ふぐ料理 たまや本店

ふぐ料理 たまや本店

Dsc03652_400Dsc03653_400

大阪の「喫茶Y」でボリューミーなモーニングを頂いた後、昼抜きで山口へ。魅惑の”アメリカンスタイル”モーニングにしなくて良かった&夕食を20:00に予約しておいて良かった。

駅からは徒歩で行ける距離ではないので、タクシーでお店へ。JR下関駅前で拾ったタクシーで「たまや本店まで」と告げると、「今からですか?」と返ってきた。「???」話をよく聞くと、この周辺で「たまや本店」というと博多にある大手デパート(?)のことらしい。危うく博多まで連れて行かれるところであった(´▽`A`
このタクシーの運ちゃんがまた、すっごい話好き&山口のレキシ大好きなお方で、身振り手振りを交えてマシンガンのようによう喋るので、「ハンドル握って、前を見て運転してくださ~い」という感じだった(笑)。

さて、着いた場所は丘の中腹の閑静な住宅街にポツンとある、外観が民家のような小ぢんまりとしたお店。照明が少なくて周囲が暗いのでちょっとドキドキしてしまいましたが、ふぐの絵の暖簾を見てホッとしました。 

Dsc03684_400_2Dsc03655_400

で、中に入るとカウンター席だけのような小さな店舗のように見えるのですが、三つ指をついて挨拶してくれた仲居さんに案内されるままに靴を脱いで奥に上がると、広いっ!
外観からは想像できない純和風な高級感のある造りになっていて、中庭に面した風情ある回廊のような廊下の先にある個室に通されました。 

Dsc03658_400   

この日はGW旅行の初日にして、今旅で最も豪勢な夕食。ふぐ料理のフルコースをいただきます。今回は\8400のコースです。頑張りました! 

Dsc03662_400

まずは「ふぐさし」。添えられている すだちを回しかけて、ネギを刺身で巻いて 薬味を入れたポン酢につけていただくそう。
薄切りの淡白な白身魚でありながら、もっちり食感で旨味がすごく強い。やっぱ ふぐの旨味が一番わかる食べ方だよなあ。しかも1人前がたっぷりあって幸せであるヽ(´▽`)/
真ん中に盛られた皮の湯引や内臓系?もコツコツ,ふんわり,つぶつぶと色んな食感が楽しめます。 

Dsc03664_400Dsc03666_400

お寿司は2巻(刺身,皮湯引)。ふぐさしで食べた方が美味いかな。小鉢には皮のトビッコ明太和え。 

Dsc03667_400Dsc03679_400

アツアツぷるんの茶碗蒸しが運ばれてきましたよ。私好みのとろぷるな柔らかさの玉子生地。底の方には ふぐの身が沈んでいるので、底へいくほど美味しいダシが濃くなっていきます。ふんわりとろりの白子は上品な旨味。幸せな味です^ ^。 

Dsc03673_400Dsc03674_400

唐揚げは揚げたてのアツアツが運ばれてきました。身が締まっているがジューシーで、旨味が濃縮されている感じです。マフグを特製ダレに漬けているので、添えられた塩は必要ありません。 

Dsc03672_400_2Dsc03682_400

少しすると女将が入ってきて、ふぐちりの準備を始めました。まずは沸騰したお湯に野菜を入れつつ、白子だけはしゃぶしゃぶとお湯にくぐらせて絶好のタイミングで引き上げます。ポン酢でいただきましたが、ふわとろでタチ(たらの白子)よりも上品でありながら旨味が強いです。
ふぐちりの具は野菜(白菜,春菊,椎茸,えのき),豆腐,マロニー,ふぐの身&アラで、火を通したふぐの身はぷりっぷりになって 刺身とはまた違う食感が楽しめます。
鍋の汁は元々は普通のお湯のようですが、具を投入後の汁に,唐揚げで余った塩をちょい足しして飲んでみると すごぶる美味なダシが取れていることがわかりました。 

Dsc03687_400Dsc03689_400

鍋の具が無くなった頃合いに女将が現れ、鍋とともに退場。このダシ汁を使って雑炊を作るので、10分程待ちます。
再登場したお鍋の中には、玉子でとじられたトロトロの雑炊が!!味付けもみ海苔を散らしていただきます!塩で調味され,玉子でコクまろに仕上げた雑炊は、ふくふくとした美味しさで、お腹がかなりいっぱいだったはずなのに、気が付くと全部綺麗に平らげていました。 

Dsc03691_400Dsc03693_400

デザートは水菓子(りんご,苺),ミニ桜餅と濃いめの番茶でシメ。美味しいふぐを鱈腹食べて満足満足。お値打価格でフルコースを堪能できて よござんした。

追記:下関の下水道の蓋はふぐのデザインなのね♪かわいい。
 

ふぐ料理 たまや本店
住所:山口県下関市彦島老町2丁目5-9
電話番号:083-267-7804
営業時間:11:00~22:00 要予約 不定休
ふぐ料理フルコース(\6300コース,\8400コース,\10500コースの3コースあり。)
      

| | コメント (4)

ひるぜん焼そば

ひるぜん焼そば@いち福

Dsc07876_512Dsc07878_512  

岡山県真庭市の蒜山高原で食べられている,いわゆるご当地焼きそばです。元祖の店といわれる「ますや食堂」が閉店する際、常連さんだったこちらのご主人が「この味を残したい」と説得して 味を引き継いだといわれているお店です。
外観,内装ともに新しく綺麗な焼肉屋さんです。訪問したのが昼時だったせいか「ひるぜん焼きそば」を注文しているお客さんが多かったです。

Dsc07882_512  

「ひるぜん焼きそば」の特徴は ①秘伝の濃厚な味噌ベースの甘辛たれ ②親鳥のかしわ肉 ③蒜山の高原キャベツ が使用されているとのこと。さて、運ばれてきましたよ。大きな平皿に盛られ、結構なボリュームがあります。

Dsc07887_512 Dsc07883_512

麺は灌水入りの中華麺で,中太ストレートの丸麺。やや柔らかめですが,もっちりとした弾力があるリングイネパスタのような食感が好みです。
香味野菜のすりおろしペーストが混ぜ込まれた濃厚みそだれは、甘さひかえめのすっきり味です。   

Dsc07884_512_2Dsc07889_512  
親鳥のかしわ肉は、特有の風味とガシガシとした硬さが気になりますが、噛みごたえのある食感がアクセントになっているという事かも。大ぶりに切られ,シャキ感が残ったキャベツもタレの味が絡んで美味しいです。
濃い味付けなので、ご飯のおかずや ビールのお供に最適です。
そういえば店の外に立てられた幟には「よるぜん焼そば」の文字がありました。駄洒落たネーミングセンスが素敵。”新食感 お酒に合う大人の味!! 夜限定”とのこと。気になるぅ~。こちらも食べてみたかったっす。
 

焼肉 いち福 
住所:岡山県真庭市蒜山中福田207-5
電話番号:0867-66-5366
営業時間:11:00~14:00/17:00~22:00 月曜休
ひるぜん焼そば \680

   

| | コメント (0)

飯南町 名物 焼どーなつ

焼きどーなつ

Dsc07687_512Dsc07686_512  

島根県飯南町にある「道の駅 頓原」に立寄った際、目に入った「焼どーなつ」の文字。何かとても美味しそうです。 

Dsc07685_512Dsc07683_512  

敷地内の一角にある南町頓原酪農組合直営店「もんこちゃんのお店」で販売されており,フレッシュな牛乳を使用したアイスクリームが美味しいお店らしいです。
こちらで販売されている「焼どーなつ」は、飯南町で生産された牛乳,やまと芋,リンゴ・ブルーベリージャムを使用した油で揚げないドーナツです。

4種類あるようですが コーヒーは売り切れていたようなので、プレーン,りんご,ブルーベリーを購入。 

Dsc07684_512Dscf5339_512  

店内のベンチでプレーンの焼どーなつをいただきました。1個\150。
正直言ってかなり美味しいです。やまと芋が入っているせいか ケーキのようにふんわり&しっとりしていますが,ドーナツらしい適度な弾力もある食感が良いです。また甘さ控えめで香料感はほとんどなく、新鮮な牛乳,卵の味がしっかりあります。
宿に戻ってコーヒーと一緒に りんごとブルーベリーの焼どーなつをいただきましたが、フルーツの味,香りそのままの素材が生かされていて美味しかったですよ。でもやっぱりミルク味が濃いプレーンが一番好みかな。

ここの焼どーなつが、マイ・ファースト焼ドーナツなので、その後食べた焼ドーナツとの比較材になってしまいます。続々と発売された大手ドーナツショップやら近所の菓子店の焼ドーナツを食べても 甘くて油っこくて満足できません。質が良く,素朴で優しい味わいは地産地消ならでは。近くに行った際にはまた食べたい一品です。

もんこちゃんのお店 (道の駅 頓原 内)
焼どーなつ (プレーン,コーヒー,りんご,ブルーベリー) 各\150

|

出雲そば炒め

出雲そば炒め @大正庵

Dsc07595_512Dsc07597_512  

「出雲そば」は 島根県の出雲地方で食べられているお蕎麦で、日本三大そばの一つとも言われています (残りの2つは 長野県の「戸隠そば」,岩手県の「わんこそば」とのこと)。
出雲そばは、蕎麦の実を殻ごと挽く田舎そばで、色が黒く,香りが高く,コシが強いのが特徴らしい。じゅるる(´ρ`)美味そう。
今回,数ある蕎麦屋さんの中で、ちょっと気になるメニューがあった「大正庵」さんへ行ってみました。ちょっと鄙びた店内は 開店直後に訪問したため、ひっそりとした雰囲気でした。

Dsc07598_512Dsc07596_512  

定番の「割子そば」と、お目当てのメニュー「出雲そば炒め」なる料理を注文してみました。冷たい麦茶はセルフサービスになっています。 

Dsc07602_512  

待つことしばし。問題の「出雲そば炒め」が運ばれてきました。やや深さのあるパスタ皿のような器に盛られたそばの上に、ネギと刻み海苔が乗っています。普通の盛りそばのようにも見えますが、香ばしいゴマ油系の湯気が鼻腔をくすぐります。 

Dsc07603_512Dsc07604_512  

麺は中細平麺で結構柔らかいです。やや大きめに切ったネギ,本しめじ,えのき茸,そばをゴマ油で炒め、甘めのめんつゆで味付けしたもの。炒め残ったつゆには、茸の旨味と 麺から出たデンプン質によってトロみが付いており、喉越しが良く,味が麺に絡みやすくなっています。ハイカラ且つ優しい味で、とても美味しい!
半分くらい食べてから一味唐辛子を振ると、ピリカラで味の変化を楽しめます。試行錯誤を繰り返すこと3年。見事に完成した大正庵オリジナルのメニューです。 

Dsc07599_512  

割子そばは、小さな器に盛られた3段重ねのおそば。蕎麦猪口のつゆにそば浸して食べるのではなく、そばの入った容器の上から つゆをかけて食べます。

Dsc07600_512Dsc07605_512  

余ったつゆを 次の2枚目のそばにかけて食べ進めるという独特な作法です。さて早速食べてみましたが、中細平麺で 冷たいそばとして食べるには(茹で過ぎじゃないの?と思うくらい)結構柔らかいです。コシが重視の関東のおそばに慣れている人には 口に合わないかも知れません。蕎麦の(香りはあまり感じないが)味がしっかりとあり、やや甘めのそばつゆに良く合います。 

Dsc07607_512  
カウンター席には さりげなく将棋駒の埋め木があるのが粋ですね。
出雲そばの特徴は「コシが強い」はずなので、今回食した割子そばは 偶然茹で過ぎたロットが当たったのかも知れません┐(´-`)┌ 
出雲そば炒めは結構お気に入りで、今度家でも作ってみたいと思います。(ところで この麺類、分類上「そば」なのでしょうか?やっぱり「やきそば」になるのかしら??)
  

大正庵
住所:島根県出雲市大社町杵築南四本松東1399-4
電話番号:0853-53-2454
営業時間:11:00~23:00 8・18・28日休
割子そば \690 , 出雲そば炒め \700

| | コメント (0)

ぼてぼて茶 @松江

ぼてぼて茶 @へるんの小径

Dsc07578_512Dsc07593_512  

日本三大振り茶と言われる(?) 島根県松江市周辺に伝わる「ぼてぼて茶」をいただきに行きました。振り茶とは、番茶等を茶筅で泡立てて淹れたもので、抹茶が高級品で入手できない庶民が代用品として楽しんでいたものと言われています(諸説あるようです)。
沖縄の「ぶくぶく茶」,富山~新潟の「バタバタ茶」,島根の「ぼてぼて茶」が有名で、「ぶくぶく」と「バタバタ」は以前いただいたことがあったので、今回の旅では是非とも「ぼてぼて」をいただきたいと思っていました。

「へるんの小径」は松江城の遊歩道沿いにある小さな茶店で、純和風の,時代劇にでも出てきそうな佇まいです。 

Dsc07580_512Dsc07585_512  

店内は大・小テーブル席が各1あるだけで小ぢんまりしていますが、2面の大窓が開くシステムになっているのでオープンカフェ風な解放感があります。外では串団子が炭火で焼かれており、美味しそうです。

Dsc07586_512Dsc07587_512  

メニューはそれ程種類は多くありませんが、お茶系,餅・団子系の他、うどんや焼きおにぎり等の軽食もありました。 

Dsc07582_512  

炭火での焼き姿に心惹かれて「ぶぶだんご」も購入してしまいました。団子は 草・白・桜 があり、タレは 味噌・あん の2種類から選びます。

Dsc07583_512Dsc07584_512  

私は「草」の「あん」で、相方A氏は「白」の「味噌」を注文しました。むっちりとした弾力ありながらも 中は柔らかく,草団子の方はヨモギの風味がしっかりとあります。味噌ダレは甘辛のバランスが良く、味噌の風味に炙った香ばしさが加わって素朴な美味しさでした。 

Dsc07588_512_2 

さて、お目当ての「ぼてぼて茶」が運ばれてきました。ぼてぼて茶とは、花茶を混ぜた番茶を淹れて 細い茶筅で点てたもの。それに具材が添えられて供されます。 

Dsc07589_512Dsc07590_512  

結構しっかりと泡がたっています。まずは何も入れずにお茶だけを飲んでみると、野趣のある野草茶のような独特の風味があり,体に良さそうです。泡立てることによって 若干まろやかになっているような気がします。
別皿には5種類の具(漬物,あられ,赤飯,沢庵,黒豆)が添えられており、これをお茶の中に投入していただきます。 

Dsc07591_512Dsc07592_512  

具を入れた後は 泡を消さないため、かき混ぜないようにします。あられの香ばしさと,赤飯のでんぷんが加わり、更にまろやかになります。お茶を飲み、底にたまった具をスプーンで さらさらとお茶漬け感覚でいただきます。最後まで泡が消えないのがスゴイですね。
私は漬物が食べられないので、あられ,赤飯,黒豆しか入れませんでした。具を全部入れた相方A氏によると、上記の味に漬物の酸味と塩分と歯応えが加わるそうです。
具材はお店によって高野豆腐や椎茸,干瓢の煮物などが入る場合もあるそうです。職人さんが仕事の合間に 短時間で済ませる軽食も兼ねて飲んだお茶とのことで、散策の途中でちょっと小腹が空いた時に最適だと思います。 

へるんの小径(こみち)
住所:島根県松江市殿町488
電話番号:0852-23-2008
営業時間:10:00~17:00 (12~2月:~16:00)  水曜休(3~11月は不定休)
ぼてぼて茶 \500,ぶぶだんご(白,草) 1本 \300
 

| | コメント (0)

浜田名物 赤天

赤天 @ゆうひパーク浜田

Dsc07433_512_2  

鳥取県浜田市の国道9号泉浜田バイパス沿いにある道の駅です。連休中ということもあり賑わっていました。建物の前には屋台チックなお店が並び、ちょっと買い食いをすることに。 

Dsc07434_512Dsc07435_512  

桑の実ゼリー,赤天,肉巻おにぎりを購入し、一面窓の景色の良い休憩室でいただきました。夕日が綺麗で有名な所らしいので、その時間帯に行くのも良いかもしれませんね。
桑の実ゼリーは味が薄いっす!肉巻おにぎりは味付けが好みで美味かったっす♪ 

Dsc07437_512  

こちらが浜田市名物の「赤天」です。魚のすり身に赤唐辛子を混ぜて練り合わせ、パン粉をまぶして揚げたものです。 

Dsc07438_512_3  

ガシガシと魚肉の食感と風味が残る つなぎの少ない練り物で、パン粉衣を付けて揚げることでコロッケみたいな洋風な風味とサクサクした食感が加わり、美味しいです。ドぎつい赤色は着色していると思われますが、それに隠れるように唐辛子が多めに入っており ピリ辛なのでお酒のつまみとかに良いと思います。辛いのが苦手な人やお子様には刺激が強いと思いますので注意が必要です。

【その他購入したお土産】

Dscf5397_512Dscf5403_512  

・金城の華 純天然のアルカリイオン水
島根県浜田市金城町の湯屋温泉の源泉(アルカリ性単純温泉)を非加熱でミネラルウォーターとして販売しているものです。pH8.2というしっかりとしたアルカリ温泉なので、飲むと唇でつるつるとした感触が楽しめます。まろやかでちょっとコクがあり美味しい水です。
本当は湯屋温泉の「子安華湯館」で入浴する予定でしたが、スケジュールがタイトであったため今回は割愛しました。
ちなみにセブンイレブン等で購入できる「体に潤うアルカリ天然水」は、これのOEM商品です。

・やきごめ
初めて見る食べ物なので購入してみました。日本の伝統的な保存食の1つで、各地で少しずつ違うらしいのですが、籾付の1度蒸した(または煮た)お米を水切り乾燥し,充分に炒り上げた後精米したものらしい。こちらの商品はもち米の焼米らしいです。

Dscf5405_512Dscf5415_512   

食べ方は実に簡単で、食べたい量の焼米を茶碗に入れ、熱いお湯(またはお茶)を注いで5~10分程放置すればできあがり。量や湯温によっては なかなか柔らかくならない場合があるので、蓋をしたり,レンジで再加熱する等、臨機応変に対応して下さい。
香ばしい玄米茶のような香りがする,やや固いご飯になります。塩や砂糖で味を加えたり,スープの素なんか入れても美味しいと思います。 

Dsc07446_512Dsc07447_512  

道の駅駐車場には見慣れない看板が。『食べ物を持ち歩くと、鳶(トビ・トンビ)が上空から襲ってくることがあります。危険ですのでご注意下さい。』と書いてあります。「へ?」と思って上空を見ると、パッと見15羽以上のトンビが上空でぐるりと輪を描いていました。おっかねーよ~(((゚Д゚)))ガタガタ
『ご注意下さい』って言うけど、どう注意したらいいのだらう? とりあえず 滑空しているトンビが、真上で急降下を始めたら 即、逃げて下さい。

  

道の駅 ゆうひパーク浜田
住所:島根県浜田市原井町1203-1
電話番号:0855-23-8000
営業時間:店舗によって異なる (土産物ショップ 五地想市場は 9:00~19:00)
赤天(2コ刺し串) \330? やきごめ(300g) \630

    

| | コメント (0)

三猿まんじゅう

俵山温泉名物 三猿まんじゅう

Dsc07335_512Dsc07362_512  

俵山温泉の名物といえば「三猿まんじゅう」。三猿(見ざる・言わざる・聞かざる)の形をした ふんわりとしたカステラ生地の中にあんが入ったお菓子で、温泉街では3店舗で製造販売しています。
以前 俵山温泉を訪問した際に、温泉街の入口にある「重村日進堂」,「福田泉月堂」の三猿まんじゅうをバラで購入し、焼き立てを食べ比べしたことがありました。
残りの1店舗「松永松琴堂」が、偶然 今回宿泊した冨士屋旅館さんの川を挟んだ斜め向かいにあったので 早速購入してみました。他の2店舗は機械焼なのに対して、こちらは一丁焼の焼き型を使用した手焼きになっています。

Dsc07402_512Dsc07403_512  

本当は焼き立てをいただきたかったのですが、訪問したのが17:00頃と遅かったので焼作業は終了していました。一番小さい箱(18コ入り)を購入し、宿でおやつとしていただきました。白い三匹の猿の絵が描かれた美しい箱に入ってます。 

Dsc07404_512  

わーいヽ(´▽`)/いっぱい入ってる~。でも小ぶりなので、いつの間にかパクパク食べちゃって すぐなくなってしまいます。 

Dsc07406_512Dsc07407_512  

生地は普通のカステラ生地よりも卵風味があり、むっちりした弾力のある食感になっています。中のあんは ぱさっとしてちょい硬め。こしあん,白あんの2種類がありますが、外観からは区別がつかず 選んで食べることはできません。透視能力を鍛えるアイテムとしても利用できそうです。

ちなみに 3店舗の三猿まんじゅうを比較してみると、
「松永松琴堂」のは 外観が つるりとした丸っこいフォルムの猿。こしあん・白あんの2種類
「福田泉月堂」のは 外観が 手足が長く妙に人間チックな猿。こしあん・白あんの2種類
「重村日進堂」のは 外観が 彫りの深い顔立ち&大胸筋が発達した丸っこいフォルムで 腹部には温泉マークの猿。こしあん・抹茶あん・柚子風味白あんの3種類
各店舗ともバラで購入すると1コ \30と手頃なので、食べ比べをして 味とビジュアルでお好みのものを選んでみては? 

 

松永松琴堂
住所:山口県長門市俵山5055-18
電話番号:0837-29-0053
営業時間:7:00~19:00 木曜休
三猿まんじゅう(18個入り) \630

| | コメント (0)

瓦そば

瓦そば@たかせ本館

Dscf0027_512_512Dscf0028_512_512  

お昼ご飯に川棚温泉名物の「瓦そば」を食べる予定だったのですが、予定が狂ってしまって食べられませんでした(;ω;) 仕方がないので、6年程前の同じ時季に食べた「瓦そば」のことを思い出してみる事にします。

山口県豊浦町の川棚温泉街にある瓦そば発祥のお店です。連休中ということもあり、開店時間15分前にも係わらず店の外にまで行列ができていましたw(゚o゚)w
店前には「瓦そば 発祥の由来」の看板があり、要約すると、西南戦争の時に薩軍兵士が野草や肉を瓦の上で焼いて食べたという野戦食をヒントに創業者が作り上げたものとのこと。

Dscf0022_512_512

畳敷きの小上がりに通され、注文して待つことしばし。アツアツに熱した瓦の上に乗った見た目もかわいく盛られたそばが運ばれてきました。茶そばの上に錦糸卵,小ネギ,牛肉の甘辛煮,焼海苔,レモンの輪切り,紅葉おろしが乗っています。 

Dscf0023_512_512Dscf0024_512_512  

写真は2人前です。1枚の瓦には最大3人前まで盛ることができるようです。テーブルの上には保温ポットが置いてあり、温かいつけ汁が入っています。このめんつゆ系のつけ汁をお好み量 器に入れ、そばを浸して食べます。
茶そばは瓦に接した部分がパリパリと香ばしく,それ以外の部分はふわっと抹茶の香りがする素焼そば。つけ汁によって喉越しが良く、焼そばと盛りそばの両方の食感が楽しめる不思議な麺類です。
トッピングされている具や薬味の組合せで味の変化も楽しめます。”めんつゆと茶そば”という純和風の食材に、”錦糸卵と牛肉の甘辛煮”という これまた純和風の食材との組合せで、不思議とハイカラな味になります。めんつゆに溶けた 卵焼きのコクと牛脂の旨味が絶妙且つ斬新です。最後はレモンと紅葉おろしを加えてさっぱりと頂きます。 

Dscf0025_512_512  

食べ終わって改めて見ると、器は本当に大きな瓦であることがわかります。他では見ない個性的で美味しい麺類で、これなら「名物に美味いものあり!」と言って良いかな。ところで この食べ物、分類上は「蕎麦」かしら?「焼そば」かな?

「元祖瓦そば たかせ」は、本館以外に 川棚温泉街内に2店舗(新館,別館)あるので、混んでいる時は他の店舗に行ってみるのも良いでしょう。福岡県内にも2店舗あるそうです。

元祖瓦そば たかせ本館
住所:山口県下関市豊浦町大字川棚5437
電話番号:0837-72-2680
営業時間:11:00~21:00 木曜休
瓦そば \1050(1人前)

| | コメント (0)

福住 フライケーキ

福住 フライケーキ

Dsc07200_512

せっかく広島県呉市に来たので、名物スイーツ?「フライケーキ」を食べることにしました。
呉市はユニコーンのドラマー,川西幸一氏の出身地でありまして、シングル「半世紀少年」の特典DVD「こーいち散歩 呉編」で紹介されていたことでも有名?です。
呉中通り商店街にある「福住」へ。小ぢんまりとした店舗には「フライケーキ」しか置いておらず、専門店のようです。 

Dsc07204_512

次々とお客さんが並び、5コ,10コと注文していますが回転が速く,次々と揚げられて包装されていきます。店内は狭く,大部分がレジと作業場で占めているので、客が入れるスペースは大人がすれ違えるくらいの幅しかありません。
購入個数を伝えるとあまり待たされることなく、竹皮と包装紙で包まれ、更に新聞紙に包まれた商品を手渡されます。

Dsc07205_512_2  

フライケーキという名ですが、つまりはアンドーナツかと思います。かわいいサイズで、裏面がホテイウオの吸盤のようにデコっとしているのもカワイイ。 

Dsc07206_512  

生地は外側がサックサク,内側は卵風味がありホクホク。断面を見ればわかるように、生地は半分の厚さまで油で揚って茶色くなっており、これがサクサク食感の秘訣だと思います。そのためか やや油分が多いので沢山は食べれません。中のあんは、よく練られたなめらかで 粘度が高くもったりしています。やや白みを帯びたこしあんで、甘さ控えめ。飽きの来ない味で美味しいです。

やはり揚げたてをいただくのが鉄則ですが、冷めてもオーブントースターでこんがりと温めると美味しくいただけるようです。
 

福住 フライケーキ
住所:広島県呉市中通4丁目12-20
電話番号:0823-25-4060
営業時間:10:00~19:00 (なくなり次第終了) 火曜休
フライケーキ 1コ \70

| | コメント (0)

あなご飯@道の駅 みどりの館みやま

あなご飯 @道の駅 みどりの館みやま

Dsc06867_512Dsc06866_512

犬島行きの定期船が出る宝伝港へ向かう途中に立寄った、岡山県玉野市にある道の駅です。広々とした駐車場があり、綺麗な外観の施設になっています。
お土産品よりも海産物や農産物の直売が前面に出されており、特に鮮魚コーナーは広々としています。

Dsc06873_512Dsc06868_512

鮮魚も置いていますが 焼魚や天ぷら等の惣菜も豊富で、特に焼あなごは2本~5本と注文して焼き上がりを待つお客さんがいる程に人気があるようです。折角なのでパックに入った「あなご飯」を購入して 遅い昼食としました。 

Dsc06869_512_2Dsc06872_512

ご飯の上に 香ばしく焼いたあなごが たっぷりと乗っています。柔らかいですが身がしっかりとしており、関東でよく食べられる”煮あなご”とは異なる美味しさです。
ご飯には甘めのタレがたっぷりとかかっていますが、あなごの付け焼き用のタレは甘さ控えめでキリッとして ちょうど良い塩梅です。
ただ、出来てから時間が経っていたようで、冷たくやや固かったかな。贅沢を言えば出来立てを食べたいですが,レンジでちょっとだけ温めてもイケると思います。

Dsc06871_512Dsc07043_512_2
Dsc07044_512

その他、天ぷら等は1個\100~で売られており、買い食いしやすいように串に刺さっているものもあります。たこの天ぷらは、真だこの足と イイダコ(丸揚げ)の2種類があったので、イイダコの方をチョイス。大ぶりのイイダコは季節柄,卵は入っていませんでしたが、大ぶりで柔らかく,衣サクサクで良い味でした。その他 あなご,エビ,野菜,かき揚げなどもあり、どれも美味そうでした。

この日は「犬島自然の家」で素泊まり宿泊の予定だったので、夕飯の食材もこちらで調達しました。桜鯛の塩焼きの他,敷地内にある野菜直売所や特産品売店で、野菜や ままかり系のおかずを購入しました。
地元の人がよく利用するのか、普段着で軽トラに乗ってやってくる年配のお客さんが多かったかな(笑)。週3日休みなので、訪問する際は営業日に注意が必要です。

 

道の駅 みどりの館みやま
住所:岡山県玉野市田井2丁目4490

鮮魚コーナー
営業時間:8:30~16:00 定休日:月,火,金曜(祝日は除く)
電話番号:0863-32-1000 (中西鮮魚店)

|

より以前の記事一覧