(うるち米の粉)を使用したお餅のはずですが、もち米を使用したかのように柔らかい!笹の葉の香りが移って良い風味です。
中は こしあんで、やや甘めで粘度低めのさらりとしたあんです。
北海道では「草しんこ」と呼ばれる よもきの葉がたっぷり混ぜられた上新粉のお餅がありますが、それとは全く違う食感で美味しかったですよ。

Dsc02001_512Dsc02068_512 

前泊した旅館 明星で出された部屋菓子(有)湯米心(ゆーまいはーと)の「ふるさとの手焼き そばせんべい」も売っていたので購入してしまいました。
香ばしいそば粉の香りに カルメ焼きのような甘い焦がし砂糖味の小麦せんべい系。パリっと焼き上がっていて美味いんです。
温泉街にはお土産屋さんや飲食店が並んでおり、特に「そばとジャズの店 滝見屋」は面白そうだなあ (外に置いてあるタンクに書かれた「不良中年第十五条」なる条文が素敵)。

まるたか
住所:新潟県十日町市松之山町湯本9-5
電話番号:025-596-2076
営業時間:8:00~19:00 不定休
本笹しんこ餅 (白・よもぎ入 各\75) 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧